ゼクス43弾新カード紹介「サテライト7e0 エルグ」他5枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2023年1月26日にZ/X 43弾「 未来<エターナルアーク>」が発売されます.

今弾は42弾で収録されなかったプレイヤーの約束関連の追加が目玉です.

他にも新しいパニッシャーや汎用約束イベントの追加で動きの幅が増えます.

今回はサテライト怪盗団“黄昏”の新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. サテライト7e0 エルグ

サテライトの新しいゼクス展開手段です.

サテライトはデッキ下を確定しやすいので登場させたいゼクスを安定させやすいです.

 

1つ目の能力について

登場時にデッキ下から5枚公開して(1)と(2)を解決します.

 

(1)公開したカードが全てサテライト名称の場合,このカードは相手の効果を受けない.

相手の効果を回避出来るので思惑通りに攻撃を通しやすくなります.

低コストの除去を回避してライフを奪う時などに役立ちそうです.

相手ターンに登場させた場合は壁として使えます.

ですが,かなり厳しい条件なので狙って発動させるには下準備が必要です.

 

(2)公開した中にある同名以外のサテライト名称のゼクスを2枚まで選び,1枚を手札に加え,残り1枚をリブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させる.

デッキ下5枚からサテライト名称のゼクスを1枚手札に加えつつ,NSに1枚登場させられるので優秀です.

サテライトはグラビティアシストの影響でデッキ下にゼクスが貯まりやすいです.

なので,一度登場させた優秀なサテライトを再度登場させやすくて良いですね.

ただし,効果の最後にデッキをシャッフルするのでデッキ下が崩れる点には注意です.

 

2つ目の能力について

サテライト固有能力のグラビティアシストです.

 

スポンサーリンク

3. サテライト7d7 レーメー

サテライト1種類目のヴォイドブリンガーです.

イベントのような除去としても手札入れ替えとしても使えるので有用そうです.

 

1つ目の能力について

自ターンのみの起動能力で手札のこのカードをトラッシュに置き,1ドロー&手札1枚をデッキ下に置き,NSにある相手の5コスト以下のゼクスを1枚手札に戻します.

リソースを支払わずに1面空けられるので攻め始める時に役立ちます.

1ドローでキーカードを引き込みつつ,デッキ下を確定出来るのもかなり良さそうです.

優秀な効果ですが,同名1回制限は必要だったのでしょうか.

 

2つ目の能力について

登場時に1ドロー&手札を1枚デッキ下に置きます.

手札の質を良くしつつ,デッキ下を確定出来るのはかなり良いです.

サテライトはデッキ下を参照する効果が多いですからね.

 

4. サテライト7d9 ケプラ

サテライト1種類目のスタートカードです.

相手の5コスト以上バウンスとデッキ下操作を行えるので有用そうです.

 

クールなベガが戸惑っているのは可愛いですね.

もう長いことアルタイルやカノープスやベガの新カードを待っているのですが….

 

1つ目の能力について

自ターンメインフェイズ開始時にNSにある相手の5コスト以上のゼクスを1枚手札に戻します.

リソースを支払わずに1面空けられるのは助かります.

バウンス対象が5コスト以上なので対象に困ることは無いはずですし.

ただし,メインフェイズ開始時に自分の手札が6枚必要なのは困りそうです.

私の印象だとサテライトは手札の維持がなかなか難しいので.

 

2つ目の能力について

デッキ下3枚からサテライト名称を1枚手札に加え,手札を1枚デッキ上か下に置きます.

デッキ下3枚の内容を把握しつつ,デッキ下に任意のカードを置けるのはかなり助かります.

デッキ下を複数枚参照するサテライトの効果を確実に発動させやすくなりますから.

手札とデッキ下が良くない時は手札1枚をデッキ上に置くことでデッキ下から3枚目のカードを知らないカードに出来ますし.

 

5. 怪盗団“黄昏”陽動担当ラピナ

条件達成で1コストで登場出来る怪盗団“黄昏”です.

スクエア全体パワーマイナスがあるので攻撃破壊で困る状況を打破し易くなります.

 

そういえば怪盗団“黄昏”ってどうなっていましたっけ?

確かリベルが墓城で神祖の仮面を発見したところまでは覚えているのですが….

墓城ごと星界送りになってしまったのでしょうか.

 

1つ目の能力について

トラッシュにある怪盗団“黄昏”名称のカードを8枚デッキに戻してシャッフルすることでこのカードを-5コストしてプレイ出来ます.

6コストパワー9000を1コストで登場させられるのは優秀です.

コストとして怪盗団“黄昏”を8枚デッキに戻せるのも良いですね.

イグニッションで当たって欲しい怪盗団“黄昏”をデッキに戻せるわけですから.

IGの当たりが濃くなりますし,リロードを遅らせられるのも利点です.

 

2つ目の能力について

ファントムで現在スクエアにあるすべての相手のゼクスのパワーを-2000します.

相手PS含めて全体のパワーを2000下げられるのは物凄く助かります.

怪盗団“黄昏”はパワー11000がいないので絶界付きアークゼクスの対処が大変でしたから.

 

6. 怪盗団“黄昏”掌握するアナシス

怪盗団“黄昏”1種類目のライフリカバリーです.

メインフェイズにIGか除去を使い分けられるのでなかなか便利そうです.

 

アトマスカヤは星界送りにされた墓城のことを認識出来ているんですね.

特異点ですし,墓城の開祖だから特別なのでしょうか.

 

能力について

自ターン1回の起動能力でチャージにあるディアボロスを1枚トラッシュに置き(1)か(2)を解決します.

 

(1)1回イグニッションする.

シンプルながら怪盗団“黄昏”にとって大事な効果です.

イグニッションの回数が攻め手の数に直結しますからね.

ファントムで貯めたチャージを消費する手段としても良さそうです.

 

(2)NSにある相手のコスト5以下のゼクスを1枚選び破壊する.

リソースを支払わずに1面空けられるのは良さそうです.

怪盗団“黄昏”はそれなりに除去があります.

ですが,盤面を確保する手段は多いに越したことはありませんので.

 

7. 【黄昏再臨】ナティア

怪盗団“黄昏”1種類目のシフトです.

チャージの質や量を増やせるので有用です.

 

やはり怪盗団“黄昏”は墓城ごと星界送りになったようですね.

この感じだと星界送りになっても星界で活動できるみたいですね.

 

能力について

シフト時に手札かチャージを1枚デッキ下に置き,デッキ上4枚から怪盗団“黄昏”名称のカードを1枚チャージに置きます.

チャージを入れ替えるか手札を消費してチャージを増やせます.

チャージで効果を発揮する怪盗団“黄昏”を置きやすくなるのは良さそうです.

手札を切ることでチャージ増やして怪盗団“黄昏”誘い込むリベル怪盗団“黄昏”予告のナティアのチャージコストを確保するためにも使えます.

 

8. おわりに

新カードが追加されたことでサテライトも怪盗団“黄昏”も戦えそうな印象です.

どちらもしばらく放置していたので43弾を機に組み直したいです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント