ゼクス「竜舞流星群」新カード紹介「異龍の巫女 プレスティシモ」他3枚

Z/X新カード紹介

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています.

スポンサーリンク

1. はじめに

2024年5月23日にZ/X EX46弾「竜舞流星群(ドラゴニック・ミーティア)」が発売されます.

今回は異龍の新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 異龍の巫女 プレスティシモ

1つ目の能力について

スクエアとチャージとリソースですべての色になるのは使いやすいです.

降臨条件や憑依条件のコストにしやすいですし,リソースの支払いも楽になりますから.

手札とリムーブ,デッキ,ライフ,デュナミスでは無色のままなのは注意したいです.

リソブ出来ないデッキで使う場合ドラゴン単で組まないと条件達成は厳しいです.

 

2つ目の能力について

登場時にデッキ上から任意のチャージブーストは良いです.

無色かつプレイヤー指定なしでチャージブーストできるIGアイコンは珍しいですね.

 

3つ目の能力について

異龍デッキの要となるゼクス展開効果です.

トラッシュを除外した枚数と同コストのドラゴンメイデンを手札から1枚登場させます.

なので,継続的にトラッシュを増やせる構築にしたいです.

除外するトラッシュに指定がないのは使いやすそうです.

 

注意点は除外した枚数と同コストのドラゴンメイデンを登場させることです.

なので,トラッシュを4枚除外したらコスト4しか登場させられません.

コスト4以下ではなく,コスト4を登場させるなので.

つまり,コスト3以下のドラゴンメイデンはこの効果で登場させられません.

 

スポンサーリンク

3. 異龍∮静寂

1つ目の能力について

デッキ上を除外してリムーブから[ドラゴン]を含むカードを1枚まで回収は便利です.

回収は任意なのでリムーブを減らしたくない場合は回収しないのも手です.

 

2つ目の能力について

自身スリープ&破壊で1枚まで引き,手札から元々のコスト3以下の[ドラゴン]を含むゼクスをこのカードがあったスクエアに登場させます.

イグニッションなどで登場した同名を手札にある異龍の巫女 プレスティシモに変換したい時に役立ちそうです.

元々のコストが3以下のドラゴンなら何でも登場させられるので色々なデッキで使えそうです.

自身を破壊するので1枚チャージが増えるのも良さそうです.

 

元々のコストが3以下の制限は妥当だと思います.

コストを下げてコスト3になったドラゴンまで対象だと色々悪さをしそうですから.

 

4. 異龍∮豪壮

1つ目の能力について

リソースを支払わずに手札から使える除去としては良さそうです.

トラッシュのドラゴンをリムーブに送る手段としても使えます.

 

2つ目の能力について

リムーブを5枚デッキに戻してシャッフルし,2つの効果から1つを選び解決します.

 

1つ目の効果

このカードをリブートするのでこのカードだけで2回攻撃できます.

なので,相手のライフを削るときに活躍してくれるはずです.

 

2つ目の効果

1ドロー&手札からコスト6以下のドラゴンメイデンを登場させるのでゼクスを展開したい時に役立ちます.

現状のカードプールだと異龍の巫女 プレスティシモを登場させて次の異龍∮豪壮を登場させるのが良いでしょうか.

 

5. 【異龍∮濤臨】竜舞流星群

パックのタイトルを冠するドラゴンメイデン専用シフトです.

剣臨条件はあなたのリソースが4枚以上なので2ターン目から使えます.

剣臨器はドラゴンメイデンなのでコストに制限がないのも使いやすいです.

ドラゴンメイデンは種族にドラゴンを含むのでプレイヤーを巫女にすればぴかぴかの新入生テオゴニアス恩愛の『黎明』エンキのシフトも使えますね.

 

1つ目の能力について

条件を満たせばリムーブを増やしつつ手札入れ替えできます.

異龍∮宛転異龍∮茫漠のようにリムーブで効果を発揮するドラゴンメイデンを除外する手段として良さそうです.

こちらの効果は赤っぽいですね.

 

2つ目の能力について

コスト5以上にシフトすればパワーマイナスを飛ばせるのは良さそうです.

パワー5000以下を処理できますし,攻撃破壊や効果破壊の補助としても使えるので.

こちらの効果は白っぽいですね.

 

6. おわりに

異龍は異龍の巫女 プレスティシモ異龍∮豪壮が動きの要です.

徐々に4リソース時に使えるシフトが増えてきました.

なので,今後既存プレイヤーの4リソース時に使えるシフトが増える可能性もありますね.

インフレし過ぎると困るのでデザインが難しそうですけど.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント