ゼクス「ジェネレーションX」新カード紹介「ブラストシャドウ キュニー」他2枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2020年11月26日にZ/X EXパック24弾「ジェネレーションX」が発売されます.

今弾は転身シャドウ輝聖魔眼マジカルの強化弾です.

上記5カテゴリのオーバーブーストとイデアライズが収録されます.

そのため,転身シャドウ輝聖魔眼マジカルのいずれかを組みたい人は要チェックです.

今回はシャドウの新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. ブラストシャドウ キュニー

まさかの電影3持ちかつ起動能力で手札バウンスが使えるシャドウです.

デネボラは他のアドミニストレータに比べると表だって動くことが少ないから目立たない印象なのでしょうかね.

アドミニストレータの中では収録枚数や使用頻度的にポラリスが一番目立っていると思います.

ヴィクトリーコール ポラリスはアドミニストレータの中でも最も使用頻度が高そうですし.

 

1つ目の能力について

このカードが手札にあるとき,あなたのリソースにカード名に「シャドウ」を含むカードが4枚以上ある場合,このカードは以下の能力を得ます.“[起]電影3”

 

電影3なのでイグニッションで登場したゼクスを電影のコストに出来るのが強みです.

3コストを4コストに変換出来るため,7コストディンギルを作りやすいのもメリットです.

 

2つ目の能力について

このカードがスクエアにあるとき,自ターンに1回プレイ出来る起動能力です.

あなたの手札にあるカード名に「シャドウ」を含むカードを1枚トラッシュに置きます.

ノーマルスクエアにあるコスト4以下のゼクスを1枚選び,手札に戻します.

 

手札のシャドウを消費しますが,盤面を空けやすいのでシャドウ的には有用です.

特筆すべきは自分のゼクスもバウンス対象になることです.

そのため,比較的簡単に連続攻撃が可能となります.

4コスト以下の自分のゼクスを再利用したい場合にも持って来いです.

ブラストシャドウ キュニーが4コストなのも優れています.

機械と発明と青春シンクロトロン暴龍機械ドラコニアスから登場させやすいからです.

オリジナルXIII Type.EXも併用すれば凶悪なムーブが出来そうですね.

 

スポンサーリンク

3. ハチェットシャドウ ピューティス

シャドウ2種類目の3コストIGアイコン持ちのゼクスです.

使いやすいドロー効果とパンプで序盤から終盤まで活躍出来ます.

フレーバーテキストはパンプ効果に反映されているみたいですね.

 

1つ目の能力について

このカードが登場したとき,あなたのリソースに[バトルドレス]と[キラーマシーン]がある場合,あなたの手札にある「シャドウ」を含むカードを1枚選び,公開してよいです.公開したならば,カードを1枚引き,公開したカードを元に戻します.

 

リソースと手札の条件を満たせば1ドロー出来ます.

どちらの条件もシャドウデッキであれば容易く達成可能です.

 

ちなみにリソースの条件はシャドウが1枚あれば達成出来ます.

そのため,シャドウ以外のデッキに出張させることも出来なくはなさそうです.

 

2つ目の能力について

このカードがスクエアにあるとき,あなたのゼクスが“[起]電影”によって登場した場合,ターン終了時まで,そのゼクスのパワーを+2000してよいです.

 

電影で登場したゼクスのパワーを+2000出来るため,攻撃を通しやすくなります.

青系のデッキはパンプが少なく,コストを越えたパワーを出しにくいです.

その欠点をこの能力で補えるのは良さそうです.

このカードを複数並べておけばその分パンプ出来るため,より相手の大型を破壊しやすいです.

 

スポンサーリンク

4. マルチプルシャドウ タウ

手札を増やしつつ自身を電影5のコストに使えるため,動きの起点に出来そうなシャドウです.

レーベ・エンデは22弾シークレットの七尾ですね.

64人製造されてマスプロトロンに搭乗していた七尾クローンの65人目です.

1人だけ英語で会話していましたが,ソルの翻訳機で日本語が話せるようになったみたいです.

 

レーベ・エンデは《シャスター破壊作戦・弐式》で戦線離脱後,行方知れずでしたよね.

ソルと一緒にいるみたいなので,幻夢郷にいそうですね.

 

プレイヤーとしては七尾扱いですが,七尾とNanaoXX(ナナオ・ナンバーズ)は別人です.

他にストーリーに関連があって同一P扱いで別人のプレイヤーは神門と世羅くらいですかね.

コラボキャラとかだったら同一P扱いで別人のキャラは他にもいるんですけどね.

 

1つ目の能力について

このカードが登場したとき,あなたの手札にある[バトルドレス]か[キラーマシーン]を1枚選び,トラッシュに置いてよいです.置いたならば,あなたのデッキの上から3枚公開し,その中にある「シャドウ」を含むカードを好きな枚数選び,手札に加え,残りのカードを好きな順番でデッキの下に置きます.

 

手札を1枚切ることでデッキ上から最大3枚シャドウを手札に加えられます.

デッキ上次第ですが,得られるアドバンテージが大きいので優秀な効果です.

優秀な電影持ちを手札に引き込みやすくなるので,動きが安定します.

ファーストシャドウ アスルスクールシャドウ ハティーは手札からゼクスを登場させます.

そのため,登場させたいゼクスを手札にセットで持ってこれる点も良いですね.

ライジングシャドウ サーディラも手札を消費するので手札が増えるのは有難いです.

 

5. おわりに

今回紹介したシャドウはどれもサポートとしてなかなか優秀な感じがします.

今弾収録カードでシャドウデッキの安定感が増して,さらにライフを取る手段も増えました.

そのため,現状のシャドウデッキよりもかなり脅威的なデッキが誕生しそうですね.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント