MTGアリーナ初心者におすすめのワイルドカードで作りたいレア&神話レアver.基本セット2021

MTGアリーナ初心者攻略ガイド
スポンサーリンク

1. はじめに

MTGアリーナのレアと神話レアのワイルドカードは結構貴重です.

入手機会は多いものの,作成したいカードが多いのですぐに底をついてしまいます.

なので,なるべく使う機会が多い優秀なカードにワイルドカードを使いたいです.

そこで今回は基本セット2021でおすすめのレア&神話レアを紹介します.

 

基本セット20212021年9月までしかスタンダードで使えません.

スタンダードでの使用期間は限られている為,必要なところをしっかり押さえておきたいです.

 

スポンサーリンク

2. 白のおすすめレア&神話レア

白のおすすめレア&神話レアは3枚です.

 

2.1 天界の語り部

警戒&絆魂持ちのアグロデッキ向けクリーチャーです.

警戒を持っているのでスカイクレイブの大鎚を装備させると攻防に渡って活躍し易いです.

特筆すべきは自分のライフが27点以上だと自身タップで天使トークンを生成出来ることです.

飛行4/4クリーチャーを毎ターン1枚生成出来るので全体除去されない限りは押し切れます.

太陽冠のヘリオッドなどとも相性が良いので,なかなか優秀な1マナクリーチャーです.

 

2.2 栄光の頌歌

クリーチャータイプに関係なく全体+1/+1修正を与えられます.

そのため,横並びしやすいアグロデッキと好相性です.

また,色拘束が厳しめなので太陽冠のヘリオッドの信心を満たしやすいのも利点です.

 

2.3 バスリの副官

4マナとしては十分なサイズに警戒,プロテクション(多色),+1/+1カウンターを1個乗せられる,となかなか盛り沢山なクリーチャーです.

自分の+1/+1カウンター持ちのクリーチャーが死亡すると警戒2/2クリーチャーを生成します.

そのため,+1/+1カウンターを使うデッキに採用すれば盤面の維持が容易になります.

自身の効果で+1/+1カウンターを乗せられるので最低1回はトークンを生成出来る点も◎.

 

スポンサーリンク

3. 青のおすすめレア&神話レア

青のおすすめレア&神話レアは2枚です.

 

3.1 時の支配者、テフェリー

1ドロー1ディスカードでどんどん手札の質と墓地を増やしてデッキの動きを安定させられます.

しかも,相手ターンにも効果が使えるので忠誠心が増えやすいのも利点です.

さらに,忠誠心-3で相手のクリーチャーを1ターンだけいないものとして扱えます.

そのため,相手のクリーチャーによる攻撃では倒されにくいです.

ちなみに忠誠心-10の2ターン追加は使われたことも使ったこともないですね.

 

以前はかなり良く見かけたのですが,最近はめっきり見かける頻度が減ったように感じます.

おそらくスカイクレイブの亡霊で除去されやすいからかなぁ,と思います.

そういえば,以前はコントロールデッキで良く見かけた古き道のナーセットも見ませんね.

おそらく,時の支配者、テフェリーの採用頻度が減った理由と同じだと思います.

 

3.2 嵐翼の精体

赤青デッキで良く使われるアタッカーです.

自身の能力で実質2マナになるので,見た目以上に軽くて使いやすいです.

大抵は3マナの時に1マナのインスタントかソーサリーとセットで使います.

果敢もあるので見た目のサイズ以上にダメージを稼ぎやすいです.

 

スポンサーリンク

4. 黒のおすすめレア&神話レア

黒のおすすめレア&神話レアは1枚です.

 

4.1 盗賊ギルドの処罰者

このカードがあればならず者を登場させるたびに相手のデッキを2枚切削出来ます.

そのため,比較的早い段階で接死3/2になるため,アタッカーとしても活躍してくれます.

 

ならず者デッキのキーカードにして唯一の必須レア以上のカードです.

ならず者デッキは盗賊ギルドの処罰者さえ用意すればすぐに組める割に強力です.

そのため,MTGアリーナを始めたばかりでカード資産の少ない方におすすめです.

私が使っていたデッキレシピは下記の記事にあります.

MTG初心者でも組みやすい!格安青黒ならず者デッキver.ゼンディカー(スタンダード)
1. はじめに MTGアリーナのランク戦で遊んでいると高い頻度で青黒ならず者デッキに当たります. (ディミーアローグの方が通りが良いのかもしれませんが,私にとってはあまり馴染みが無いので当記事では青黒ならず者デッキと呼称します.) ...

もしよければ参考にしていただければ幸いです.

最近では相棒に夢の巣のルールスを採用したならず者デッキを良く見かけます.

そのタイプだと遺跡ガニを採用して相手のライブラリーアウトを狙うのが勝ち筋ですね.

 

5. 赤のおすすめレア&神話レア

赤のおすすめレア&神話レアは2枚です.

 

5.1 炎の心、チャンドラ

手札切れに対応し易く,幅広い対象に飛ばせるバーンも使いやすくて優秀です.

手札が切れやすい赤単アグロのフィニッシャーに良さそうです.

忠誠心-9で自分のライブラリーから赤のインスタントとソーサリーを好きな枚数持って来ながら赤6マナを得ます.

そのため,対戦相手に飛ばせる火力呪文で一気に勝負を決めるのも容易いですね.

 

5.2 峰の恐怖

登場したこのカード以外の自分のクリーチャーのパワー分幅広い対象にバーンを飛ばせます.

そのため,発生の根本原理など複数のクリーチャーを同時に展開出来るカードと併用されます.

攻撃しなくてもバーンを飛ばせるので相手からしたら真っ先に処理しなければならないレベルで強力なカードです.

単体除去で処理しようとすると対戦相手に3点ダメージを飛ばせるのも相手からしたら厄介です.

 

6. 緑のおすすめレア&神話レア

緑のおすすめレア&神話レアは3枚です.

 

6.1 漁る軟泥

緑1と墓地のクリーチャー1枚追放でこのカードに+1/+1カウンターを乗せて1点回復します.

どんどんサイズアップしつつ,回復も出来るのでなかなか強力なクリーチャーです.

 

墓地を利用するデッキに対しては特に強力なメタカードとして機能します.

例えば,相手が墓地からカードを回収するときも回収対象を追放すれば回収に失敗します.

後は脱出持ちのクリーチャーを脱出前に追放しておくことで登場を防げます.

そのため,ならず者デッキや死の飢えのタイタン、クロクサを使うデッキには優位に立てます.

 

6.2 長老ガーガロス

6/6が警戒,到達,トランプル持ちというだけでも強力で攻防ともに活躍出来ます.

さらに,攻撃時かブロック時に3つの効果から1つ解決出来るのも非常に優秀です.

物凄く強力なので緑で重めのデッキを使うならば是非作りたいカードです.

 

6.3 原初の力

パンプしながら格闘除去を行えるソーサリーです.

1枚で2つの役割を果たせるのでなかなか便利です.

 

7. 多色&無色のおすすめレア&神話レア

土地のおすすめレア&神話レアは5枚です.

 

7.1 精神迷わせの秘本

タップで占術1か2マナ&タップで1ドロー出来るため,デッキの動きが安定しやすいです.

しかも,4回起動したときには自身を追放しつつ,4点回復出来るので耐久しやすいです.

無色なので様々なデッキに採用出来るのも大きな魅力です.

 

7.2 真面目な身代わり

登場時にデッキから土地を持って来つつ,死亡時に1ドロー出来る便利なクリーチャーです.

そのため,コントロールデッキや重めのデッキで採用されます.

空を放浪するもの、ヨーリオンで再登場させる対象としても良い感じです.

真面目な身代わりも無色なので様々なデッキに採用出来るのも大きな魅力です.

 

7.3 精霊龍、ウギン

無色のフィニッシャー級のプレインズウォーカーです.

幅広い対象に飛ばせる3点バーンにXマナ以下のパーマネント全追放と非常に強力です.

無色のパーマネントは残るので,石とぐろの海蛇真面目な身代わりが残る点には注意です.

逆にそれを利用して自分の石とぐろの海蛇真面目な身代わりを残すのも有りですね.

 

忠誠心-10で7ドロー&手札から7枚パーマネント登場もあり,一気に勝負を決められます.

精霊龍、ウギンも無色なので様々なデッキに採用出来るのも大きな魅力です.

 

7.4 ~の神殿シリーズ

登場時に占術1が使える2色タップイン土地です.

占術1のおかげでドローを安定させやすいので,非常に多くのデッキで採用されています.

ちなみに残りの色の組み合わせはテーロス還魂記に収録されています.

 

7.5 寓話の小道

自身を生け贄にすることでライブラリーから好きな基本土地を戦場に出せます.

そのため,2色以上のデッキで使われることが非常に多いです.

土地が4枚以上のときはアンタップで戦場に登場する点が進化する未開地よりも優秀です.

単色でもライブラリーを圧縮出来るのでその目的で使うのも無くはないと思います.

 

エルドレインの王権で収録されたカードですが,基本セット2021にも収録されています.

ですが,どちらも同じ時にスタン落ちするため,どちらで作っても問題ありません.

 

8. おわりに

どの色も良く見かけるカードが多いので使いたいデッキに応じて作ってみて下さい.

個人的にはならず者デッキが作りやすいので盗賊ギルドの処罰者をおすすめしたいです.

次点だと色々な色で使いやすい精神迷わせの秘本なんかもいいんじゃないかと思います.

この記事がワイルドカードを有効に使う参考になれば幸いです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント