ゼクス「邪竜vs聖竜vs六神竜」新カード紹介「創世源天竜 ラストゼオレム」他5枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2022年8月25日にZ/X EXパック34弾「邪竜vs聖竜vs六神竜(ドラゴニック・ジェネシス)」が発売されます.

今弾は竜の巫女達のクライシスアーク関連の追加が目玉です.

竜の巫女関連以外で使えるカードも収録されるようなのでそちらも気になります.

今回はエアの新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 創世源天竜 ラストゼオレム

エア初のアークゼクス(無)です.

手札からのドラゴン登場&NSの相手ゼクス破壊&パンプなので使いやすそうです.

 

ラストゼオレムはデスティニーベインの所業を許せないようですね.

これはデスティニーベインVS巫女7人の戦いになるのでしょうか.

だとしたら,デスティニーベインが非常に不利だと思うのですが…?

 

1つ目の能力について

プレイ登場時に自分の手札にある種族に[ドラゴン]を含むコスト7以下のゼクスを1枚まで選び,リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させます.

7コスト以下のドラゴンなら何でも登場させられるのはかなり使いやすいです.

色々なドラゴンを登場させられるのは昔のエアっぽいですね.

何だかんだで敵視している滅獄竜デスティニーベインを使いそうな予感です.

エアベインなんてデッキ名を付けられるくらい良く使われていましたから.

 

2つ目の能力について

自ターンのみの自動能力でNSにある相手のゼクスを1枚選び,破壊します.スクエアにある自分の種族名に[ドラゴン]を含むゼクスを1枚選び,ターン終了時まで,パワーを+3000します.

制限のないシンプルな破壊は使いやすいですね.

2コスト分のパンプを好きなドラゴンに付与するので攻撃破壊しやすいのも良さそうです.

 

スポンサーリンク

3. 始まりの竜の巫女エアEX

エア初のプレイヤーエクストラです.

今まで収録されたP指定有りプレイヤーエクストラとほぼ同じ能力です.

ですが,絶界付与対象はラストゼオレム名称かつ5コスト以上のゼクスのみです.

なので,ラストゼオレム以外のドラゴンを採用する場合は気を付けたいです.

「まったく……なんでこないなってもうたんや?」

絶界付与対象は[トゥルードラゴン]かつ5コスト以上でも良かったんじゃないかと思います.

 

スポンサーリンク

4. ラストゼオレム&エア 泰平の未来

エア初のスタートリソース(無)です.

今まで収録されたP指定有りスタートリソースとほぼ同じ能力です.

 

5. 至極の練気 ラストゼオレム

ラストゼオレムの新しいサイクルのヴォイドブリンガー(無)です.

ノーブルグローヴに止められても姫君への敵対を止めないラストゼオレム.

竜の姫君は融和で色々とやってしまいましたが,ラストゼオレムにここまで敵視されるようなことってありましたっけ?

 

能力について

能力はこのサイクルの他のプレイヤーのヴォイドブリンガーとほぼ同じです.

ですが,登場対象は種族[ドラゴン]を含む4コスト以下のゼクスです.

そのため,どんな色のドラゴンでも登場させられる点で優れています.

種族指定になるならこれくらいの旨味は欲しいですよね.

 

6. 大天竜醒テオゴニアス(リビルド)

2022年2月に封神指定された大天竜醒テオゴニアスがリビルドされて戻ってきます.

ちなみにリビルド前の大天竜醒テオゴニアスは上記の画像です.

巫女共通からエア専用になったり効果も違うので別カードと言えなくも無いです.

5コストウェイカーのトゥルードラゴンが戻ったことはエアデッキ的に大きいと思います.

 

古の真竜を喰らった結果,デスティニーベインはかなりの力を付けているようですね.

そのおかげで1対7でも引けを取らないレベルになっているのかもしれません.

それにしてもテオゴニアスとテオゴにゃんの内面が違い過ぎて驚きますよね.

 

能力について

登場時に自分のデッキの1番上をリソースにスリープで置きます.置いたカードが種族に[ドラゴン]を含む場合,1枚まで引きます.

1リソブ&条件付き1ドローなので使いやすそうですね.

エアデッキはイベントを除けばほとんどドラゴンで固められそうですし.

 

7. あまねく世界に天命の祝福を

創世源天竜 ラストゼオレムとセットで使う0コストのイベントカードです.

マストじゃないですが,最大3枚手札を入れ替えられるのは便利そうですね.

 

1つ目&2つ目の能力について

他のあまねく世界にXXの祝福をシリーズとほぼ同じです.

原初のイデア ラストゼオレムはドリーム・キーが4個必要です.

オーバーブースト無しでもドリーム・キーを4個なら何とかなります.

そのため,ゲートカードとしてあまねく世界に天命の祝福をを採用するかはデッキ次第です.

 

3つ目の能力について

自ターンのみの起動能力でスクエアに創世源天竜 ラストゼオレムがある場合デュナミスにあるこのカードをトラッシュに置き,自分のデュナミスにある表向きのカード1枚につき,1枚まで引き,引いた枚数と同じ枚数,自分の手札を選び,好きな順番でデッキ下に置きます.ただし,3枚までしか引くことはできません.

エアデッキはデュナミスに表向きのトゥルードラゴンが必要になります.

そのため,デュナミスにある表向きのカード枚数は問題なさそうです.

最大3枚手札を入れ替えられるのでデッキを円滑に動かしやすくなりそうです.

なので,余裕があるならばメインデッキにも積みたいですね.

 

8. おわりに

創世源天竜 ラストゼオレムは以前のエアデッキを彷彿とさせる感じでしたね.

使用するドラゴン次第で動きが変わるので,色々な形のデッキが出来そうですね.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント