2022年1月&2月ゼクスタプロモカード紹介「絶佳の風花」他3枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2022年1月1日からゼクスタ参加賞プロモーションパックが新しくなります.

今回は2022年1月&2月のゼクスタ参加賞プロモーションパック収録カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. サテライト7d4 ロゼ

サテライト3種類目の6コストのゼクスです.

自ターンの妨害を防いだり,対大型向けのNS全体バウンスとかなり優れていますね.

 

1つ目の能力について

登場時に自ターンのみ条件達成で相手のリソースをすべてスリープ&ノーマルスクエアにあるすべての相手のコスト6以上のゼクスを手札に戻します.

相手のリソースをすべてスリープするので,妨害手段を大幅に封じることが出来ます.

なので,対コントロールデッキに対してはかなり頼りになります.

 

コスト6以上限定ですが,ノーマルスクエア全体ハンドバウンスも強力です.

オーバーブーストを含めた大型を簡単に処理出来るので攻撃に専念しやすくなりますから.

 

2つ目の能力について

サテライト特有のグラビティアシストの説明ですね.

追加カードはデッキ下を参照するものが多いので前弾環境以上に大事になりそうです.

 

スポンサーリンク

3. 暗闇を巡る 姫君と竜

花弁を愛でる 姫君と竜と同じサイクルの竜の姫君です.

汎用性が結構高そうなので,黒系デッキを愛用しているなら1セットは揃えておきたいですね.

もしかするとこのサイクルの竜の姫君は全色収録されるかもしれないですね.

 

花弁を愛でる 姫君と竜と同様に髪の色が青系に見える影響であづみっぽさが増しています.

もしかして,このサイクルはこの髪の色が指定されていたりするのでしょうか.

 

あづみを手にかけるとは,黒の世界許すまじ!(-“-)

青と白の世界以外だとあづみも大多数の一般人と同じ扱いなんでしょうね….

 

1つ目の能力について

自分のトークンのゼクスがいるかつ自分が5リソース以上なら手札で1コストになります.

トークンさえ用意出来れば5リソース以降は常に1コストで使えて良さそうですね.

自分のトークンのゼクスなら種類は問わないので竜の姫君のトークンはもちろん,アンリミテッドブーストや異形の落とし仔でも1コストになりますね.

 

2つ目の能力について

登場時に自分のトラッシュから同名以外の5コスト以下のゼクスを1枚まで手札に戻します.

5コスト以下限定とはいえ,トラッシュからゼクスを回収出来るのは使いやすいですね.

誓いはもちろん,他のキーカードも容易に回収出来るようになりますから.

P指定がないので,回収効果目当てに採用するのも十分検討出来ると思います.

比較的登場させやすい4コストなのでタッチ黒にして採用するのも有りかもしれませんね.

 

スポンサーリンク

4. 言祝ぎの艶華ピュアティ(リビルド)

左がリビルド前で右がリビルド後です.

追加されたウェイカーアッパーがメインですが,攻撃時効果も少し強化されていますね.

パッと見のテキスト量に変化がないのは,覚醒条件の表記がフレーム下になったからですね.

 

1つ目の能力について

リビルドで追加されたピュアティをターン1回限定のウェイカーアッパーにする効果です.

ピュアティさえ登場すれば1ターンに1回ウェイカーレベルを上げられます.

そのため,ウェイカーLv参照のピュアティが現環境でもかなり使いやすくなりますね.

ちなみに相手ターンにも使えるので,ライフからピュアティが登場した時にもLvUP出来ますね.

 

2つ目の能力について

リビルド前からある攻撃時に相手リソ送り&デッキ上5枚サーチ&手札からリソブ効果です.

リビルドでリソ送りが1枚から2枚に強化されました.

ですが,現環境だと7コストウェイカーを登場させる余裕はほぼありません.

なので,一応強化されましたが,ほとんど能力を発揮することはないと思います.

7コストウェイカーを登場させるカードとか増えると話は変わるのですけどね….

 

5. 絶佳の風花(ゼクスタシークレット版)

絶佳の風花のゼクスタシークレット版です.

元々のイラストも好きですが,今回のもイラストアドが高いですね.

現状だとエレメンツデッキか龍膽デッキで採用出来ますね.

4枚揃えるのは茨の道ですが,1枚くらいはシークレット版が欲しいですね.

 

6. おわりに

サテライト7d4 ロゼはサテライトデッキを使うならほぼ必須なんじゃないでしょうか.

39弾で組める黒採用の竜の姫君デッキのために暗闇を巡る 姫君と竜を早く揃えたいです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント