ゼクス42弾新カード紹介「ワンス・アポン・ア・タイム」他6枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2022年10月20日にZ/X 42弾「 約束<ユナイトアーク>」が発売されます.

今弾はデッキからアークゼクスをプレイ出来る新システムが目玉です.

他にもプリンセス・マギカ レヴィーやCode reunionのゼクスエクストラや新カテゴリのエクリプス・デュオも楽しみな弾です.

今回はレヴィーの新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. ワンス・アポン・ア・タイム

レヴィー専用のゲートカードです.

セカイ名称のイベントを大量に採用するレヴィーデッキには必須のゲートカードです.

0コストイベントなのでメインデッキにも複数枚採用出来ます.

ですが,イベントとしての能力を持たないのでトラッシュを増やすだけですね.

 

1つ目の能力について

手札のセカイ名称のイベントをホロウ・ディザスター レヴィーとして登場させます.

セカイ名称のイベントはIGアイコン持ちかつ6リソースまでゼクスを登場させられません.

そのため,セカイ名称のイベントでIG枠が埋まるレヴィーデッキでは重要な能力です.

無2でプレイ出来るので色事故とは無縁なのは助かりますね.

ホロウ・ディザスター レヴィーについては次の項目で紹介します.

 

2つ目の能力について

起動能力でNSの相手の5コスト以下のゼクスを1枚まで破壊します.

リソースを支払わずに手札1枚で使える除去としては便利そうです.

捨てる手札はワールドアバターかセカイ名称のイベントです.

ですが,この条件はレヴィーデッキならほぼ問題ないと思います.

 

スポンサーリンク

3. ホロウ・ディザスター レヴィー

ワンス・アポン・ア・タイムで生成出来るトークンです.

レヴィーデッキの序盤を支える重要なトークンです.

自ターンに1回しか登場出来ないので2枚程度用意すれば十分だと思います.

 

1つ目の能力について

登場時にデッキ上5枚からワールドアバターかセカイ名称のイベントを1枚まで手札に加えます.

見られる範囲が広めなので欲しいカードを入手しやすそうです.

手札が芳しくない時は中盤以降でも頼りになりそうです.

 

2つ目の能力について

このカードの破壊時に自分のデッキ上をチャージに置けます.

トークンはチャージを作れないデメリットを補えるので助かる能力です.

ただし,破壊以外の除去で処理されると誘発しない点には注意です.

 

スポンサーリンク

4. セカイを穿つ赤の魔撃

レヴィーデッキに欠かせないセカイ名称のIGイベントです.

序盤は2コスト相応のIGイベントですが,6リソース以上になると対応色の6コスト以下のゼクスを登場させられるので非常に優秀です.

しかも,これらのカードはプレイヤー指定がありません.

なので,レヴィーデッキ以外でも採用出来るので需要は高くなりそうです.

汎用性が高く色々なデッキで複数枚採用出来るので個人的にはRで収録して欲しかったです.

胎動シリーズはコモンやノーマルで収録されていましたし.

 

1つ目の能力について

デッキ上3枚からカードを1枚手札に加えるのでキーカードにアクセスしやすいです.

残りの2枚はトラッシュなので,トラッシュを増やしたいデッキとも好相性です.

 

2つ目の能力について

セカイ名称のイベントの2つ目の能力はいずれも自分か相手のリソースが6枚以上の場合,ワールドアバターか対応した色の6コスト以下のゼクスを相手PS以外に登場させます.

能力的には使い切りのスタートリソースといった感じですね.

ワールドアバターはどの色のイベントでも登場出来ますね.

ワールドアバター以外は対応した色のみですが,6コスト以下のゼクスがPSにも登場出来ます.

なので,今まで使われなかったゼクスが使われるようになるかもしれません.

IGから6コスト以下が登場するため,IGの価値が今まで以上に高くなりそうです.

 

セカイを穿つ赤の魔撃の場合は手札からゼクスを登場させます.

なので,常に登場させたいワールドアバターか赤の6コスト以下のゼクスを手札に持っておきたいです.

登場させたいゼクスが手札に無い場合は先に1つ目の能力を解決して手札に加えましょう.

 

イベントなのでこの能力は相手ターンにも使用出来ます.

そのため,除去能力を持つゼクスと組み合わせて妨害するのも有りですね.

相手が2コスト残しているなら,このサイクルのイベントを警戒する必要がありますね.

 

5. セカイを穿つ青の砲撃

青のセカイ名称のIGイベントです.

やや変わったドローですが,デッキ上を確定出来るのが強みですね.

 

1つ目の能力について

3枚まで引き,自分の手札を2枚好きな順番でデッキ上に置きます.

IGで当たれば単純に手札が増えるのは良いですね.

IGフェイズ中なら手札のIGアイコンを仕込むことで2回IGを確定出来るのは強いですね.

上記のようなデッキ上からゼクスを登場させる能力持ちとの相性は抜群です.

 

2つ目の能力について

セカイ名称イベント共通のワールドアバターか指定色の6コスト以下を登場させる能力です.

セカイを穿つ青の砲撃はデッキ上3枚からゼクスを登場させます.

1つ目の能力でデッキ上に仕込めるので任意のゼクスを登場させやすいです.

デッキ上から登場するため,手札を捨てるデメリットがあるのだと思います.

 

6. セカイを穿つ白の衝撃

白のセカイ名称のIGイベントです.

イグニッションでチャージが増えるのは単純に強いです.

 

1つ目の能力について

自分のデッキ上から2枚までチャージに置けます.

白系デッキはチャージ利用が多いのでかなり助かる能力です.

単純にIGで当たってIG回数が増えるだけでも十分です.

 

2つ目の能力について

セカイ名称イベント共通のワールドアバターか指定色の6コスト以下を登場させる能力です.

セカイを穿つ白の衝撃はチャージからゼクスを登場させます.

なので,チャージに任意のカードを置く手段が欲しいですね.

1つ目の能力頼りだと登場させるゼクスが不安定すぎますから.

チャージから登場は重いと判断されたためか,手札を捨てる必要は無いですね.

 

7. セカイを穿つ黒の斬撃

黒のセカイ名称のIGイベントです.

5コスト以下限定の破壊ですが,IGで使えるのは良さそうです.

 

1つ目の能力について

NSにある相手のコスト5以下のゼクスを1枚まで選び,破壊します.

盤面を埋めずにコスト5以下を破壊出来るのは良さそうです.

大型は破壊出来ませんが,盤面処理に困る黒系デッキなら助かりそうです.

 

2つ目の能力について

セカイ名称イベント共通のワールドアバターか指定色の6コスト以下を登場させる能力です.

セカイを穿つ黒の斬撃はトラッシュからゼクスを登場させます.

トラッシュから蘇生はかなり使いやすいですね.

トラッシュから登場するため,手札を捨てるデメリットがあるのだと思います.

 

8. セカイを穿つ緑の爪撃

緑のセカイ名称のIGイベントです.

イグニッションでリソースブースト出来るのは強いです.

 

1つ目の能力について

デッキ上から2リソブしてリソを1枚デッキ下に置くので実質1リソブです.

現環境だと1リソの価値が高いため,IGでリソが増えるのは強いと思います.

ですが,自分と相手が6リソース未満だとリソブ出来ません.

なので,簡単に5→6にリソブしてスタートリソースを使えないようになっています.

昨今はリソブが強すぎるのでそれに配慮しているのだと思います.

 

個人的にも緑が強すぎると思うのでこういった配慮は必要だと思います.

もっと緑を抑えて他を強くして欲しいですね…(/_;)

 

2つ目の能力について

セカイ名称イベント共通のワールドアバターか指定色の6コスト以下を登場させる能力です.

セカイを穿つ緑の爪撃はリソースからゼクスを登場させます.

リソースから登場は重いと判断されたためか,手札を捨てる必要は無いです.

タッチ緑なら1リソース失うのは重いです.

ですが,メインカラーが緑のデッキならとても重いとは思えないです.

それくらい最近の緑のリソースブーストは次元が違い過ぎますから.

 

9. おわりに

レヴィーデッキはセカイ名称のIGイベントが大きな役割を果たすみたいですね.

ですが,セカイ名称のIGイベント自体は他のデッキでも使えます.

そのため,セカイ名称のIGイベントの需要は高くなりそうな気がします.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント