ゼクス「邪竜vs聖竜vs六神竜」新カード紹介「極煌明星竜 イノセントスター」他6枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2022年8月25日にZ/X EXパック34弾「邪竜vs聖竜vs六神竜(ドラゴニック・ジェネシス)」が発売されます.

今弾は竜の巫女達のクライシスアーク関連の追加が目玉です.

竜の巫女関連以外で使えるカードも収録されるようなのでそちらも気になります.

今回はイノセントスターと青のゼクスエクストラとドライブピニオンの新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 極煌明星竜 イノセントスター

イノセントスター初のアークゼクス(白青)です.

7コスト以下のエンジェリックドラゴン登場&2コスト以下のイベントプレイは良さそうです.

ただし,除去を持たないので除去が使えるゼクスやイベントで補いたいです.

「極煌明星竜」読み方は「しゃいにんぐこすも」だそうです.

 

ニノとイノセントスター,ふたりはなかよし.

フレーバーでイノセントスターが会話している相手はレヴィでしょうか.

 

1つ目の能力について

このカードがプレイされて登場した時,手札かチャージにある,あなたのコスト7以下の[エンジェリックドラゴン]を1枚まで選び,リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させる.

コスト7以下の[エンジェリックドラゴン]を登場させられるのは良いですね.

この能力で登場させたいゼクスでパッと思いつくのは下記3種です.

ニノ&クシュルは登場時と相手ゼクス攻撃破壊時にトラッシュから白か緑のイベント回収かデッキ上からリソブが出来るのでアドを稼ぎやすいです.

平浄の輝光剣 イノセントスターはパワー+5000で破壊されにくいですし,相手ゼクス攻撃破壊時に自壊&チャージから3コスト以下登場で連続攻撃も出来ます.

二人でプール掃除イノセントスターは自身か[イノセントスター]登場時に自分のトラッシュのイベント×2000パワーマイナスを与えるので盤面処理が捗ります.

守りを固めつつ動くなら自分がライフにダメージを受けなくなる竜空天后ホーリースカイ

天界竜ホーリースカイとかも候補になるかもしれません.

この能力で竜舞の陶酔 祈獣アナトも登場させられます.

なので,極煌明星竜 イノセントスターを採用した祈獣デッキも面白そうです.

 

2つ目の能力について

1ターンに1回使える起動能力であなたのトラッシュにある白か青の,コスト2以下のイベントを1枚選び,コストを支払わずにプレイする.プレイされたそのイベントがトラッシュに置かれる際,トラッシュに置くかわりに除外する.

自ターンだけでなく相手ターンにもトラッシュにある白か青の2コスト以下のイベントをリソースを支払わずにプレイ出来るので攻防どちらでも活躍出来ます.

 

この能力で私がプレイしたい白の2コスト以下のイベントは下記4種です.

ケット・シーの市場でリソースを3枚スリープすることで相手の動きを大幅に抑制できます.こちらのゼクスで全面埋めてしまえば見えていたとしても十分脅威です.

グランドスラムは自軍スクエアにあるゼクスを+3000するので一気に守りが固くなります.このラインに置いたゼクスに絶界を付与出来ていれば生存率がかなり上がりますね.

めざめよー。はチャージから7コスト以下を登場させるので攻撃の起点にしやすいです.

あがめよー。はチャージブーストかドローを2回行えるのでアドを稼げます.2つ目の能力で自壊も出来るパワーマイナスを使えるので盤面処理から連続攻撃も出来て優秀です.そろそろ手元に届くニノスターター収録なのでニノを使うなら是非入手しておきたいです.

 

この能力で私がプレイしたい青の2コスト以下のイベントは下記4種です.

九十九苦無はゼクス1枚のパワーを自分の手札の枚数×1000します.手札を多く保っていればパワー+5000くらいは出来るので見えていてもなかなか厄介です.

スピニングブラッシュはクロスラインにあるコスト5以下かつスリープのゼクスを1枚手札に戻します.守りとしてはやや弱いですが,自分のゼクスも対象なので連続攻撃にも使えます.

アグニテンペストは自分のリブートのゼクスをスリープすることでNSにあるゼクスを1枚手札に戻します.相手だけでなく自分のゼクスも対象なのでアークゼクスを連打しやすくなります.

決死の防衛戦はゼクス1枚にレンジ2を付与します.レンジ2で相手のライフを削りやすくなるのは良さそうです.

 

スポンサーリンク

3. 白の竜の巫女ニノEX

ニノ初のプレイヤーエクストラです.

今まで収録されたP指定有りプレイヤーエクストラとほぼ同じ能力です.

 

スポンサーリンク

4. イノセントスター&ニノ 信奉の未来

イノセントスター初のスタートリソース(青)です.

今まで収録されたP指定有りスタートリソースとほぼ同じ能力です.

 

5. 群青の練気 イノセントスター

イノセントスター初のヴォイドブリンガー(青)です.

能力はこのサイクルの他の五神竜のヴォイドブリンガーとほぼ同じです.

 

6. あまねく世界に静穏の祝福を

極煌明星竜 イノセントスターとセットで使う0コストのイベントカードです.

効果自体はそこまで悪くないのですが,このサイクルの他のカードに比べると微妙です….

 

40弾から採用された新システムのクライシスアークはニノ由来の力でしたね.

誓装(イグニッション・オーバーブースト)はニノとバラハラが編み出したものでした.

なので,ニノが関わった新システムは環境を変える力を持っていますね.

 

1つ目&2つ目の能力について

他のあまねく世界にXXの祝福をシリーズとほぼ同じです.

絢爛のイデア イノセントスターはドリーム・キーが5個必要です.

オーバーブースト無しだとドリーム・キー5個は厳しいです.

ですが,イノセントスターデッキはイベント主体なので進め、絢爛の世界をメインに採用してドリーム・キーを稼ぐことは難しく無いです.

そのため,ゲートカードを進め、絢爛の世界から変更するかどうかは絢爛のイデア イノセントスターを採用するか否か次第です.

 

3つ目の能力について

自分ターンのみの起動能力でコストとしてデュナミスにあるこのカードをトラッシュに置く.ノーマルスクエアにある相手のパワー6000以下のゼクスを1枚選び,破壊する.この能力はスクエアにあなたの極煌明星竜 イノセントスターがある場合にしかプレイできない.

0コストでNSにある相手のパワー6000以下を1枚破壊出来るのは便利です.

便利なのですが,このサイクルの他のカードに比べるとかなり微妙な印象です.

極煌明星竜 イノセントスターがいないと能力をプレイ出来ないので,極煌明星竜 イノセントスターのプレイ登場時に7コスト以下のエンジェリックドラゴンを登場させるスクエアを確保するために使えません.

自ターンしか使えない割には破壊対象が4コスト相当なのもイマイチです.

破壊ではなくパワーマイナスかもっと大型を処理出来るならかなり違うのですけどね.

 

7. 超越の神姫 ミステリア

ミステリアが新たに青の6コストのゼクスエクストラとして再登場です.

スクエアにある相手の7コスト以下をすべて手札に戻すので優秀なリセット能力です.

このサイクルの汎用オーバーブーストの中で絶無の顕臨姫ミステリアは悲しいくらい使われませんでしたね….

レアリティの割にはシングル価格がかなり低かったにも関わらず,私は1回も対戦したことがありません.

なので,今度こそはちゃんと使われて欲しいです.

 

能力について

このカードが登場した時,あなたのリソースに青がある場合,あなたのチャージを3枚選び,トラッシュに置いてよい.3枚置いたならば,スクエアにあるすべての相手のコスト7以下のゼクスを手札に戻す.

全体バウンスなので6コストのゼクスエクストラが持つ除去としては破格の性能です.

しかも,絶界や相手PSの7コストまで巻き込んでバウンス出来るので非常に強力です.

降臨条件に自分のゼクスを3枚要求されるのでバウンス出来る最大枚数は6枚ですね.

8コストのアークゼクスを手札に戻せないのはメリットでもデメリットでもあります.

超越の神姫 ミステリアが流行るならPSには8コスト以上を置かないとアウトですね.

 

8. 飛躍の進化 ドライブピニオン

全領域でIGアイコンを得てバウンスと移動も使えるドライブピニオンです.

登場さえしてくれれば結構仕事をしてくれそうです.

 

五つの世界と似て非なる異界とはもしかしてリユニオンの世界のことでしょうか?

42弾からリユニオンのキャラが再登場するのでその可能性はありそうですよね.

リユニオンのメンバーが再登場してくれるだけでも嬉しいですが,欲を言えばもう一度プレイヤーとして使えるようになって欲しいです.

リユニオンの世界と繋がったとしたらこちらの世界のあづみとリゲルがリユニオンの世界のあづみとリゲルに出会うことも…?

この現象は神門が意図的に起こしたのか,それともソルとの決戦の影響なのか気になります.

 

1つ目の能力について

ゼロオプティマ4ですべての領域でこのカードはIGアイコンを得る.

IGやライフから7コストパワー10500が登場するのはインパクトがあります.

ゼロオプティマやIGする効果の多いサイクロトロンやヘリカルフォートと相性が良さそうです.

IGが当たれば0コストで登場出来るので青以外のデッキに採用することも出来ますね.

 

ただし,環境的にゼロオプティマ4を達成しにくいのは向かい風です.

スタートリソースを初期リソースに置きますし,メインデッキにスタートリソースを複数枚採用している場合にはIGアイコンよりもそちらをリソースに置きたいですから.

よって,無理なく使えるのはリソブ出来る緑系のデッキになりそうです.

 

2つ目の能力について

自分ターン1回の起動能力でコストとしてあなたの手札を1枚デッキの下に置く.ノーマルスクエアにあるすべての相手のコスト4以下のゼクスを手札に戻す.スクエアにあるバトル中でないあなたのゼクスを1枚まで選び,ゼクスのない相手PS以外のスクエアに置く.

4コストまでとはいえ,IGアイコンがNS全体バウンスを使えるのは優秀です.

IGヒットからこの効果によって盤面を空けることで一気に反撃しやすくなりますからね.

全体バウンスが不要な時でも自分のゼクスを移動出来るので無駄になりません.

自分のゼクスを移動出来るため相手PSを連続攻撃しやすいだけでなく,NSに登場した優秀な常在能力や起動能力持ちのゼクスをPSへ逃がせますから.

 

9. おわりに

今回紹介した中だと超越の神姫 ミステリアが気になります.

青系デッキが無理なく相手PS含めた全体バウンスを使えるようになりますから.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント