ゼクス41弾新カード紹介「D・ウィッチ 予見のエリゴス」他3枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2022年7月28日にZ/X 41弾「未知<ミスティックアーク>」が発売されます.

今弾は40弾で追加されなかったプレイヤーのクライシスアーク関連が目玉です.

他にも多色新カテゴリのD・ウィッチとステイシー,さらに新しい汎用EXや破天降臨やゼクステンド・ドライブ!などの追加要素も楽しみです.

今回はD・ウィッチの新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. D・ウィッチ 予見のエリゴス

D・ウィッチ2種類目の3コストIGアイコン持ちのゼクスです.

手札とチャージを稼げるのでD・ウィッチが円滑に戦うための要になりそうです.

 

1つ目の能力について

登場時にデッキ上の青か白のカードを手札に加えるかチャージに置きます.

比較的緩い条件で手札かチャージを増やせるので使いやすそうです.

色しか条件がないのでD・ウィッチ以外の青か白のデッキでも採用出来そうですね.

 

2つ目の能力について

自ターンのみの起動能力で自身スリープ&トラッシュ&手札のD・ウィッチ名称のカードを1枚チャージに置き,2枚引きます.

手札とチャージを同時に増やせるのでD・ウィッチ的にはかなり助かります.

D・ウィッチ限定とはいえ,任意の手札をチャージに置けるのも良いですね.

D・ウィッチ 純粋のウェパルのようにチャージで効果を発揮するカードを置きやすいですから.

D・ウィッチ限定じゃないと優秀過ぎるので,名称制限は妥当だと思います.

 

スポンサーリンク

3. D・ウィッチ 教示のストラス

D・ウィッチ1種類目の4コストのゼクスです.

自身のコスト軽減とNS1面バウンスは良さそうです.

ただし,コスト軽減の条件が厳しいのでちょっと使いにくいかもしれません.

 

1つ目の能力について

自分の手札がこのカード以外に6枚以上ある場合,手札にあるこのカードのコストを-3します.

4コストパワー5000が1コストになるのは良さそうです.

ただ,このカード込みで手札が7枚無いと駄目なのでなかなか厳しい条件ですね….

条件が厳しいのでパワーは6000でも良かったような気がします.

もしくはチャージも枚数に含めてくれれば使いやすかったのですが….

 

2つ目の能力について

プレイ登場時にNSにある相手のコスト5以上のゼクスを1枚選び,手札に戻します.

大型ゼクスをハンドバウンス出来るので攻撃にリソースを割きやすくなります.

ただし,プレイ登場時のみなので各種効果で登場しても使えないのは残念です.

まあ,1コストで4コストパワー5000を置きつつ,大型ゼクスを処理しているのでプレイ登場の条件も止む無しな感じでしょうか.

 

注意点はハンドバウンスが強制なことです.

極力アークゼクスはハンドバウンスしたくないので気を付けたいです.

 

スポンサーリンク

4. D・ウィッチ 機知のイポス

D・ウィッチ2種類目の4コストのゼクスです.

スクエアとチャージで手札とチャージを稼げるので準備段階で活躍してくれそうです.

色以外の制限がないのでD・ウィッチ以外のデッキでも採用出来そうです.

 

1つ目の能力について

このカードがチャージにある場合,自分のチャージ上限を+1します.(同名重複は無し)

D・ウィッチはチャージの枚数が重要なのでかなり大事な効果ですね.

同名重複して欲しかったですが,3つ目の能力があるから駄目なのでしょう.

 

2つ目の能力について

登場時にリソースに青があるなら1枚まで引き,白があるなら自分の手札を1枚枚までチャージに置きます.

リソース条件はあるものの,任意で手札かチャージを稼げるのは良いですね.

各種効果で登場させた場合にも誘発するので使いやすそうです.

 

3つ目の能力について

チャージにある時に1ターンに1回使える起動能力です.

自分のチャージに青があれば1ドローして手札のカードを1枚チャージに置けるのはかなり良さそうです.

コストはかかりますが,手札かチャージを稼げるのでD・ウィッチ的には助かります.

相手ターンにも使えれば往復で手札とチャージを合計2枚稼げますから.

 

チャージに青を,リソースに白を置けるデッキなら出張させることも出来ますね.

現状で無理なく出張出来そうなのは白青のメインクーンデッキくらいでしょうか.

 

5. D・ウィッチ 白炎のアミー

コスト軽減とチャージ回収&トラッシュをチャージに置けるD・ウィッチです.

遠回りですが,青白でトラッシュから回収が行えるので息切れしにくくなりそうです.

 

1つ目の能力について

手札とチャージに,このカード以外の自分のカードが合計8枚以上ある場合,このカードをプレイする際,このカードのコストを-4します.

条件は重めですが,手札にあるこのカードを2コストでプレイ出来るのは良いですね.

ただし,コストが下がるわけではないので手札から低コストのゼクスを登場させる効果で登場させられない点には注意です.

 

2つ目の能力について

プレイ登場時,自分のチャージにあるD・ウィッチ名称のカードを2枚まで選び,手札に戻します.戻したカード1枚につき,自分のトラッシュにあるD・ウィッチ名称のカードを1枚まで選び,チャージに置きます.

チャージからD・ウィッチを2枚回収しつつ,トラッシュからチャージにD・ウィッチを2枚置けるのでかなり便利そうです.

チャージを減らさずに手札を増やせるのでD・ウィッチの枚数条件を崩さないですから.

D・ウィッチ 機知のイポスD・ウィッチ 純粋のウェパルをチャージに置く手段としても良さそうです.

やや遠回りですが,D・ウィッチ 白炎のアミーを2回プレイ登場させればトラッシュに落ちたD・ウィッチをチャージ経由で回収することも可能ですね.

 

6. おわりに

D・ウィッチは手札とチャージの準備がかなり大変そうな印象でした.

ですが,色々とサポートするカードが存在するので最初の印象よりも動かしやすそうです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント