ゼクス35弾新カード紹介「【鍵誓『魔術師』】七尾」他5枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2021年1月28日にZ/X 35弾「想星<キュレーション>」が発売されます.

34弾に収録されなかったプレイヤーのイデアドライブイデアシフトが売りです.

さらに式神,フラッグス,祈獣,黒剣などの新カテゴリの強化も楽しみな弾です.

今回はシンクロトロンシャドウの新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 【鍵誓『魔術師』】七尾

七尾&シンクロトロンのイデアシフトです.

青では貴重な相手のチャージにあるスタートカードに干渉出来るのが良いですね.

 

能力について

青のイデアシフト共通効果に加えてオーバーブーストにシフトしたとき,チャージにある4コスト以下のゼクスを1枚まで手札に戻せます.

キラーマシーンは自壊が得意なので,ゼクスを再利用しやすくなるのは良さそうです.

ざっと思いつくところだと上記4枚あたりが再利用して楽しそうですね.

 

再利用も優秀なのですが,相手のスタートカードに干渉出来るのが良いですね!

取り分け青はチャージに干渉する手段が非常に限られていますからね….

バウンスでチャージを与えない分,チャージに干渉出来ないようになっているんだと思います.

 

スポンサーリンク

3. マゴコロの結晶

七尾&シンクロトロンのイデアドライブです.

自壊しつつドローも出来るので,一気にライフを奪える切り札です.

 

1つ目&2つ目の能力について

この2つの能力はパートナーゼクス以外イデアドライブ共通なので紹介は割愛します.

シンクロトロンデッキは手札を補充が容易なので手札コストは問題なさそうです.

 

3つ目の能力について

スクエアに真心のイデア シンクロトロンがいる場合,青1で自分のキラーマシーンを2枚まで破壊し,破壊したゼクス1枚につき,カードを1枚引きます.

青1で2面自壊出来るので追加でライフを奪いやすくなります.

自壊した枚数分ドロー出来るため,追撃用の手札を用意出来るのも良いですね.

上記4枚で2面以上展開出来るので,連続攻撃用のゼクスを用意するのは楽そうです.

 

スポンサーリンク

4. 一緒にトレーニング シンクロトロン

4種類目の3コストIGアイコン持ちのシンクロトロンです.

ドローとバウンスを同時に使えるなかなか優秀なIGアイコンです.

 

1つ目の能力について

このカードの登場時に自身をスリープしたならば,ノーマルスクエアにある相手の3コスト以下のゼクスを1枚選び,手札に戻します.

攻撃は出来なくなりますが,同コストのゼクスをバウンス出来るのでほぼ問題ないですね.

特に序盤で相手にチャージを与えたくないときにはかなり重宝しそうです.

この能力から私は昔非常に良く使用された復讐を誓うキリアを思い出します.

相手の動きを制限するために序盤からチャージを与えない動きは重要ですからね.

 

2つ目の能力について

自ターンのみの起動能力で手札を入れ替えつつ,手札が4枚以下ならば1ドロー出来ます.

手札を整えやすいのでデッキの動きが良くなります.

手札入れ替え後にデッキをシャッフルしないため,キーカードにアクセスしやすくなります.

 

手札が4枚以下ならば手札が増えるので,上手く手札枚数を調整したいです.

条件が手札4枚以下なので,後攻1ターン目でもドロー出来るのは良いですね.

 

5. スニークシャドウ ラフィアス

3種類目の電影5持ちのシャドウです.

 

1つ目の能力について

常在能力で自分の手札が4枚以上ならば,このカードのパワーを+1500します.

5コストが6コスト相当のパワーになるので良さそうです.

青ならば手札4枚の制限は気を付けていればそこまで問題ないはずです.

 

2つ目の能力について

このカードがカードの能力で登場したとき自分のデッキ上3枚を好きな順番で任意の枚数デッキ上かデッキ下に戻します.

デッキ上を調整出来るので欲しいカードを引き込み易くなります.

もしくは下記のようにデッキ上から登場させる能力のサポートに良さそうです.

特にフレデリカはデッキ上からの登場が多いので,フレデリカデッキに入れるのが一番活躍出来そうな気もします.

電影はコストしか参照しないので風紀を守る女神セレネのように青以外でデッキ上から登場する能力があるデッキに採用するのも面白いかもしれません.

 

6. シノビシャドウ ヘルリス

3種類目の3コストIGアイコンのシャドウです.

あづみ達が遭遇している人面樹はユグドラシルなんでしょうか?

流石にこれじゃないと思いますけど,ユグドラシル以外で人面樹って思いつきませんし.

植物化してしまったリーファーもあんまり覚えがないですし.

 

1つ目の能力について

このカードを手札からトラッシュに置くとスクエアにある自分のシャドウ名称のゼクスを1枚選び,ターン終了時までコストを+2します.

コストが増えるので電影やディンギルの降臨条件を満たしやすくなります.

3コストのIGアイコンを電影5のコストに出来るのでだいぶ動きの幅が広がりそうです.

 

単純にコストを増やしてイデアドライブなどのコスト参照の除去を回避する目的でも使えます.

最近はコスト7以下除去とかが多いので,相手ターンに意表をつくことも出来そうです.

 

相手のリソースが4枚以上という制限があるのは電影を考慮してのことだと思います.

電影はリソース枚数に制限がないので,初手から電影出来てしまうと不味いですからね.

 

2つ目の能力について

自ターンのみ使用可能な起動能力で手札かチャージにある自分のシャドウ名称のカードを1枚トラッシュに置くとカードを1枚引きます.

手札を切れば手札入れ替え,チャージを切れば手札を1枚増やせます.

序盤はチャージが少ないので基本的には手札入れ替えを選択しそうです.

中盤以降だと自壊でチャージが溢れそうな時,チャージを手札に変換出来て良さそうです.

 

7. スナイピングシャドウ ルピー

シャドウ初のスタートカードです.

序盤は使いにくいですが,終盤だとコストすらメリットになる強力なスタートカードです.

 

能力について

スクエアにあるシャドウ名称のゼクスを1枚デッキ下に置くというコストが重いです.

しかし,ノーマルスクエアにある相手の6コスト以下のゼクスを1枚手札に戻しつつ,自分の手札が4枚以下ならばカードを1枚まで引けるのは優秀です.

コストで戻すシャドウはスリープでも構わないため,連続攻撃用に盤面を空けられます.

序盤よりも終盤の動きを重視するならばスタートカードに採用したいです.

 

8. おわりに

シンクロトロンはなかなか良さそうなカードをもらえたと思います.

スタートカード対策,連続攻撃用の自壊手段,優秀な3コストIGアイコンが増えましたからね.

 

シャドウはスナイピングシャドウ ルピーが終盤だとかなり強力ですね.

ただし,序盤にはほぼ使えないのでバウンスでテンポを取って上手く終盤に繋げたいです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント