ゼクス42弾新カード紹介「セシリアを護る王冠」他4枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2022年10月20日にZ/X 42弾「 約束<ユナイトアーク>」が発売されます.

今弾はデッキからアークゼクスをプレイ出来る新システムが目玉です.

他にもプリンセス・マギカ レヴィーやCode reunionのゼクスエクストラや新カテゴリのエクリプス・デュオも楽しみな弾です.

今回はプリンセスフラッグスの新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. セシリアを護る王冠

2種類目のプリンセス専用の王冠シフトです.

起動能力でプリンセスをパンプ出来るので攻防共に活躍してくれそうです.

剣臨条件と剣臨器はセシリアの授ける王冠と同じですね.

ところで,セシリアはいつになったらゼクスとして登場するのでしょうか?

 

能力について

起動能力でプリンセスのパワーを+2000するので格上の相手を倒しやすくなります.

0コストかつ相手のターンにも使えるため,妨害手段としても助かりますね.

プリンセス・プリンセス アミーラならこのシフトを複数枚置けます.

2000パンプを複数回任意のプリンセスに使えるのはなかなか厄介そうですね.

王冠シフトの種類が増えたおかげでプリンセス・プリンセス アミーラの起動能力の最大使用回数を増やせるのも良いですね.

 

スポンサーリンク

3. プリンセス・バード ソフィア

プリンセス初のスタートカードです.

プリンセス以外のデッキでスタートカードに困ったら採用することも有りそうです.

 

1つ目の能力について

自身破壊時にデュナミスにある王冠を表向きにしたなら1ドローします.

表向きの王冠を早く増やしつつ,手札も増やせるのは良いですね.

ですが,王冠を表向きにする恩恵を受けられるプリンセスは現状だとプリンセス・ベア くまのももプリンセス・ガンナー ヴァレンティアくらいなんですよね.

今後追加されるプリンセスは表向きの王冠を参照することが多くなるのかもしれません.

 

ちなみにプリンセス・バード ソフィアを他のデッキで採用するのも有りですね.

デュナミスに王冠シフトを1枚入れておけばこの効果で1ドロー出来ますから.

覚えておくとスタートカードに悩んだ時に役立つかもしれません.

 

2つ目の能力について

チャージからこのカードをデッキ下に置くことでプリンセスに王冠シフトを置きます.

プリンセスはスクエアの王冠シフト枚数を参照するカードが多いので大事な能力です.

自分のリソースが6枚以上の条件は序盤からセシリアの授ける王冠でリソースブースト出来なくするためだと思います.

 

スポンサーリンク

4. ミスト・フラッグス フランツ

ずっと欲しかったフラッグス名称のライフリカバリーです.

フラッグスは名称参照が多いので,フラッグス名称の有無の影響が大きいですから.

フラッグス・ジャムセッションを確定サーチ出来るのはかなり助かります.

 

1つ目の能力について

0コストで手札からフラッグスの隣にスリープで登場します.(ターン1回制限)

フラッグスは隣接しているゼクスの枚数を参照するので助かります.

ですが,自分のゼクスが4枚以上いないと使えないのは少々微妙です.

何故ならばオーシャン・フラッグス ナムは隣接3組で1コストになりますから.

オーシャン・フラッグス ナムの条件的にはスクエアに自分のゼクスが3枚以上いる時に使えると良かったのですが….

オーシャン・フラッグス ナムで手札に戻すフラッグスの確保用か,後で紹介するバブル・フラッグス パブラ用と考えるべきでしょうか.

 

2つ目の能力について

セッション状態で登場した時にデッキをすべて見てフラッグス・ジャムセッションを1枚まで公開して手札に加えます.

フラッグス・ジャムセッションは手札を増やしつつ,NSの相手ゼクスを1体手札に戻せるのでフラッグス的には非常に大事です.

デッキを全て見られるので公開領域と合わせてライフのIGアイコンの枚数を確認しておくと良いですね.

 

5. カレント・フラッグス ワグナー

パワーは3コスト相当ですが,ハンドバウンスと3コスト以下登場を使い分けられます.

登場時だけでなく手札に戻った時にも能力が誘発するのは珍しいですね.

 

能力について

このカードが登場するかあなたのカードの能力でスクエアから手札に戻った時,(1)か(2)の効果から1つ選び,解決します.

 

(1)NSにある同名以外のコスト5以下のゼクス1枚を手札に戻す.

相手だけでなく自分のゼクスも手札に戻せるので使い勝手が良いです.

フラッグスは動き始めると盤面が埋まりやすいのでセルフバウンスは助かります.

ただし,同名を手札に戻せないので登場させる場所には気を付けたいです.

 

(2)手札にあるフラッグス名称かつ3コスト以下のゼクスをNSにリブートで登場させる.

このカード含めて2枚スクエアに登場出来るため手数を稼ぎやすくなります.

レインボー・フラッグス ニンガルから登場させられるのは非常に助かります.

レインボー・フラッグス ニンガルから登場させれば一気に3面展開出来ますから.

レインボー・フラッグス ニンガルが無い時の代わりの展開札としても使えますね.

 

6. バブル・フラッグス パブラ

9コストのゼクスですが,5コスト相当のパワーのフラッグスです.

コスト軽減とハンドバウンスがあるので見た目以上に使いやすいと思います.

 

1つ目の能力について

デッキと手札にあるこのカードのコストを隣接するゼクス1組につき-2します.

なので,隣接するゼクスが4組あれば1コストになりますね.

デッキでもコスト軽減されるのでレインボー・フラッグス ニンガルで登場出来ますね.

レインボー・フラッグス ニンガルで登場出来るか否かはかなり重要なので助かります.

 

特筆すべきは相手のゼクスも含めて隣接する1組として数えられることです.

そのため,IGの当たり方や相手のゼクスの置き方次第では序盤から登場出来ます.

相手が動き出した後は大抵1コストなので反撃時にかなり使いやすいはずです.

 

2つ目の能力について

登場時に手札のマーメイドかメタルフォートレスを1枚トラッシュに置いた場合,ノーマルスクエアにある相手のゼクスを1枚選び,手札に戻す.

切る手札の種類まで指定されている割には少々物足りない感じのハンドバウンスです.

ですが,フラッグスは盤面処理が苦手です.

そのため,登場させやすいゼクスがコスト参照なくバウンス出来るの助かります.

ただ,これだけ条件があるならデッキバウンスか自分のゼクスも対象にして欲しかったです.

 

7. おわりに

プリンセスは王冠が増えたおかげでプリンセス・プリンセス アミーラがさらに強化されます.

プリンセス・バード ソフィアを使えばスクエアに王冠を2枚用意しやすくなるので動きやすくなりそうです.

 

フラッグスは追加カードのおかげでかなり動きやすくなりそうです.

ですが,現環境だとまだまだデッキパワーが不足してそうな印象です.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント