ゼクス「テンス・アニバーサリー」新カード紹介「フォスフラムの希望 さくら」他3枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2021年11月22日から期間限定で「テンス・アニバーサリー」ガチャが発売されました.

10周年ガチャの内容は10周年記念版のプレイヤー24人&新スタートカード24種です.

今回は白のプレイヤー4人のスタートカードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. フィエリテの祝福受けし者 飛鳥

飛鳥のスタートカードです.

飛鳥は白と黒の世界への影響が非常に大きいのでまさに主人公と言った感じですね.

キュレータとなったウリエルは敗北しましたが,その後どうなるんでしょうね.

他にも墓城から白の世界へ向かったアトマスカヤの行方や如何に.

 

1つ目の能力について

このカードの破壊時に1ドローして自分の手札を1枚までチャージに置きます.

手札が増えるのは良いですし,手札から任意のカードをチャージに置けるのも便利です.

【剣誓『運命の輪』】飛鳥を安定させやすくなるので,相手は迂闊に割りにくいですね.

 

2つ目の能力について

1回限りですが,デッキ上5枚から同名以外のフィエリテを1枚までチャージに置きます.

フィエリテはチャージからの登場が多いので,デッキ上5枚から入れ替えられるのは良いです.

同名が駄目なのはデッキをガンガン掘るのを抑制したいからでしょうね.

 

スポンサーリンク

3. ガルマータとケィツゥーの娘 ミサキ

ミサキのスタートカードです.

シャイニング・エンジェルのリーダーなのですが,もう随分と昔の話な気がしますよ.

シャイニング・エンジェル&ドラマCDは公式サイトで視聴できるので是非聴いてみて下さい.

Z/X -Zillions of enemy X- NF DramaCD ⑮「ニグたんの呼び声」|ブロッコリーCD

公式サイトで公開されているソトゥミサ放送局も好きでしたね.

不定期更新でも構いませんので,また再開して欲しいですね.

ソリトゥスはかなり長い間出番がなかったので,そろそろ戻ってきて欲しいです.

 

今回のカード名にちゃんとガルマータが入っているのは本当に良かったです.

ガルマータはパートナーから降板されてしまったので復活の望みが非常に薄いので….

ケィツゥーとガルマータの二人が共存できるデッキを使えることを期待したいです.

 

1つ目の能力について

自身の分チャージ上限を増やせるのでチャージを圧迫しなくなるのは助かります.

白はチャージからの登場が多いので,スタートカードを除くと3枚しか余裕がありませんから.

貯めておいてチャージを一度に大量に消費する能力のコストとして使うのも良さそうですね.

 

2つ目の能力について

名称制限はあるものの,チャージと手札を1枚づつ入れ替えるのはかなり便利です.

ケィツゥーはチャージを増やしやすいものの,チャージ回収手段が限られていますから.

蜜月のハネムーン マシャールを置ければなお良かったのですが,割り込む余地はないですね.

今後マシャールはどうするのでしょうね…?

 

3つ目の能力について

自分か相手のライフが減少する毎に自分のデッキトップをチャージに置けます.

やや条件は厳しいものの,何枚もチャージを増やせるのは良いですね.

こういう能力を見ると恋の応援モテッツを使いたくなりますね.

恋の応援モテッツの能力解決でこの能力を誘発出来ますから.

他にも対戦相手が飛鳥やさくら,アラネだった場合もチャージを増やしやすいですね.

 

スポンサーリンク

4. フォスフラムの希望 さくら

さくらのスタートカードです.

さくらとフォスフラムは7弾の運命の相剋から参戦しました.

一桁弾前半から参戦していたと感じていたので,振り返ってみると結構意外でしたね.

上柚木姉妹はTVアニメ「Z/X IGNITION」の放送開始と同時期の追加だったんですね.

 

フレーバーでフォスフラムとの別れについて語っているのはやや不穏ですね….

流石にフォスフラムまでパートナー降板なんてことは考えたくないです.

さらにさくらと八千代は今後緑の世界へ行きたいみたいですね.

ソル打倒後の話みたいなので,実現するのはかなり先のことになりそうですね.

もしくは,叡智極点戦争の中で二人が緑の世界に飛ばされることを示唆しているのかも?

 

1つ目の能力について

自身の分チャージ上限を増やせるのでチャージを圧迫しなくなるのは助かります.

フォスフラムは大量にチャージが欲しくなりますからね.

スタートカードがチャージを圧迫しなくなるだけでも結構助かります.

 

2つ目の能力について

自ターンのメインフェイズ開始時に自分のデッキ上を手札かチャージに加えます.

毎ターン勝手に手札かチャージが増えると考えればかなり破格な効果です.

しかも,この効果は重複するのでメインデッキに複数枚積むのも検討出来ますね.

このカードを4枚チャージに置いておけば4回分能力が誘発するわけですからね.

 

3つ目の能力について

自ターンのみの起動能力でチャージを1枚選び,手札に戻します.

回収対象に制限がないのでイベントもチャージから回収出来るのは優秀です.

白系デッキはチャージを増やしやすいので,それを手札に還元出来るのは助かります.

特筆すべきは相手のチャージも対象に出来ることです.

そのため,手札補充だけでなく相手のチャージも減らせるので総じて非常に優秀です.

 

5. メインクーンのご主人さま ニーナ

ニーナのスタートカードです.

ニーナとメインクーンは16弾の「真神降臨編 神域との邂逅」から参戦しました.

1弾から登場していたメインクーンがついにパートナーゼクスに昇格した弾でした.

ニャインライブズ メインクーンのおかげでケット・シーがかなり強化されましたよね.

デュナミスとゼクスエクストラが追加されたのも16弾からでしたね.

それらの追加で色々と出来ることが増えたのでシステム的には良かったと思います.

 

ですが,初期のディンギルLvは特定のディンギルを表向きにする必要があるのは問題でした.

しかも,それらはZ/XRだったので,ポイント交換で集めるのすら非常に大変でした.

止む無く普段は行かないようなところへ遠出しても人がたくさんで交換出来なかったですし.

この頃からZ/Xの勢いに陰りが見え始めたと私は感じています.

 

1つ目の能力について

このカードの破壊時に自分のデッキ上2枚をチャージに置き,1枚デッキ下に置きます.

チャージは1枚しか増えませんが,質を上げられるのでなかなか良さそうですね.

メインクーンはチャージからの登場やコストダウンがありますからね.

 

2つ目の能力について

1回限りですが,NSにある相手のパワー11000以下のゼクスを1枚破壊します.

メインクーンは除去が苦手なので,大型を除去出来るのはなかなか良さそうですね.

 

6. おわりに

今回紹介した中だとフォスフラムの希望 さくらの汎用性が非常に高いですね.

なので,フォスフラムデッキを使わない場合でも是非入手しておきたい1枚です.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント