ゼクス40弾新カード紹介「双極天使 ミカエル」他4枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2022年4月21日にZ/X 40弾「勇気<クライシスアーク>」が発売されます.

今弾は大きく環境を変化させるであろう新システムのクライシスアーク関連が目玉です.

他にも新しいゼクスエクストラや多色カードの登場で構築の幅が広がりそうです.

今回は白の切り札と白のアバターとナムの新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 双極天使 ミカエル

自分のライフが1の時にゼクステンド・ドライブ!で1回だけ使用出来る白の切り札です.

0コストでパワー11000登場&1面除去とチャージ干渉はゲームの流れを変えます.

 

白と赤が同盟を結ぶようですが,他の色はどうするのか気になりますね.

赤の使者がポラリスということは,そろそろ赤のポラリスが収録されるのでしょうか.

それ以前に叡智極点戦争がどういう結末を迎えたのか非常に気になります.

大きな戦いの決着なので,テキストだけでなくPVとかあると嬉しいですけど.

 

1つ目の能力について

自分のリソースに白がある&自分のライフが1の場合,ゲーム中1回だけこのカードを手札から相手のPS以外に登場させ,NSにあるゼクスを1枚まで選び,デッキの下に置きます.

 

0コストで8コストパワー11000が登場&1面デッキ下バウンスは強烈です.

ライフ1の時にしか使用出来ませんが,劣勢から一気に逆転する可能性を秘めています.

相手ターンの攻撃を凌ぐのはもちろん,自ターンの攻撃にも使用出来ますから.

今後はこのタイプの切り札を考慮してゲームプランを考える必要がありますね.

 

ゼクステンド・ドライブ!は1ゲームで1回しか使えないので何枚積むかは悩みどころですね.

白入りのデッキなら全てのメインデッキに採用出来るので,需要はかなり高くなりそうです.

ですが,今回から混色が主流になりますし,同タイプの切り札は5色分収録されるはずです.

そのため,高騰するかどうかは封入率次第といったところでしょうか.

 

2つ目の能力について

登場時にチャージを4枚まで選び,手札に戻します.

チャージに指定が無いので,自分と相手を含めて4枚まで手札に戻せるはずです.

自分のチャージを回収して一気に手札を増やせるのは良さそうですね.

もしくは,相手のチャージに干渉してコストの支払いや登場を阻害出来るのも厄介そうです.

 

スポンサーリンク

3. 奇縁の神楽 ルル

新しいゼクスエクストラである白のアバターです.

エクストラ権を使用しないで登場出来るので色々なデッキの動きが変わりそうです.

もちろん,従来通り2色のゼクスでディンギルのように降臨させることも可能ですね.

 

討伐戦でほとんどの神々は消滅していたはずですが,ルルは残っていたみたいですね.

アバターも5色収録されそうですが,各色誰が担当するのでしょうか.

とりあえず,赤はナナヤが確定していますね.

青はナムとニンガルがいないのでティアマトかラハムですが,多分ティアマトでしょう.

緑はイシュタルかニンカシかなと思いますが,2色ディンギル優先ならイシュタルですね.

 

問題は黒を誰が担当するかですね.

2色かつ女性のディンギルの流れならエレシュキガルで確定だと思います.

ですが,エレシュキガルは既に討たれていますよね.(討祓戦時は怨念でしたし.)

なので,2色優先ならネルガルかザババかなぁと言った感じです.

アバターを女性で統一するなら黒単のラマシュトゥになる可能性もありますけど.

私的にはアッハーズやシュルシャガナでも良いですけどね.

「見つかっちゃったね」 進んだ先に討祓戦を逃れた下位神が隠れ棲んでいた。 「君は恐ろしい竜じゃない。美しい女性さ。僕と愛し合おう」 ▶14

闇竜の逆襲収録の蔓延する『悪疾』アッハーズのフレーバーは上記になっています.

アッハーズは生き残っているらしいので,黒のアバターになる可能性はあると思います.

 

1つ目の能力について

新しいキーワード能力である破天降臨の説明です.

自分が6リソース以上かつリブートの白と白以外のゼクスを1枚ずつトラッシュに置きます.

すると,このカードがリブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場します.

エクストラ権を使わず,2色以上で登場出来るディンギルですね.

自ターン1回制限とはいえ,今までよりも動きの選択肢が増えるのは面白そうです.

 

ここで気になるのはコストにするゼクスは合計6コスト分必要なのかです.

従来のディンギルだとそのディンギルのコスト分のリブートのゼクスが必要でした.

ですが,このテキストだけだとコストを参照していないようにも見えますからね.

ただ,新しいVBが3コストなので,多分アバターと同じコストが要求されると思います.

 

2つ目の能力について

条件達成で登場時にNSにある相手のゼクス1枚のパワーを-5000します.

悪くない効果ですが,今までのディンギルと比較してもだいぶマイルドな効果ですね.

破天降臨で割と簡単に登場出来るからでしょうか.

リソースに白が必要ですが,特殊な状況を除いてほぼ気にすることは無いと思います.

 

スポンサーリンク

4. 源海の協奏曲 ナム

青のP指定無しのクライシスアーク対応の7コストのナムです.

3コスト以下のゼクス登場&5コスト以下のゼクスをバウンスか移動は便利そうです.

 

ナムはユグドラシルの対処をしているみたいですね.

ポケモン的に考えると水タイプが草タイプの弱点なのはかなり納得出来ます.

 

1つ目の能力について

ナムEXなら手札にあるこのカードのコストを-2します.

スタートリソースのナム 源海の決意で登場出来るようになるので大事な効果です.

手札から5コスト以下のゼクスを登場させる効果とも好相性ですね.

とはいえ,使いやすい手札から5コスト以下登場のゼクスっていたでしょうか?

メタルフォートレスだとこの辺が比較的使いやすいでしょうか.

逆にマーメイドは使いやすそうなのがパッと思いつかないですね.

ゼクスを登場させられるマーメイドは色々いますけど,自身のコストが重かったり,条件が厳しめだったり,そもそもデッキ上登場だったりするカードが多い印象です.

 

2つ目の能力について

自身登場時に手札からコスト3以下の[マーメイド]か[メタルフォートレス]を1枚まで選び,リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させます.

 

登場するだけで3コスト以下を登場させられるのはなかなか良さそうです.

2種族から選べるので登場対象が多いのも利点です.

 

3つ目の能力について

自ターン1回の起動能力でコストとして自分のチャージを1枚トラッシュに置きます.すると,ノーマルスクエアにあるバトル中でないコスト5以下のゼクスを1枚選び,手札に戻すかゼクスのないノーマルスクエアに置きます.

 

チャージ1枚で5コスト以下ハンドバウンスか移動を行えるのは便利そうです.

相手への除去だけでなく,自分のゼクスもバウンス出来るので連続攻撃しやすくなります.

最近はあまり収録されませんが,移動時に誘発する効果を使いやすくなりますし.

 

5. ナムEX

青のP指定無しのクライシスアークのナムです.

 

1つ目の能力について

自身スリープでコスト5以上の[マーメイド]か[メタルフォートレス]を1枚選び,次の相手のターン終了時まで,パワーを+2000します.

 

P指定有りは絶界付与でしたが,P指定無しはパワー+2000ですね.

絶界のほうが有効な場面は多いですが,往復でパワー+2000も悪くないです.

P指定有りのアークゼクスはパワー11000が標準です.

そのため,例えば源海の協奏曲 ナムをパンプ対象にすればパワー12500となり,アークゼクスから一撃で破壊されにくくなりますので.

 

2つ目の能力について

クライシスアーク共通の1点回復する効果です.

実質ライフ5点でゲームが出来るのでこの効果はかなり大事です.

そのため,P指定の無いデッキでも何かしらクライシスアークは採用したいですね.

 

3つ目の能力について

自分のプレイヤーがダメージを受けるとナムEXになります.

この効果もP指定有りと共通ですね.

 

6. ナム 源海の決意

ナムEX専用のスタートリソースです.

源海の協奏曲 ナムが青だけな影響かスタートリソースも青ですね.

P指定が無いためか,フレーバーも新しいパートナーを求めている感じになっていますね.

 

1つ目の能力について

デッキ内にあるこのカードをリソースに置いてゲームを開始出来ます.

スタートリソースの効果は当然P指定有りと同じです.

ナムEXを使用するなら大事な効果ですね.

初期リソースに青やマーメイドやメタルフォートレスが欲しい時にも良さそうです.

 

2つ目の能力について

自分のリソースが4枚以上の時,自身スリープでナムEXを重ねておきます.

P指定有りとは異なり,どのプレイヤーでも使えるので汎用性に優れています.

特に理由が無ければ4リソースになった時点で必ず使用したいです.

 

3つ目の能力について

自ターン1回の起動能力で自分か相手のリソースが6枚以上ある場合に青2を支払うと,自分の手札にあるコスト5以下の[マーメイド]か[メタルフォートレス]を1枚選び,リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させます.(同名ターン1回制限)

 

P指定有りとの違いは下記3点です.

(1)登場させられるゼクスの対象が広い.

(2)起動能力を使っても1ドロー出来ない.

(3)同名の能力を1ターンに1回しか使用出来ない.

 

恐らく(1)の影響で(2)と(3)の制限が課されているのだと思います.

スタートリソースを複数枚メインデッキに積んでリソースに置ければ2コストで5コスト以下を複数枚登場させられますから.

名称指定では無く,登場させられる対象が広いので(3)は妥当な制限だと思います.

ですが,(2)の1ドローくらいは許してもらっても良かったような…?

 

7. おわりに

双極天使 ミカエルはゲーム終盤の駆け引きを面白くさせてくれそうです.

今まで攻撃側ばかり強化されていたので防御側の強化は良かったと思います.

 

アバターはエクストラ権を使わないので動きの選択肢が増えそうですね.

その分効果はマイルドになっていますが,まあ妥当じゃないかと思います.

 

P指定なしのクライシスアーク関連はなかなか便利そうな感じです.

効果自体はP指定ほど強力ではないですが,他のカードの補佐としては悪くないと思います.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント