ゼクス28弾新カード紹介「【稀代剣臨】伏魔殿アトマスカヤ」他1枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2019年4月25日にゼクス28弾「星界の来訪者」(アストラル・ストレンジャー)が発売されます.

 

今回は天王寺飛鳥の2種類目のシフトとエンジェルの新カードを紹介していきます.

 

スポンサーリンク

2. 【稀代剣臨】伏魔殿アトマスカヤ

天王寺飛鳥指定の2種類目のシフトです.

このカードを見て思い出したのが10弾の飛鳥のプレイヤーカードです.

この時のプレイヤーカードはハロウィンの仮想衣装がテーマでしたね.

細部は異なりますが,全体的に似ていますね.

シフトは種族がノスフェラトゥなのでただの仮装ではないですね.

パッと見はノスフェラトゥっぽく無く,ただのイケメンですね.

 

能力はこのカードにシフトしたとき条件に応じて下記の効果が発生します.

・無条件

自分のトラッシュにあるゼクスを1枚まで選びチャージに置く.

 

・相手のチャージにカードがある場合

自分のトラッシュにあるゼクスを1枚まで選び手札に戻す.

 

・相手のチャージにカードが2枚以上ある場合

自分のトラッシュにあるカード名に「フィエリテ」を含むゼクスを1枚まで選び,リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させる.

 

相手のチャージを参照する効果なので,シフト前に相手ゼクスを破壊しておきたいです.

どの効果も癖が無く使いやすそうです.

 

このカードを使った動きとしては次のような感じが良さそうです.

一つ目の効果で懲罰の天使ナカザニエか登場させたいエンジェルをチャージに置きます.

二つ目の効果で裁きの一撃フィエリテを手札に戻します.

三つ目の効果で任意のフィエリテをトラッシュから登場させます.

裁きの一撃フィエリテをプレイして懲罰の天使ナカザニエを登場させます.

懲罰の天使ナカザニエの効果でチャージのエンジェルを登場させます.

 

一連の流れでスクエアには下記のゼクスを登場させることが出来ます.

裁きの一撃フィエリテ

懲罰の天使ナカザニエ

懲罰の天使ナカザニエで登場させたエンジェル

・三つ目の効果で登場させたフィエリテ

懲罰の天使ナカザニエで登場させるエンジェル次第ではさらに盤面を展開出来ます.

 

三つ目の効果で登場させるフィエリテの候補はこんなところでしょうか.

誇りのフィエリテは最近ではあまり採用されないカードです.

リビルドで除去が追加されましたし,スクエアを空けつつPSに10500を置けるのは良さそうです.

 

アスカ“光翼転身”フィエリテは守りと攻撃を両立できるので強力です.

自身がコスト8のため懲罰の天使ナカザニエで登場させられないのが欠点でした.

しかし,シフトの効果ならトラッシュから出せるので相性抜群です.

 

ハートビート・エンジェル フィエリテはチャージ除去と盤面除去とIGが出来る攻撃の要です.

ちなみにコスト4以下のゼクスは自分のゼクスも選べます.

連パンしたいときには良い効果です.

逆に盤面を固めたいときは相手のゼクスが残すように注意が必要です.

そうしないと自分のゼクスを対象にしなければならず,盤面に穴が出来てしまいますからね.

 

スポンサーリンク

3. 盾持つブークリエ

バーンメタ用のエンジェルです.

ダメージを与えるカードの多くが赤なので赤メタのエンジェルであると言えます.

“極星契騎”プリズム山城改などから固めた盤面を守るために使うことになると思います.

メタカードにしては7コストなので重いです.

しかし,エンジェルには7コスト以下を登場させられる懲罰の天使ナカザニエがいます.

7コスト10500なので倒されずらくスクエアに残しやすいのは魅力です.

 

4. おわりに

【稀代剣臨】伏魔殿アトマスカヤは堅実に強いですね.

チャージに置くゼクスと手札に加えるゼクスに制限が無いのは優秀です.

制限がない分自由度は高いので様々な運用を試せそうです.

 

盾持つブークリエは赤メタのエンジェルとしてはかなり優秀ですね.

赤はバーンでスクエアを空けることが多いので,それが出来ないと盤面を返しづらいです.

赤以外には刺さりにくいので採用枚数の調整が環境に左右されますね.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント