ちび☆ドラ新カード紹介「【原初剣臨】誕源神子エア」他4枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2019年6月27日にEXパック第16弾「ちび☆ドラ」が発売されます.

 

今回はエア関連ノスフェラトゥの新カードを紹介していきます.

 

スポンサーリンク

2. 【原初剣臨】誕源神子エア

始まりの竜の巫女エアの1種類目の専用シフトですね.

手札補充&リソースブースト出来るので,リソースリンクとの相性がさらに良くなりました.

起動能力もかなり強力で,始まりの竜の巫女に相応しいシフトですね.

 

一つ目の効果はこのカードにシフトしたとき,自分のデッキの上から5枚見て,その中から2枚まで手札に加え,残りのカードをデッキの下に置き,手札にあるカードを1枚まで選びリソースにスリープで置きます.

結果的に手札とリソースを1枚づつ増やせます.(もしくは手札2枚)

デッキの上5枚から2枚選べるので手札の質が良くなります.

“護界祈装”エアは好きな[ドラゴン]を手札から登場させられます.

シフトの効果で手札の質を上げられるので,登場させる[ドラゴン]の選択肢が増えます.

 

また,エアのリソースリンクを即座に成立させることも可能です.

天壌の星界ラストゼオレムで手札を増やすのも良いですし,

天壌に栄えよ其が星界で1リソースで手札から[ドラゴン]を登場させても良いです.

 

今回のシフトはIGOB&リソースリンクと抜群に相性が良いですね.

 

二つ目の効果は起動能力でノーマルスクエアの相手ゼクス1枚選び除外します.

チャージを与えない除去には手札やデッキへのバウンス,リソース送りがあります.

これらは相手の手札やリソースが増えるのでアドバンテージを与えてしまいます.

しかし,この効果は相手にチャージを与えず,しかも他のアドバンテージもほぼ与えないで除去が出来るのでかなり強力です.

 

とはいえ,対戦相手が赤の場合は注意が必要です.

赤には除外にあることで効果を発揮するカードや除外枚数を参照するカードがあるからです.

例えば,烈日の大英雄アレキサンダー極麗六鳥 迦陵頻伽とかですね.

 

スポンサーリンク

3. 天を断つ十字ラストゼオレム

IGOB対応のラストゼオレムのヴォイドブリンガーです.

コスト制限なく好きな[ドラゴン]をトラッシュから登場させられるので,かなり強力だと思います.

さらにこのカード自身はリソースに送られるのでアドバンテージの塊です.

 

効果はIGOBがある状態でこのカードをプレイしたとき,このカードをリソースにスリープで置き,自分のトラッシュから[ドラゴン]を1枚選び,リブートでノーマルスクエアに登場させます.

 

2コストでリソースを増やしつつ,トラッシュから[ドラゴン]を登場させられるのでかなり強力な効果です.

[ドラゴン]ならばなんでも登場させられるので,プレイヤーで構築に個性が出そうですね.

プレイ登場後このカードはリソースに置かれるので,緑をデッキに入れてリソースから回収して,再度プレイ出来るようにしたいです.

 

4. 霊火の焼尽竜アストヴェリア

IGアイコン持ちかつ,ウェイカーオープン能力持ちのアストヴェリアです.

初収録時はアストヴェリアがエア専用でラストゼオレムが巫女共通でした.

ところが,いつしかラストゼオレムがエアのパートナーになっていました.

 

そして,今回遂にアストヴェリアがエアのパートナーから外されてしまいました….

「なんでこないなってもうたんやーーーー!」by アストヴェリア

 

効果はこのカードの能力で表向きにしたカードの種族に[ドラゴン]を含むならば,ノーマルスクエアにある相手のスリープのゼクスを1枚選び5000ダメージを与えます.

 

序盤はウェイカーを捲りつつ,3コストバニラや4コストを処理するのに使えます.

中盤以降は,自身だけでパワー9500まで対処出来ます.

さらに,5000ダメージを自身が攻撃するゼクス以外に飛ばすことで,複数面の対処や他のゼクスの支援も可能になります.

 

なので,いつ登場しても何かしら活躍出来る良カードだと思います.

無色なので,どのデッキにも入りますし,P指定がないのもポイント高いです.

 

5. ワンダフル・フロート墓城姫ネイ

ノスフェラトゥでは希少な相手ターンに構えられる起動能力持ちのカードです.

起動能力目当てではなく,相手のスタートカードを使わせる目的で採用することになりそうです.

 

一つ目の効果は自分のトラッシュにカードが13枚以上ある場合,このカードのパワーを+2000します.

条件を満たせば,パワー11000になります.

IGOBのパワーが10500なので,一撃で倒されにくくなります.

絶界に一撃で倒されないのは,PSに置きたい起動能力持ちゼクスにとってはかなり大きいです.

 

二つ目の効果は起動能力で自分の手札にある[ノスフェラトゥ]を1枚トラッシュに置くことで効果が発動します.

相手のチャージにカードがある場合,ノーマルスクエアにある相手のゼクスを1枚選びチャージに置きます.4枚以上ある場合,相手のチャージにあるカードを1枚選び,トラッシュに置きます.

 

相手のチャージが3枚あるときに,この効果で相手のゼクスをチャージに置きます.

すると,相手のチャージが4枚になるので,好きなチャージをトラッシュに置けます.

 

相手がチャージを使い切ってしまうと能力を使えません.

なので,起動能力を相手ターンに使用出来るかどうかは相手次第ということになります.

しかし,このカードの役割は相手のスタートカードをチャージから無くすことです.

 

相手は起動能力を使われたくなければ,スタートカードを切る必要があります.

スタートカードを温存したとしても,チャージが4枚になった時点でスタートカードをトラッシュに送ることが出来ます.

黒にはチャージに触るカードがほぼ無いので,対スタートカード用のカードとして使用します.

 

6. まわるまわるメモリアル キャサリン

条件は重めですが,ノーコストで5コスト7500をプレイ出来るのは強いと思います.

 

効果はこのカードが手札にあるとき,自分のトラッシュに[ノスフェラトゥ]が15枚以上あり,このカードと同名の自分のカードがスクエア無い場合,コストを支払わずにプレイ出来ます.

 

ノスフェラトゥLv2かつトラッシュに[ノスフェラトゥ]が15枚必要なので条件は少々厳しいです.

なので,基本的にはノスフェラトゥ単かつウェイカーを捲るデッキにしか採用出来ません.

とは言え,ノーコストで5コストパワー7500が登場するのは優秀です.

 

自壊したいところですが,ノスフェラトゥ単だとなかなか難しいですね.

現状だと春日専用シフトの【運命剣臨】電影妹NS・ルナくらいです.

 

自壊が少ないノスフェラトゥだからこそ,許される能力と言ったところでしょうか.

これがディアボロスだったりしたら,簡単に連パン出来てかなりマズイことになりそうですし.

 

7. おわりに

今弾でエアはかなり強化されましたね.

シフトもヴォイドブリンガーも強力ですし,登場させる[ドラゴン]の対象が広いため色々なデッキが組まれそうです.

 

ノスフェラトゥデッキも着実に強化されている印象を受けますね.

とはいえ,個人的にはトラッシュからIGOBイベントを回収するカードが欲しいところです.

 

現状だとIGOBイベントを回収可能な墓城七姫 六の姫ネイをトラッシュから登場させる手段が少ないです.

(“墓城誓装”黒崎春日黄泉路の案内人カンテラ竜朽舞闘スケルタルダンサーくらいです.)

なので,もう少し気軽に墓城七姫 六の姫ネイをトラッシュから登場させられると良いです.

奉仕する厄災ショゴズみたいに登場して直ぐ自壊とかでもいいですから.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント