ゼクス「邪竜vs聖竜vs六神竜」新カード紹介「預言伝えし妖狐 八尾」他4枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2022年8月25日にZ/X EXパック34弾「邪竜vs聖竜vs六神竜(ドラゴニック・ジェネシス)」が発売されます.

今弾は竜の巫女達のクライシスアーク関連の追加が目玉です.

竜の巫女関連以外で使えるカードも収録されるようなのでそちらも気になります.

今回は妖狐式神魔導書魔眼美食楼の新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 預言伝えし妖狐 八尾

スクエアにゼクスが多いほどコスト軽減する妖狐です.

手札全捨て&3ドローかNSにある相手ゼクス1枚除外が使えるので良さそうです.

 

安倍晴明は赤の世界へ逃亡したようですが,現在はどうしているのでしょうか?

赤の世界の住人を逃がしていたセイント・バードがどうなったのかも気になります.

セイント・バードもカード化して欲しいですが,最近の感じだと難しそうですよね….

 

1つ目の能力について

スクエアにあるゼクス1枚につき,手札にあるこのカードのコストを-2します.ただし,0以下にはなりません.

相手のゼクスだけでなく自分のゼクスもコスト軽減にカウントします.

6面埋まっていれば1コストになるため,中盤以降は常に1コスト扱い出来そうです.

逆に序盤は盤面が埋まりにくいので,早期にコストを下げて登場させるのは難しそうです.

 

2つ目の能力について

登場時に(1)か(2)を選び,解決します.

 

(1)あなたの手札を全てトラッシュに置き,3枚まで引きます.

手札が3枚よりも少ないほどドロー枚数は増えます.

例えば手札が0枚なら単純に3ドローになりますね.

手札が少なくなりがちなデッキや手札を捨てたいデッキと好相性ですね.

 

(2)あなたのトラッシュから3枚選び,除外して良いです.3枚除外したならば,ノーマルスクエアにある相手のゼクスを1枚選び,除外します.

条件はあるものの,NSの相手ゼクスを1枚除外出来るのは良いですね.

赤以外なら再利用されにくくチャージを与えない除外への除去ですから.

除外枚数を増やしたい妖狐とは好相性ですし,黒以外のデッキならトラッシュを3枚除外する条件もそこまで気にならなさそうです.

相手ターンに月夜の日課で登場させて妨害するのも面白いかもしれません.

月夜の日課で登場させた預言伝えし妖狐 八尾はターン終了時手札に戻るので,次の自ターンに再使用するのも容易ですし.

 

スポンサーリンク

3. 華焔の式神 椿

パンプと登場効果を兼ね備えた式神です.

ガンガン攻めるデッキやアルターフォース採用のデッキで使いたいですね.

 

1つ目の能力について

自ターンのみの起動能力で赤1を支払いスクエアにあるあなたのゼクスを1枚選び,手札にあるこのカードを表向きでそのゼクスのフォースにし,ターン終了時まで,そのゼクスのパワーを+2000します.

赤1で自ターン限定のパンプイベント的に使えますね.

赤を採用したパンプに乏しいデッキなら割と便利だと思います.

 

2つ目の能力について

このカードをフォースに持つゼクスが攻撃によって相手のPSにあるゼクスを破壊した時,相手のリソースが5枚以上ある場合,このカードをリブートでゼクスのないNSに登場させます.

相手PS破壊時限定とはいえ,タダで4コストを登場させられるのは良いですね.

相手PS回りが空いていればそのまま点を取れますし,そうでなかった場合は破天降臨やディンギルのコストとして使用出来ますからね.

アルターフォース持ちを採用し易いペクティリスデッキや鋭爪の跳躍者 イースまたは武芸の技巧者 イースを採用したイースデッキでも使えそうですね.

(鋭爪の跳躍者 イース魔刀の超越者 イースのパンプで高パワーにするのが前提です)

 

スポンサーリンク

4. 魔導書∴時雨の水精

セリオン以外の能力で登場出来る珍しい魔導書です.

攻撃&起動能力封じを上手く使えるとかなり厄介だと思います.

 

戦国武将由来のブレイバーたちが避難誘導で活躍している模様です.

昔に比べて最近はめっきり男性のゼクスが収録されなくなってしまいました.

多くはないかもしれませんが,需要はあると思うのでたまに収録して欲しいものです.

 

1つ目の能力について

このカードがあなたのカードの能力で手札からトラッシュに置かれた時,赤2を支払ったならば,このカードをリブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場に登場させます.

魔導書で良く見かけるタイプの効果ですが,珍しくセリオンじゃなくても発動します.

赤はディスカード&ドローが多いのため色々な赤系デッキで使えます.

手札入れ替えついでに5コストパワー7500を登場させられるのは便利そうですね.

相手ターンにも登場出来るので1面埋めて妨害することも出来ます.

 

2つ目の能力について

このカードがカードの能力で登場した時,スクエアにある相手のゼクスを1枚選び,ターン終了時まで,そのゼクスは攻撃できず,相手はそのゼクスの起動能力をプレイ出来ません.

相手PS含めて厄介な起動能力持ちを封じられるので安全に攻撃し易くなります.

この能力は相手ターンにも誘発します.

そのため,セリオンの能力で登場させれば相手ゼクス1枚を攻撃不能に出来ます.

単純な除去よりも攻撃不能で1面埋まってしまうことの方が厄介です.

なので,今後魔導書相手に不要に攻撃宣言すると全然動けないことも有り得そうです.

魔導書以外のデッキでも再生の胎動のようなカードと組み合わせることで厄介な妨害手段として機能させることも可能ですね.

 

5. 岩ヲモ揺ラス念動ノ魔眼 パラノマ

コスト軽減効果を持った大型かつ高パワーの魔眼です.

対象を問わない優秀な破壊除去のおかげで盤面処理から連続攻撃まで活躍出来ます.

 

1つ目の能力について

相手のリソースが5枚以上ある場合,手札からこのカードをプレイする際,あなたのチャージを4枚まで選び,トラッシュに置きます.置いたカード1枚につき,このカードのコストを-2します.

チャージを4枚使えば最少2コストでプレイ出来ますね.

10コストは重いので,極力チャージを4枚消費してプレイしたいです.

このカードを主軸にするならチャージブーストを多く採用したいです.

 

2つ目の能力について

このカードがプレイされて登場していた場合時,このカードは以下の能力を得ます.“ターン2回誘発の自動能力でゼクスが攻撃した時,NSにあるゼクスを1枚まで選び,破壊します.”

1ターンに2回ゼクス攻撃時にNSのゼクスを1枚破壊出来るので盤面処理が捗ります.

もちろん,自分のゼクスも対象に出来るので連続攻撃手段としても有効です.

 

注意したいのは攻撃時に任意ではなく必ず誘発してしまうことです.

破壊は任意なので,自壊させる対象がない時の攻撃時には0枚を選択したとして処理されます.

そのため,自壊させたい時は攻撃済みのゼクスを先に用意しましょう.

 

1つ疑問なのはこの能力がいつまで有効なのかということです.

この能力を付与するのがターン終了時までとなっていません.

なので,もしかしてスクエアからいなくなるまでずっとこの能力を保持するのでしょうか.

もしそうだとしたら,相手ターンにも攻撃時破壊が2回使えるのは強すぎません?

相手ターンに相手のゼクスが攻撃した時に2回この効果が誘発するわけですから.

 

6. 美食楼のクリーム

美食楼4種類目のIGアイコン持ちのゼクスです.

条件はあるものの,IGアイコンが制限なくゼクスを回収出来るのは優秀です.

 

1つ目の能力について

このカードがカードの能力でデッキか手札からトラッシュに置かれた時,あなたのデッキの1番上をトラッシュに置いてよいです.

トラッシュを増やしやすくなるので美食楼やノスフェラトゥ系デッキの助けになります.

デッキ上をトラッシュに置くのは任意なので,デッキが薄い時に助かります.

相手にハンデスされた場合にも誘発するので忘れずに覚えておきましょう.

 

2つ目の能力について

このカードがプレイされて登場した時,あなたのデッキの1番上をトラッシュに置いてよいです.あなたのトラッシュに10枚以上ある場合,あなたのトラッシュにあるゼクスを1枚まで選び,手札に戻します.

任意でトラッシュを増やしつつ,条件達成で制限なくゼクスを回収出来るのは優秀です.

現在はアークゼクス環境なので色々なデッキでトラッシュからアークゼクスやスタートリソースを回収出来るようになるのは大きいです.

ただし,黒以外だとトラッシュ10枚の条件を早期に達成するのは難しいです.

ですが,黒以外でも終盤であればIGで落ちたカードで十分達成できると条件だと思います.

なので,黒以外のデッキのIG枠に忍ばせておくのも面白いと思います.

 

7. おわりに

今回紹介した中だと特に美食楼のクリームが気になります.

IGアイコンなので黒が薄いもしくは採用していないデッキでもアークゼクスやスタートリソースなどのキーカードを回収出来るようになりますから.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント