ゼクス「ジェネレーションX」新カード紹介「“紅砲契騎”キャノンシェル」他5枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2020年11月26日にZ/X EXパック24弾「ジェネレーションX」が発売されます.

今弾は転身シャドウ輝聖魔眼マジカルの強化弾です.

上記5カテゴリのオーバーブーストとイデアライズが収録されます.

そのため,転身シャドウ輝聖魔眼マジカルのいずれかを組みたい人は要チェックです.

今回は転身の新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. “紅砲契騎”キャノンシェル

キャノンシェルが転身のオーバーブーストとして収録されました.

ここ数年は1年に1回くらいの頻度でキャノンシェルの新カードを見ている気がしますね.

 

1つ目の能力について

このカードが登場したとき,あなたはメモリアル・ピースを2個得ます.

 

メモリアル・ピースを得るだけの効果です.

2つ目の能力を考慮して,追加効果がないパターンですね.

 

2つ目の能力について

このカードがスクエアにあるとき,自ターンに1回プレイ出来る起動能力です.

コストとしてあなたの手札にある転身名称のカードを2枚トラッシュに置きます.

カードを1枚引き,ノーマルスクエアにある相手のゼクスを3枚まで選び,25000ダメージを割り振って与えます.

 

コストで転身を2枚切ることで,後続のインストールの選択肢を増やしやすいです.

すぐに1ドロー出来るため,手札の消費は実質1枚で済むのも良い点です.

25000ダメージを割り振れるため,盤面の処理が非常に容易になります.

次に登場させる転身の御膳立てとして十分活躍してくれそうです.

 

スポンサーリンク

3. キャノンシェル×転身ブリューナク

Xシリーズの転身のイデアライズです.

そしてメモリアル・ピースの消費数が初めて5個のイデアライズでもあります.

 

イデアライズとは思えないほど,非常にシンプルな能力です.

このフレーバーのようなノリは結構好きですね.

カードの能力とマッチしている点も好評価です.

 

能力について

“[自]インストール”

“[自]インストール”

“[自]インストール”

 

単純にインストールが3回使えます.

非常にシンプルなテキスト欄ですが,かなり侮れないと思います.

ゲームを決着させる場面で様々な能力を選択出来るのは対応力が高く優秀です.

優秀な転身が増えるほどカードパワーが上がっていく点も強力ですね.

 

スポンサーリンク

4. 行こう、創造の先へ

転身デッキ用のゲートカードです.

メモリアル・ピースの入手条件は他の赤のプレイヤーと全く同じです.

機砕転身 グラップルに除外効果がないので,条件が変わる可能性を期待していました.

ですが,特に変更はなかったようです.

 

5. 契りの紅砲 転身キャノンシェル

“紅砲契騎”キャノンシェル専用IGOB起動ゼクスです.

リソースに必要な名称以外,他の赤のプレイヤーと同じ条件です.

 

余談ですが,風穴と言われて連想するのは法師様(弥勒)ですね.

次点だと神崎・H・アリアですね.

 

6. 焦熱転身 バーニング

“紅砲契騎”キャノンシェル専用のヴォイドブリンガーです.

手札からインストール持ちを登場させるので,攻撃の起点になりそうです.

 

能力について

このカードがスクエアにあるとき,自ターンに1回プレイ出来る起動能力です.

コストとして赤2を支払います.

スクエアにあなたの「“紅砲契騎”キャノンシェル」がある場合,あなたの手札にある“[自]インストール”を持つゼクスを1枚まで選び,リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させます.ターン終了時,そのゼクスを破壊します.

 

赤2を支払うだけで手札からインストール持ちを登場させられるのは優秀です.

登場させたゼクスはターン終了時に破壊されるため,基本的には攻撃用です.

ですが,登場したゼクスを迅雷転身 ハルパーのコストにしたり,電影で入れ替えることでターン終了時の破壊を防ぎ,盤面にゼクスを残すことも可能です.

 

起動能力なので,盤面に残すことが出来れば,次ターン以降の動きがかなり楽になります.

今後インストール持ちが増えれば増えるほど相対的にカードパワーが上がるVBです.

 

7. 穿孔転身 スパイラル

転身2種類目の3コストIGアイコン持ちです.

他の転身がいればドロー出来ますし,メモリアル・ピースを得つつバーンも飛ばせるのでなかなか使いやすそうです.

 

随分久しぶりに織田信長を見た気がします.

赤と緑のブラックポイントが入れ替わったとき以来ですかね.

最近だと配下を神門の拠点に派遣していましたけど,織田信長は何をしているんでしょうね.

 

1つ目の能力について

このカードがスクエアにあるとき,1ターンに1回誘発する自動能力です.

あなたの“[自]インストール”を持つゼクスが攻撃したとき,カードを1枚引きます

 

インストール持ちのゼクスの攻撃の価値を上げる効果です.

1ターンに1回だけとはいえ,ノーコストで1ドロー出来るのは美味しいですね.

一応相手ターンにも誘発出来ますが,そもそも攻撃出来ないので意味はないです.

 

2つ目の能力について

このカードがスクエアにあるとき,自ターンに1回プレイ出来る起動能力です.

コストとしてあなたのデッキの1番上のカードを除外します.

あなたのリソースに[マイスター]か[ギガンティック]がある場合,ノーマルスクエアにある相手のゼクスを1枚選び,5000ダメージを与えます.

 

バーンを飛ばしつつ,メモリアル・ピースも入手出来てなかなか良さそうです.

自身の攻撃と合わせればパワー9500まで破壊出来るので,コスト以上に活躍出来ます.

 

8. おわりに

“紅砲契騎”キャノンシェルは後続を上手くアシストしてくれて展開がかなり楽になります.

それにしてもキャノンシェル×転身ブリューナクは面白そうですね.

テキストの見た目は冗談みたいですが,拡張性があって構築も対戦も楽しくなりそうです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント