ゼクス40弾新カード紹介「蒼炎の機装者 リゲル」他4枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2022年4月21日にZ/X 40弾「勇気<クライシスアーク>」が発売されます.

今弾は大きく環境を変化させるであろう新システムのクライシスアーク関連が目玉です.

他にも新しいゼクスエクストラや多色カードの登場で構築の幅が広がりそうです.

今回はリゲルの新カードを紹介します.

さらに,クライシスアーク関連について思うところを話したいと思います.

 

スポンサーリンク

2. 蒼炎の機装者 リゲル

リゲル初のアークゼクス(青赤)です.

登場時バーン&永続レンジ∞&手札から5コスト以下リゲル登場はかなり強力です.

普段あまり見ない和装っぽいリゲルも素敵ですね.

 

漢字混じりの名称のリゲルは割と珍しいですよね.

ちなみに「蒼炎の機装者」読み方は「そうえんのさいばーどれす」だそうです.

この名称を見てフラガマキナ リゲルの変更前の名称を思い出しました.

変更前の名前は確か神域の機人 リゲルだったんですよね.

その当時リゲル名称で漢字が使われて無かったから変更されたのでしょうか?

 

炎と水の剣技だと武者號斗丸の天動奥義である鳳炎水凰斬が真っ先に思い浮かびます.

私はSDの武者ガンダムシリーズだと七人の超将軍編超機動大将軍編武神輝羅鋼編に思い入れがありますので.

 

1つ目の能力について

プレイ登場時にノーマルスクエアの相手ゼクス1枚に自分の手札枚数×2000ダメージを与え,ゲーム終了時まで自身に“[常]レンジ∞”を付与します.

 

単体対象になったLast danceを使用しつつ,常時レンジ∞は強そうですね.

リゲルの除去はバウンス主体なので,手札に戻さず破壊出来るのは結構助かります.

バーン量はプレイ登場後の手札枚数を参照します.

なので,登場後の手札が6枚あれば12000ダメージなので大体焼き切れますね.

1ターンだけじゃないレンジ∞はかなり久しぶりな気がします.

超越者【双星】リゲルもブレイクしたら[常]レンジ∞だったら良かったのですが….

プレイ登場時限定なのでリゲル★クリスマスで登場させても使えない点には注意ですね.

 

2つ目の能力について

自ターン1回の起動能力でチャージ1枚をトラッシュに置くと手札からリゲル名称かつコスト5以下のゼクスを1枚まで選び,リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させます.

友情を守る銃口リゲルのアークゼクス環境版と言った感じでしょうか.

チャージ消費&名称指定&手札から登場になりましたが,自身が攻撃することなく任意のゼクスを登場させられる点で優れています.

現状この効果で登場させたいコスト5以上のリゲルは上記4種でしょうか.

久しぶりにソードスナイパー リゲルを採用してダブルレンジ∞とかも有りですね.

 

スポンサーリンク

3. 各務原あづみEX

あづみ初のプレイヤーエクストラです.

プレイヤーカードの裏に置くため,オーバーブーストとの選択になりますね.

てっきり40弾のパックのイラストが各務原あづみEXだと思っていたのですが…?

 

1つ目の能力について

自身スリープでコスト5以上のリゲル1枚に相手のターン終了時まで絶界を付与します.

広い対象に絶界を付与出来るので,相手の妨害や除去を回避しやすいのは強力です.

基本的にはアークゼクスに付与する使い方が多くなりそうです.

8コストパワー11000が絶界持ちだと攻防共にかなり影響を与えそうです.

5コスト以上のリゲルなので撃ち抜く人形リゲル・ドールにも絶界を付与出来ますね.

リゲルは問題ないですが,プレイヤーカードをスリープして効果を使うカードを採用する時は絶界を付与するか否か状況に応じて判断する必要がありますね.

 

2つ目の能力について

ライフ以上のダメージを受ける際,デッキをシャッフルして1点回復出来ます.(1回のみ)

ライフが1点の時ダメージを受ける直前で1点回復出来るようになります.

つまり,実質ライフが5になるので今までよりも負けにくくなります.

年々攻撃側の強化に伴いゲームスピードがどんどん上がっていました.

なので,多少なりともゲームスピードが落ちる結果になってくれると嬉しいです.

 

注意点はライフ以上のダメージを受けないと回復出来ないことです.

つまり,ライフを除外,手札に戻す,トラッシュに置いた場合は回復出来ません.

そのため,この回復効果を無効にするためにクライシスアークを使用せず,オーバーブーストで戦う選択肢も有りな気がします.

 

3つ目の能力について

自分がダメージを受けた時,各務原あづみは各務原あづみEXになります.

つまり,スタートリソースの効果を使わなくてもプレイヤーエクストラになれます.

簡単にプレイヤーエクストラになれるので現状だとそこまで重要な感じはしないですね.

流石に4リソースになる前に負けることなんて無いはずですし.

 

スポンサーリンク

4. リゲル&あづみ 最高のパートナー

リゲル初のスタートリソース(赤)です.

スタートリソースはクライシスアーク環境の要になるので非常に重要です.

 

1つ目の能力について

デッキ内にあるこのカードをリソースに置いてゲームを開始出来ます.

このサイクルのカードはクライシスアーク環境の要なので非常に重要な効果です.

単純に初期リソースに入って欲しくないカードを1枚減らせるだけでも良さそうですね.

他には色を発生させる目的だけで採用するのも手だと思います.

スタートリソースの効果だけは一切制限が無いため,どのデッキでも採用出来ますし.

確実にリソースにリゲル名称を1枚置けるのでスプリングピクニック リゲルをリゲルデッキ以外に出張させやすくなったのも良い感じです.

 

2つ目の能力について

自分のリソースが4枚以上の時,自身スリープで各務原あづみEXを重ねておきます.

3段目の効果を使う為の下準備ですね.

特に理由が無ければ4リソースになった時点で必ず使用したいです.

 

3つ目の能力について

自ターン1回の起動能力で自分か相手のリソースが6枚以上ある場合に青2を支払うと1枚引き,自分の手札にある蒼炎の機装者 リゲルを1枚まで選び,コストを支払わずにプレイします.

 

手札を減らさずに8コストのアークゼクスをたった2コストでプレイすることが可能です.

普通に8コストをプレイするのは難しいので,今後この効果が非常に重要になります.

同名制限は無いので,このカードが複数枚リソースにあれば枚数分起動出来ますね.

なので,環境次第ではメインにこのカードを積むことも考えられそうです.

 

問題は蒼炎の機装者 リゲルをどうやって手札に回収するかということですね.

基本的に青はトラッシュ回収出来ませんし,赤も難しいです.

こうなってくると黒系のデッキはゼクス回収が楽なので羨ましいです….

デッキの色でだいぶ差が付きそうなので何かしらサポートが欲しいと思います.

今でもライフとリソースに複数枚誓いが入ると一方的なゲームになりますし….(/_;)

 

5. リターン・エース リゲル

リゲル2種類目のヴォイドブリンガーです.

そして,Z/X史上初の3コストのヴォイドブリンガーです.

不確定ですが,デッキからゼクスを登場させられるのは優秀ですね.

 

能力について

相手のリソースが5枚以上ある際,このカードをプレイ登場させた時,自分のデッキの上から3枚公開し,その中にある青か赤の,コスト4以下のゼクスを1枚選び,リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場に登場させ,残りを好きな順番でデッキの下に置きます.

使えるタイミングがやや早くなり,公開範囲が5枚から3枚になった分登場させる対象が増えたブランデッドソード アルダナブアルタースナイパー リゲルと言った感じです.

相手のリソースが5枚以上なので,後攻で押されている時の巻き返しとして良さそうですね.

4~5リソースの時にライフから両者が出て残念な思いをすることは割とありますので.

 

4コストまで対象かつ青と赤のゼクスも登場させられるようになったのは大きそうです.

登場対象に種族や名称指定が無くなったので色々なゼクスを登場させられますし.

その反面,公開範囲が狭まくなったので失敗も結構発生しそうですね….

リターン・エース リゲルを活かすなら4コストを多めに採用したいですね.

現状だと上記4枚はすんなり採用出来るので登場対象は多めに出来そうですね.

迦陵頻伽&リゲルは無色なので登場させられないのが残念です.

40弾以降に収録されて入れたら赤青のゼクスだったんでしょうね.

 

6. 新システム「クライシスアーク」について

この項目ではクライシスアークについて思うところを書き連ねて行こうと思います.

 

6.1 パワー10500時代からパワー11000時代へ

長い間Z/Xのデッキ内の最高パワーは10500が一般的でした.

そのため,パワー10500を用意出来れば問題ありませんでした.

しかし,40弾以降はパワー11000を採用したデッキが標準になっていきます.

したがって,今後はパワー11000を意識した構築が求められます.

 

オーバーブーストの攻撃1回でアークゼクスを破壊出来ないのも困りそうです.

全体バーンやパンプに長けているデッキでないと絶界が付与されたアークゼクス相手はなかなか手間取りそうですから.

 

8コストが跋扈する環境になるのでコスト参照除去もやや使いにくくなりそうです.

最近は7コスト以下を対象にする除去が多かったですから.

ですが,アークゼクスは絶界を付与されることが多いはずなので影響ないかも…?

 

6.2 オーバーブーストと異なりアークゼクスは無視してもOK

オーバーブーストを破壊しないとプレイヤーがいないためダメージを与えられませんでした.

しかし,アークゼクスの場合は無視しても相手のライフを削れます.

そのため,敢えて盤面を無視して捨て身の攻撃を仕掛けて逆転を狙うことも可能です.

 

6.3 クライシスアークとイデアライズを併用出来るか否か

クライシスアークデッキだとオーバーブーストでキーを獲得出来なくなります.

なので,消費キーが重いイデアライズは使用不能になります.

ゲートカードをメインに採用すれば使用も不可能ではないですが,どうでしょうか.

逆にキー消費が3~4個の軽いイデアライズは問題なく併用出来ますね.

イデアライズを併用出来ると行動の選択肢が増える分,有利に動けそうな気がします.

 

6.4 オーバーブーストLv1のシフトが強いデッキ

オーバーブーストが採用出来なくなると上記のような強力なシフトも使えなくなります.

特にシフトで決めるヴェスパローゼデッキは影響が非常に大きいと思います.

なので,収録される新カード次第ではクライシスアークよりもオーバーブーストデッキの方が良い可能性も有ります.

 

6.5 まだまだいるリソースを除去出来るカードたち

クライシスアーク環境を破壊しかねない上記3枚は封神や伝説指定されました.

ですが,それらほど使い勝手が良くなくてもリソースを除去出来るカードは存在します.

なので,私がパッと思いつくリソースを除去出来るカードを挙げてみます.

この中でマズそうに感じるのは新猫刑事マンダレイですね.

ウェイカーLv2と軽いので比較的使用し易いですからね.

40弾以降は名称縛りも軽くなりそうなので採用するのが難しくなさそうですし.

 

採用し易さだけで考えると八宝美神 清廉旋律ストケシアですね.

緑系のデッキならとりあえずデュナミスに積めますからね.

相手がアークゼクスに大きく依存しているデッキなら7コスト支払ってでもスタートリソースを飛ばす意味は大きいです.

 

もしかしたら不遜な薙鎌 楡も使えるかもしれません.

スタートリソースは全て6コストのようですから.

それに5コストのゼクスは何かと登場させる手段が多いですし.

 

7. おわりに

蒼炎の機装者 リゲルはイラストアドも性能も強いので40弾の発売が待ち遠しいです.

40弾以降はこれまでとは大きく環境が変化するはずです.

クライシスアーク追加だけでなく,多色カードの追加で構築の自由度が上がりますから.

新たな環境変化でZ/Xがより良い方向に進むことを願っています.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント