ゼクス「ゼクメモ!」新カード紹介「“愉楽契騎”アニムス」他3枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2020年9月24日にZ/X EXパック23弾「ゼクメモ!」が発売されます.

今弾はA-Zミカエルアニムスのイデアライズとオーバーブーストが目玉です.

再録も多いため,上記3キャラが好きでデッキを組みたい人にはおすすめのパックです.

今回はアニムスの新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. “愉楽契騎”アニムス

メモリアル・ピース対応のアニムスのオーバーブーストです.

トラッシュを増やしつつ,複数面処理出来るため,黒単アニムスデッキに最適な能力です.

 

1つ目の能力について

このカードが登場したとき,あなたはメモリアル・ピースを2個得ます.

あなたのデッキの上から3枚見て,その中にある黒の7コストのゼクスを好きな枚数選び,トラッシュに置き,残りのカードを元に戻し,シャッフルします.

 

メモリアル・ピースを得つつ,トラッシュに黒の7コストのゼクスを最大3枚増やせます.

デッキ上次第なので安定しませんが,トラッシュに7コストのゼクスを増やせるのは有難いです.

 

2つ目の能力について

このカードがスクエアにあるとき,自ターンに1回プレイ出来る起動能力です.

コストとしてあなたのチャージにある黒のカードを1枚トラッシュに置きます.

ノーマルスクエアにある相手のそれぞれ異なるコストのゼクスを2枚まで選び,破壊します.

 

盤面を2面空けられるため,展開しやすくなります.

同じコストのゼクスは破壊出来ませんが,そこまで困ることは多くないと思います.

 

スポンサーリンク

3. 運命のイデア アニムス

今弾収録のアニムスのイデアライズです.

トラッシュメタ回避にトラッシュからアニムス登場と優秀な能力です.

ただし,自身が3コストでパワー5000なので除去されやすいのはネックです.

 

1つ目の能力について

このカードがスクエアにあるとき,相手はあなたのトラッシュにあるゼクスをカードの効果で選ぶことは出来ません.

 

アニムスデッキには非常に有難いトラッシュメタ回避能力です.

アニムスデッキはトラッシュを参照するので妨害されなくなるのは非常に有難いです.

特に7コストのゼクスが13枚必要な精神の魔人アニムスを狙うときは助かります.

または,ノスフェラトゥデッキでトラッシュメタ回避が欲しいときにも活躍出来そうです.

 

2つ目の能力について

このカードが登場したとき,あなたのトラッシュに黒のカードしかない場合,あなたのトラッシュにあるアニムス名称のゼクスを1枚選び,スリープでゼクスのない指定スクエアに登場させます.

 

黒単デッキでしか使えませんが,トラッシュからアニムスを登場させられるのは強力です.

登場させたアニムスはスリープなので,ゼクス登場能力持ちのアニムスを登場させたいです.

もしくは次回紹介予定の悪魔で淑女 アニムスも良さそうです.

 

4. 行こう、運命の先へ

アニムスデッキ用のゲートカードです.

メモリアル・ピースの入手条件は下記2つです.

(1)あなたのアニムス名称のゼクスが登場していた場合.

(2)カードがあなたのカードの能力でデッキからトラッシュに置かれていた場合.

 

(1)は攻撃破壊が必要ないので,他のプレイヤーよりも条件を達成しやすいです.

(2)は黒のプレイヤーのゲートカードと同じ条件です.

どちらも今までの黒のゲートカードとほぼ同じ条件です.

そのため,今までと同じ感覚でメモリアル・ピースを集められます.

 

5. 契りの愉楽 アニムス

“愉楽契騎”アニムス専用IGOB起動ゼクスです.

リソース枚数については今までのIGOB起動ゼクスと同じ条件です.

異なる点は自分のトラッシュに黒の7コストのゼクスが5枚以上必要なことです.

各種アニムスの能力発動条件に近しいのでリソース名称参照よりかなり楽です.

 

起動能力発動時にこのカードはトラッシュに置かれます.

そのため,トラッシュに黒の7コストのゼクスが4枚あればIGOB可能です.

公式サイトのよくある質問によるとトラッシュに5枚ないとIGOB出来ないようです.

 

IGOB起動ゼクスが7コストなのはアニムスデッキ的にかなり有難いです.

その反面,低コストゼクス回収効果で手札に戻しにくいのは欠点だったりもします.

 

6. おわりに

今回のアニムスデッキは今までよりもかなりアニムスに寄せたデッキになりますね.

精神の魔人アニムスがまた使えそうなので,個人的には嬉しいですね.

また,黒の7コストのゼクスがキーなので,アニムスデッキ以外でも採用出来そうな気もします.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント