ゼクス42弾新カード紹介「エクリプス・デュオ ~真相~」他4枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2022年10月20日にZ/X 42弾「 約束<ユナイトアーク>」が発売されます.

今弾はデッキからアークゼクスをプレイ出来る新システムが目玉です.

他にもプリンセス・マギカ レヴィーやCode reunionのゼクスエクストラや新カテゴリのエクリプス・デュオも楽しみな弾です.

今回はエクリプス・デュオの新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. エクリプス・デュオ ~真相~

エクリプス・デュオデッキのフィニッシャーです.

パッと見た感じだと最近のアークゼクスっぽいですが,イデアライズに近い印象です.

 

隠し撮りマーメイド写真集の件で疑われたA氏はアルタイルのことです.

そして真犯人のA氏とはアルクトゥルスのことですね.

 

1つ目の能力について

自分のリソースが6枚以上なら調査記録トークン3個消費で手札から登場します.

トークン消費で登場するのでイデアライズっぽいですね.

この能力がターン1回制限なのは3つ目の能力を考慮してのことだと思います.

ですが,普通にプレイしたり他の能力で登場させることは可能ですね.

ブレイバーは能力でブレイバーを登場させる効果が色々ありますね.

逆にメタルフォートレスでこのカードを登場させられるカードは思いつかないです.

 

2つ目の能力について

常在能力で相手の[容疑者]が元々持つ能力のプレイを封じ,このカードは相手の[容疑者]の効果を受けません.

前半は[容疑者]が元々持つ自動能力と起動能力を封じます.

そのため,こちらは妨害をほとんど気にせず行動することが出来ます.

自動能力を封じられるおかげで蒼きふたつ星 リゲルで焼かれず,十輝聖 朧夜のラスダーシャンの能力登場無効化で泣くことも無くなります.

ただし,シフトなどで追加した自動能力や起動能力はプレイされてしまうので注意です.

後半のこのカードが[容疑者]の効果を受けないのも重要です.

壊滅黒耀竜 レルムレイザーの常在能力のような全体パワーマイナスや恩愛の『黎明』エンキの常在能力によるコストマイナスを回避出来ますから.

 

3つ目の能力について

このカードが相手の[容疑者]を攻撃破壊した時に相手に1ダメージを与えるのでフィニッシャーとして期待出来ます.

相手PSと関係無いゼクスを攻撃破壊しても1点削れるのは強いと思います.

しかも,この能力に回数制限はないのでリブートすれば再度相手のライフを削れます.

このカードをリブート出来そうなカードで思いつくのは下記7種です.

この中で一番使いやすそうなのはおまえをボコすデース!ですね.

本来ならライフを削れない位置でしかリブート出来ませんが,今回は問題ないです.

2コストですし,手札が3枚以上なら1ドローも出来るのも良いですね.

 

次点だとスキンシップですね.

自分のゼクスを1枚スリープのコストはIGで登場したゼクスや軽いコストで登場させられるエクリプス・デュオなどで補えますから.

キラートゥースも軽いですが,フォースを用意するのが手間なので使いにくそうです.

 

スポンサーリンク

3. エクリプス・デュオ ~旅立ち~

エクリプス・デュオ1種類目の3コストIGアイコン持ちのゼクスです.

エクリプス・デュオ ~真相~のサーチか調査記録を得るのでかなり重要です.

 

1つ目の能力について

手札のこのカードをトラッシュに置くとデッキの中からエクリプス・デュオ ~真相~をデッキ上に置けるので重要です.

エクリプス・デュオ ~真相~がフィニッシャーなので確実に引きたいですからね.

ただし,デッキ上に置くだけなので他の手段でドローする必要があります.

ですが,後で紹介するゲートカードでドロー出来るので基本的には問題ないと思います.

 

2つ目の能力について

登場時に調査記録を2個得ます.

エクリプス・デュオデッキは調査記録が重要かつ消費する手段も多いです.

そのため,調査記録を得る能力は非常に重要です.

非常に重要なのでトラッシュから登場させたくなりますね.

3色になってしまいますが,黒を採用すればトラッシュから登場させる手段を確保出来ます.

もしくは魔導書を採用して魔導書∴東雲の天使でトラッシュから登場させるとかですね.

 

スポンサーリンク

4. エクリプス・デュオ ~調査開始!~

エクリプス・デュオ1種類目の4コストのゼクスです.

容疑者除外かデッキ上3枚から指定種族を引けるので便利そうです.

 

1つ目の能力について

このカードをトラッシュに置く&調査記録を1個消費すればNSの相手ゼクスを1枚除外出来るのは良いですね.

調査記録を消費してしまいますが,リソースを使わずに1面処理出来るのは助かります.

 

2つ目の能力について

登場時にデッキ上3枚からブレイバーかメタルフォートレスを1枚手札に加えるのでキーカードにアクセスしやすくなります.

この能力を考慮するなら極力ブレイバーとメタルフォートレスの採用枚数を多くしたいです.

両者のデッキ内比率が下がるほど手札に加えるカードの選択肢は狭まってしまいますから.

 

5. 調査記録

エクリプス・デュオ専用のトークンです.

エクリプス・デュオは調査記録を得る手段も消費する手段も複数あります.

そのため,調査記録を何個用意するか悩みますね.

 

6. エクリプス・デュオ ~調査開始!~

エクリプス・デュオ専用のゲートカードです.

現状だと唯一[容疑者]を付与出来るカードなので物凄く重要です.

さらに調査記録を得られますし,ドロー出来るのも助かりそうです.

 

1つ目の能力について

エクリプス・デュオ登場時に調査記録を1個得ます.

イデアライズ環境のゲートカードと同じような能力です.

ですが,登場時に即トークンを入手出来る点でこちらのほうが優れています.

条件が軽いため,1ターンに1回制限になっていますね.

 

特筆すべきは相手ターンにもこの能力が誘発することです.

なので,相手ターンにライフにダメージを受けてライフからエクリプス・デュオが登場すれば調査記録を得られるので忘れないように気を付けましょう.

 

2つ目の能力について

調査記録を1個消費して現在スクエアにあるすべての相手の指定したコストのゼクスに[容疑者]を追加する起動能力です.

[容疑者]がエクリプス・デュオの基本なので非常に大事な能力です.

ただし,指定したコストの相手ゼクスにしか[容疑者]を追加出来ません.

なので,相手のゼクスのコストがバラけていると調査記録の消費が激しくなりますね.

ちなみに相手ターンにも[容疑者]を追加出来るので妨害したい時に役立ちます.

 

3つ目の能力について

調査記録を2個消費して1ドローする起動能力です.

リソースを支払わずに1ドロー出来るので非常に便利です.

ですが,調査記録2個消費は軽く無いので良く考えて使用したいです.

 

7. おわりに

エクリプス・デュオは容疑者を付与した相手に強くなるカードがメインのようです.

イデアライズデッキよりもトークンの増減が激しいので一味違うデッキになりそうです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント