ゼクス35弾新カード紹介「奔放な無垢 祈獣テフェネト」他5枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2021年1月28日にZ/X 35弾「想星<キュレーション>」が発売されます.

34弾に収録されなかったプレイヤーのイデアドライブイデアシフトが売りです.

さらに式神,フラッグス,祈獣,黒剣などの新カテゴリの強化も楽しみな弾です.

今回は祈獣の新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 奔放な無垢 祈獣テフェネト

自壊しつつ祈獣を展開出来るため,祈獣デッキの攻撃の要になりそうなゼクスです.

 

能力について

スクエアにある[ケット・シー]か[セイクリッドビースト]をホルスか5コスト以下の祈獣に変換する効果です.

スリープのゼクスもコストに出来るため,攻撃済みのゼクスを破壊して連続攻撃したいです.

シンボル「ホルス」の条件もないため,祈獣デッキ以外のケット・シーやセイクリッドビーストのデッキに他の祈獣とセットで出張させるのも有りかもしれませんね.

 

一つ気になるのはホルス名称のゼクスも登場させられると記述されていることです.

もしかすると祈獣名称でないホルスの追加が予定されているのかもしれません.

以前も話しましたが,激奏ホルスティオでシンボル「ホルス」を達成出来ます.

さらに奔放な無垢 祈獣テフェネトで登場させることも可能です.

 

スポンサーリンク

3. 無自覚な甘言 祈獣アピス

チャージと手札を増やせるので序盤にプレイしたい祈獣です.

 

1つ目の能力について

シンボル「ホルス」で常時このカードのパワーを+1500します.

パンプすることで標準的な4コストパワー6000になります.

ですが,先攻時や4コストパワー6000が少ない環境ならば,パンプ無しでも運用出来ますね.

 

2つ目の能力について

登場時に手札の祈獣をチャージに置きつつ,1ドロー出来るのでなかなか良い効果です.

祈獣はシンボル「ホルス」達成が重要なので任意の手札をチャージに置けるのは良いですね.

祈獣さえチャージに置ければ能力を発動出来るので,比較的出張させやすそうです.

 

スポンサーリンク

4. 神経質な良識 祈獣トト

自ターン限定ですが,パワー11000以上のゼクスを処理しやすい起動能力持ちの祈獣です.

 

1つ目の能力について

シンボル「ホルス」達成かつ自分のリソースが6枚以上の場合,手札にあるこのカードのコストを-3します.

手札で実質3コストになるため,コスト以上の動きをしやすくなります.

 

残念なところは手札でしかコストが下がらないため,白の登場能力と相性が良くないことです.

白はチャージからの登場が多いですからね.

手札でコストが下がるゼクスを見ると赤と組み合わせたくなりますね.

比較的条件が緩いため,月華の女神セレネとの組み合わせが一番使いやすそうですね.

 

2つ目の能力について

起動能力で手札の[ケット・シー]か[セイクリッドビースト]を1枚トラッシュに置くことで,ノーマルスクエアにある相手のゼクスを1枚選び,ターン終了時までパワーを-11000します.

効果持ち8コストのゼクスを除去出来るため,なかなか有用な効果です.

ですが,自ターンにしか使えないため,基本的には盤面を空けて攻める目的で使用します.

起動能力なので生存すれば次のターンにも使用出来るので相手から放置されにくいのも◎.

 

5. 物騒な献身 祈獣イシス

リソースを支払わずに登場したり,メインフェイズ開始時に盤面を埋めたりと頼りになりそうな祈獣です.

 

1つ目の能力について

自分のトラッシュから祈獣名称のカードを10枚デッキの下に置くと手札からリソースを支払わずにプレイ出来ます.

リソースを支払わずに7コストパワー10500をプレイ出来るのは強力ですね.

そのためにはトラッシュに祈獣を溜める必要があるのでガンガンIGしたいですね.

 

デッキ下に戻す10枚の祈獣は好きな順番で戻せます.

そのため,上手く仕込んで覚えておけば後の展開が楽になります.

キーカードを引き込んだり,連続でIGを確定させることも容易になりますからね.

また,物騒な献身 祈獣イシスを使い回すことでリロードとも無縁になります.

 

2つ目の能力について

メインフェイズ開始時に手札を1枚トラッシュに置くことでチャージから3コスト以下の祈獣を1枚ノーマルスクエアにスリープで登場させられます.

リソースを支払わずに1面埋められるので相手の動きを制限しやすいです.

 

特筆すべきはこのカードがスクエアだけでなくチャージにある場合でも能力が誘発する点です.

そのため,相手がチャージに干渉出来ないならばずっと能力を使えます.

自ターン&相手ターンのどちらでも誘発するため,盤面が埋まりやすくなります.

優秀な効果ですが,現状だと3種しか登場対象がいないのはネックです.

コストが下がる祈獣は手札にいるときだけで,チャージだとコストが下がりませんからね.

 

6. 強情な顕示 祈獣ネフティス

3コスト以下の祈獣を登場させられるため,祈獣デッキの攻撃の要になりそうな祈獣です.

 

能力について

シンボル「ホルス」を達成していれば,自身の登場時に手札かチャージから祈獣名称かつ3コスト以下のゼクスを1枚リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させます.

リブートで祈獣を登場させられるため,攻撃の手数を稼ぎやすいです.

特筆すべきは手札からも3コスト以下の祈獣を登場させられることです.

そのため,神経質な良識 祈獣トトのような手札でコスト軽減されるカードを登場させられます.

 

34弾収録の不愛想な賢察 祈獣アヌビスや35弾収録の奔放な無垢 祈獣テフェネトから登場させたい祈獣ですね.

 

7. 旺盛な渇望 祈獣ムト

2種類目の3コストIGアイコン持ちの祈獣です.

 

1つ目の能力について

登場時に手札のケット・シーかセイクリッドビーストとチャージのゼクスを入れ替えられるため,なかなか使いやすそうな効果です.

白のドリーム・キーの入手条件も満たせるため,初手から使いやすいのも利点です.

祈獣デッキでなくてもケット・シー or セイクリッドビーストデッキならば採用出来そうです.

 

2つ目の能力について

シンボル「ホルス」達成状態でこのカードが攻撃すると1回イグニッションします.

攻撃するたびにイグニッション出来るので攻め手を増やしやすくていいですね.

チャージを使わずにIG出来るので,チャージを温存したいセイクリッドビーストと好相性です.

祈獣をベースにしてIGアイコンを得るカードやESを組み合わせた速攻デッキも面白いかもしれませんね.

 

8. おわりに

祈獣もなかなか面白そうなカードが増えましたね.

祈獣デッキ以外に採用出来そうなカードも見受けられたので色々と遊べそうです.

ただ,白のホルスが1枚しかないので,チャージに干渉するデッキとの対戦は辛いですね.

新規ホルスが増えるか,チャージを守れるカードが欲しいところです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント