ゼクス「ゼクスターズ・クロニクル」新カード紹介「新年を祝う竜の巫女’14 」他3枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2022年2月24日にEXパック32弾「ゼクスターズ・クロニクル」が発売されます.

毎年恒例の主要なプレイヤーの強化&1パックに確定でSR以上封入が魅力の弾です.

10周年記念で過去に公開されてカード化されていないイラストのカード化も目玉です.

今回はエアと汎用イベントの新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 新年を祝う竜の巫女’14

エア専用5コストウェイカー2種類目です.

デッキ上から3コスト以下無料プレイか手札に加えるのでなかなか動きやすくなりそうです.

 

覚醒条件“赤”とありますが,赤のIGアイコンは不要なので心配する必要はありません.

これは赤の覚醒条件であるトラッシュから指定カードを指定枚数除外するということです.

フレームが変わって覚醒条件をキーワード能力のように短縮しただけです.

他の色が書かれている場合も以前の各色のウェイカーのコスト支払いと全く同じです.

 

能力について

自ターンのみ使える起動能力で(1)か(2)を選んで解決します.

(1)自分のデッキ上がコスト3以下ならコストを支払わずにプレイ出来ます.

(2)(1)でプレイしなかったらそのカードを手札に加えます.

 

(1)はコスト3以下のカードを何でも無料でプレイ出来る効果です.

ゼクスでもイベントでもプレイ出来るのでなかなか便利ですね.

新しいIGOB起動カードはゼクスに起動能力が付与されています.

なので,この効果だとゼクス自体をプレイすることになってIGOBは出来ません.

そのため,3コストのイベントであるエア 護界の祈りを採用したくなりますね.

 

(2)はデッキ上を何でも手札に加えられる効果です.

(1)で対象外だったとしてもこちらで手札に加えられるのでアドを稼げますね.

回収対象に全く指定がないので,色々なカードを手札に加えられるのがポイントです.

 

スポンサーリンク

3. 役者たちの正月’15

物凄く久しぶりの収録となるメインデッキに入る汎用イベントです.

アフター・ラグナロクを除くと19弾の対ギルガメッシュ戦の5色分のイベント以来でしょうか.

攻防の駆け引きが発生するので個人的にはイベントの追加に賛成ですね.

40弾以降は現環境よりも名称縛りが緩くなりそうなので採用する余地も生まれそうですし.

 

1つ目の能力について

条件達成で手札からこのカードをコストを支払わずにプレイ出来ます.

最近のゼクスは非常に簡単に能力で登場します.

そのため,無料でプレイ出来る機会はかなり多いはずです.

 

2つ目の能力について

ノーマルスクエアにある相手のコスト5以下のゼクスを1枚選び,手札に戻します.

2コストの除去としては平凡ですが,ライフへのダメージを軽減しやすいのは魅力です.

1つ目の能力で無料でプレイ出来るため優秀な防御札だと思います.

今後のことを考えると何セットか用意しておきたくなりますね.

メインの枠を使ってしまいますが,環境次第では採用したくなるはずですし.

 

スポンサーリンク

4. ドラミコニューイヤー’16

軽量かつ条件が非常に緩くなったドラミコクインテットみたいなカードです.

各能力の効果量は低めですが,1コストで色々使い分けられるのが魅力です.

クライシスアークでスタートリソース実装後は2種類以上効果を選べるのも良さそうです.

 

能力について

自分のリソースの色1種類につき(1)~(5)から1つ選び,好きな順番で解決します.

(1)NSにあるすべての相手のゼクスに2000ダメージを与えます.

(2)1枚引き,自分の手札を1枚選び,トラッシュに置きます.

(3)自分のデッキの一番上をチャージに置きます.

(4)NSにある相手のコスト3以下のスリープのゼクスを1枚選び,破壊します.

(5)スクエアにある自分のゼクス1枚のパワーをターン終了時まで+2000します.

 

(1)は相手とのパワー差を埋めやすくなるバーン効果です.

2000ダメージだと何も破壊出来ませんが,攻撃時の補助と考えれば悪くないです.

欲を言えば,PSにも通るかVBを破壊出来る3000ダメージにして欲しかったですね.

ですが,3000ダメージだと2コスト上まで取れるので強くなりすぎな気もします.

 

(2)は便利な手札入れ替え効果です.

このイベント分手札は減ってしまいますが,手札を良く出来るのは良いですね.

手札をトラッシュに置く手段としても良さそうです.

 

(3)はデッキからのチャージブースト効果です.

Z/Xにおいて重要なチャージをたった1コストで補充出来るのはかなり良さそうです.

早期に使えればIGでゲームの展開を早くすることも出来そうです.

 

(4)はNSにあるコスト3以下かつスリープの相手ゼクスを破壊する効果です.

最近だとイデアドライブを考慮して3コストでプレイヤースクエアを攻撃されやすいです.

なので,その時にこの効果を使えば相手がライフを奪う機会を減らせるので有効です.

フライハイ執行の瞬間モールドウェザリングを彷彿とさせる効果ですね.

 

(5)は便利なパワー+2000効果です.

パンプ対象に制限がないので使いやすいです.

基本的にぴったりのパワーで攻撃するので,防御に使えば相手の計算を狂わせられますね.

(1)のバーンが届かない相手PSを攻撃する際にも助かる効果です.

 

5. わたしたちのクリスマス’16

新しい青の1コスト汎用イベントです.

クリスマスのイラストなので制限よりもアドバンテージを稼げる贈り物が欲しかったです.

 

能力について

ターン終了時までお互いに手札からイベントをプレイ出来ません.

イベントでこの手の制限効果はかなり珍しいですね.

イベントをプレイ出来なくなるので強力なイベントやIGOB起動イベントを封じられます.

 

ですが,制限出来る対象が少ないのでメインから積むのはどうなんでしょうか?

40弾以降の環境でイベントが飛び交うようなら活躍出来るかもしれません.

先程紹介したイベント2種もありますし.

 

6. おわりに

今回紹介した中だと役者たちの正月’15ドラミコニューイヤー’16が気になります.

しばらくイベントを警戒するような環境ではなかったですからね.

どうなるかわかりませんが,40弾以降に備えてとりあえず1セットは揃えておきたいですね.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク
シャルをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シャルの軌跡

コメント