ゼクス43弾新カード紹介「各務原あづみ Exceed boost<R>」他5枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2023年1月26日にZ/X 43弾「 未来<エターナルアーク>」が発売されます.

今弾は42弾で収録されなかったプレイヤーの約束関連の追加が目玉です.

他にも新しいパニッシャーや汎用約束イベントの追加で動きの幅が増えます.

今回は青と緑のパニッシャーの新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 各務原あづみ Exceed boost<R>

あづみの青黒4コストのパニッシャーです.

やや遠回りですが,青でトラッシュからゼクスを回収出来るのは非常に助かります.

 

シャイニング・ブリッツ・バーストはZ/X Code OverBoostのリゲルの必殺技でしたよね.

1年経たないでサービス終了してしまったのは悲しかったです…(;_:)

直近のゼクストリームの物販でようやく主題歌のBest Friends Foreverが販売されたのは良かったです.

到着を待っているのですが,2月下旬から3月上旬なのですよね….

 

1つ目の能力について

このカードの登場時,あなたのデッキの1番上を見て,デッキの1番上に置くかトラッシュに置く.1枚まで引く.

デッキ上を操作してドロー出来るのでドローの質を上げられます.

トラッシュ次第では2つ目の能力で回収したいゼクスを落とすのも有りですね.

パニッシャーにしては珍しく相手ターンにも能力が使えるのも利点です.

 

2つ目の能力について

このカードがスクエアから離れた時,(1)か(2)を選び,解決する.

 

(1)NSにある相手のコスト7以下のゼクスを1枚選び,手札に戻す.

コスト7以下のゼクスをバウンス出来るので4コストの除去としては十分です.

相手の攻撃に合わせてPSに登場させることでそれ以降のPSへの攻撃を防ぎやすくなります.

1つ目の能力も相手ターンに誘発するので防御札として使えそうですね.

 

(2)あなたのトラッシュにあるゼクスを1枚選び,手札に戻す.

青のカードでトラッシュから何でもゼクスを回収出来るのは非常に助かります.

アークゼクス環境でトラッシュからゼクスを回収出来ない青は結構厳しかったですから.

スクエアから離れた時のみ誘発だとしても本当に助かります.

能動的に使用するためには自壊やセルフバウンス,ディンギルや破天降臨のコストにするのが良さそうです.

 

スポンサーリンク

3. 未来に向かう約束 あづみ

3コストの青の汎用約束イベントです.

手札を上手く増やせれば期待以上に活躍してくれそうです.

 

こちらの世界のあづみとreunion世界のあづみの会話のようですね.

「もう二度と逃げ出したりしないから!」ってあづみが逃げ出したことありましたっけ?

 

1つ目の能力について

あなたのデュナミスにある青の[パニッシャー]からコストの合計があなたの手札の枚数以下になるように2枚まで選び,リブートでゼクスのない相手プレイヤースクエア以外に登場させる.

他の色と異なり青はリソースではなく手札を参照してパニッシャーを登場させます.

そのため,手札を多い状態で維持しすいニューと好相性ですね.

また,リソースは参照していないので同サイクルの他の約束と違って1ターン目や2ターン目から使用出来るのも利点です.

そのため,後攻だと1ターン目から石動北杜≪舞装≫テクネチウムのような青の4コストのパニッシャーを登場させられるのも良さそうです.

上手く手札を増やせれば各務原あづみ Unite<R>や後で紹介する月形由仁 Exceed boost<A>を早期に登場させられるのも良さそうです.

ただ,普通のデッキだと大型のパニッシャーを2枚登場させるのはなかなか難しそうです.

3コスト&3コストでもこのカードを含めて手札が7枚必要ですから.

 

2つ目の能力について

1枚まで引く.

手札が減らないので,汎用約束の中でも手札の維持が楽です.

欲を言えば1つ目の能力と順番を入れ替えて欲しかったです.

そうすれば,大型のパニッシャーや2枚以上のパニッシャーを登場させやすいですから.

まあ,それを考慮してドロー効果を後にしているのでしょうけどね.

 

4. 獅子島七尾 Another<S>

七尾&シンクロトロンの青5コストのパニッシャーです.

手札上限+2&2ドロー&バウンスとなかなか便利そうです.

 

1つ目の能力について

常在能力であなたの手札上限を+2する.

ニュー以外のプレイヤーでも手札上限を簡単に上げられるのは助かりそうです.

未来に向かう約束 あづみのような手札枚数参照効果を使いやすくなりますから.

このカードがいなくなると駄目なので手札上限+2は一時的なものです.

ですが,1回だけでも自ターン終了時に手札を8枚で維持出来るのは助かるはずです.

 

2つ目の能力について

このカードの登場時,2枚まで引く.

手札が増えるので戦いやすくなります.

1つ目の能力もあるので手札超過しにくいのも良いですね.

未来に向かう約束 あづみの手札条件を満たしやすくなるのも良さそうです.

 

3つ目の能力について

自ターン1回の起動能力でノーマルスクエアにある相手のゼクスを1枚選び,手札に戻す.

コスト制限なく1面バウンス出来るので盤面処理が容易になります.

8コストのアークゼクスもバウンス出来ますが,極力避けたいです.

 

5. 月形由仁 Exceed boost<A>

由仁の緑青7コストのパニッシャーです.

手札とリソースを増やしつつ,バウンスも出来るので優秀そうです.

 

1つ目の能力について

自ターンのみの自動能力でこのカードの登場時,あなたのデッキの上から3枚見て,その中から1~2枚選び,手札に加え,残りをリソースにスリープで置く.

手札とリソースを合わせて3枚増やせるので多くのアドバンテージを稼げます.

「1ドロー2リソブ」か「2ドロー1リソブ」の2択ですね.

青でも2リソブ出来るのは良さそうです.

とはいえ,一番リソブが強い3ターン目までに使うのは難しそうですけど.

 

2つ目の能力について

自ターン1回の起動能力でノーマルスクエアにある相手のコスト5以下のゼクスを1枚選び,手札に戻す.

相手の5コスト以下を1枚バウンス出来るので使いやすそうです.

 

6. 未来に向かう約束 由仁

4コストの緑の汎用約束イベントです.

ちゃんとリソブするデッキじゃないとかなり使いにくいですが,効果は優秀です.

 

能力について

あなたのリソースが7枚以上ある場合,あなたのデュナミスにある緑の,コスト10以下の[パニッシャー]とコスト3以下の[パニッシャー]をそれぞれ1枚まで選び,リブートでゼクスのない相手プレイヤースクエア以外に登場させる.

同サイクルの約束よりリソース条件が厳しくコストも重いです.

ですが,大型と小型のパニッシャーをこのカードだけで登場させられるのは優秀です.

43弾で大型の緑のパニッシャーが増えたので登場させたい大型は多いです.

逆に緑の3コスト以下のパニッシャーは東雲纏 Unite<S>しかいないんですよね….

そのため,未来に向かう約束 由仁が流行るなら今以上に東雲纏 Unite<S>の需要は増えそうですね.

 

7. 百目鬼きさら Another<V>

きさら&ヴェスパローゼの緑10コストのパニッシャーです.

緑らしいリソース参照のパンプとトラッシュからのリソブが良さそうです.

 

1つ目の能力について

相手ターンの中,すべての領域からこのカードは登場出来ない.

相手ターンにいきなり大型が登場して壁になるのはNGということみたいですね.

 

2つ目の能力について

常在能力であなたのリソース1枚につき,このカードのコストを+1し,パワーを+1000する.

緑らしくリソースの枚数に応じてサイズアップします.

リソースが12枚なら22コストパワー12000になるので相手は対処しにくいはずです.

リソースが物凄く伸びるデッキでPSに置かれると非常に厄介な壁になりそうです.

相手ターンにリソブを構えられれば攻撃破壊を回避し易くなりますし.

せっかくコストも上がるので活かしたいですが,パッと思いつかないです.

 

3つ目の能力について

このカードの登場時,あなたのトラッシュから2枚まで選び,リソースにスリープで置く.

トラッシュからリソブ出来るので色々なカードをリソースから再登場させたり回収しやすくなります.

再利用の目が無くても登場ついでに単純に2リソブってだけでも有用です.

毎度の事ですが,こういうカードを見るとリソリンを使いたくなります.

 

8. おわりに

各務原あづみ Exceed boost<R>のおかげでリゲルデッキもようやくトラッシュから蒼炎の機装者 リゲルを回収しやすくなりました.

未来に向かう約束 あづみ月形由仁 Exceed boost<A>も追加されるのでまた色々とリゲルデッキを調整出来そうです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント