ゼクス39弾新カード紹介「蒼穹の彼方より(ver.黒)」他3枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2022年1月27日にZ/X 39弾「破天<ワールドオーダー>」が発売されます.

今弾は38弾で未収録のプレイヤーたちのアンリミテッドブースト関連が目玉です.

さらに,竜の姫君や魔導書,サテライトなどの新カテゴリの追加カードも楽しみな弾です.

今回は竜の姫君の新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 蒼穹の彼方より(ver.黒)

竜の姫君デッキの基本にして最重要となるイベントの黒バージョンです.

4コストと重めですが,IGアイコンのおかげでIGでプレイ可能になりました.

白バージョンと登場させるトークンは異なるので上手く使い分けたいです.

 

1つ目の能力について

同名をデッキに20枚まで入れることが出来ます.

別カードですが,白の蒼穹の彼方よりと同名です.

そのため,両方合わせてデッキに20枚まで採用出来ますね.

黒バージョンはIG枠に採用出来るので,非IG枠に多少余裕が出来そうです.

 

2つ目の能力について

デュナミスにある蒼穹の彼方よりの枚数が増えるほど強力なトークンを生成出来ます.

なので,なるべく毎ターン蒼穹の彼方よりをプレイしたいです.

白の蒼穹の彼方よりも同名としてカウントするのでIG次第で動きが変わりますね.

また,白バージョンとは異なり0~4枚の時はトークンを2枚まで生成出来ますね.

 

スポンサーリンク

3. 迫る運命のプレリュード

デュナミスにある蒼穹の彼方よりの枚数に左右されずに生成出来るトークンです.

ネイセレクションのお菓子って何があるのか気になりますね.

 

能力について

登場時にデッキ上をトラッシュに置いた場合,それが蒼穹の彼方よりなら1枚まで引きます.

トラッシュを増やせるので竜の姫君の黒系カードとは相性が良いですね.

ただ,ドローが不確定かつ自身は2コストパワー3000なのは気になるかもしれません.

蒼穹の彼方より1回で2枚登場させられるので数で何とかしていくスタイルですね.

ガンガントラッシュを増やせるならESを採用したくなりますけど枠が難しいです….

 

スポンサーリンク

4. 廻る夢のソナタ

デュナミスにある蒼穹の彼方よりが3枚以上なら生成出来るトークンです.

白と黒の世界で「融和」の力を付与するとしたら誰になるのでしょうか.

白はウリエルが良さそうですが,今はキュレータになっているので駄目そうな感じです.

次点だと四大天使かつ白の世界を制御しているミカエルあたりでしょうか.

黒の世界にはもうサタンがいませんし,この感じだとアトマスカヤになるのかな.

 

能力について

登場時にトラッシュから[アストラルドラコ]か蒼穹の彼方よりを1枚手札に戻します.

トラッシュから蒼穹の彼方よりを回収出来るようになるのはかなり助かりますね.

IGで蒼穹の彼方よりを落とし過ぎて蒼穹の彼方よりが手札にない事態を回避出来ますから.

アストラルドラコ回収も準備を整えるまでは助かりそうです.

蒼穹の彼方より1回で2枚登場するので一気に手札事情が良くなりそうですね.

 

5. 願う無限へのロンド

デュナミスにある蒼穹の彼方よりが5枚以上なら生成出来るトークンです.

融和の力を五世界に与えたところで竜の姫君の望む結果が得られるとは思えないのですが….

果たして竜の姫君には一体どんな未来が見えているのでしょうか.

 

能力について

登場時に自分のトラッシュからコスト7以下の[アストラルドラコ]を1枚リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させます.

竜の姫君では初めてとなる大型ゼクス登場効果です.

現状で登場させたい候補は星を従える 姫君と次回紹介する2種類くらいですね.

盤面を大型で埋めやすくなるので守りのカードと言った印象です.

 

6. おわりに

IGアイコン有りの蒼穹の彼方よりの影響で動きがどう変わるか楽しみです.

ただ,白と黒でトークンが大量に必要になるのでデッキの管理がやや大変そうです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント