赤単メイラル&ロードクリムゾンデッキver.ちびドラ

Z/Xデッキレシピ
スポンサーリンク

1. はじめに

ちびドラの追加カードのおかげで,メイラル&ロードクリムゾンデッキは強化されました.

強化後は以前と比較にならないくらいの強さになりました.

このデッキに欠けていた展開力を補えたことが非常に大きかったです.

 

後は“勇戦祈装”メイラルの効果が想像以上に強かったからですね.

上手く嵌れば,相手PSも自分のゼクスも数回焼くことが出来ます.

 

というわけで,今回は大幅に強化されたメイラル&ロードクリムゾンデッキを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. デッキレシピ

まずデッキレシピを紹介します.

※1 カード名の後ろの数字は採用枚数1枚の値段となっています.

※2 カードの値段は記事作成時の遊々亭様の値段を参照させていただきました.

 

プレイヤー

赤の竜の巫女メイラル 1・50

 

デュナミス

黎明を告げる焔槍ロードクリムゾン 2・1980

大天竜醒テオゴニアス 3・300

紅雷竜醒ロードクリムゾン 2・1980

狡猾な炎の神ロキ・レーヴァテイン 2・50

山城改 1・400

睥睨せし『氾慄』エンリル 1・24800

【原初剣臨】燈赫神子メイラル 1・5980

 

IGOB

“勇戦祈装”メイラル上 3・1980

“勇戦祈装”メイラル下 1・3980

 

スタートカード

皇帝の名乗りロードクリムゾン 1・20

 

IG枠

驀進の尖晶スピネルペンギン ←LR 4・1280

紅を断つ十字ロードクリムゾン ←VB 4・50

赤界飛翔ロードクリムゾン 4・100

真紅の成敗剣カーディナルブレード 4・200

地真竜テオゴニアス 4・400

 

非IG枠

コスト4

暁天の星槍ロードクリムゾン 4・200

ジェット・ツーリング ロードクリムゾン 3・50

コスト6

栄光の緋槍ロードクリムゾン 4・50

竜炎剣王カーディナルブレード 2・200

コスト7

メイラル&ユイ 4・150

紅賀のブレス ロードクリムゾン 3・20

皇帝竜ロードクリムゾン 1・300

イベント

暁天に掲げよ其が星槍 4・200

メイラル 勇戦の祈り 4・50

 

デュナミス合計:40100円

IGOB合計:9920円

メインデッキ合計:11700円

 

デッキ総額:61720円

 

デュナミスがかなり高いのは睥睨せし『氾慄』エンリルのためですね.

無くてもゲームプランに影響はないので,予算次第では外しても良いです.

 

IGOBは随分値段が上がった印象です.

以前はこの半額にも満たないくらいの印象でしたから.

 

メインデッキだと驀進の尖晶スピネルペンギンが高いです.

便利なカードの割には今まで採録されていないためですね.

 

スポンサーリンク

3. デッキの動かし方

おおまかなデッキの動かし方を説明していきます.

序盤は除外のグロリアスドラゴンを増やしつつ,IGOBイベントとリソースリンクを揃えます.

準備が整ったら,IGOBか紅雷竜醒ロードクリムゾンで一気に展開して畳みかけます.

除外からの登場が多い為,如何に除外を早く増やすかがポイントになります.

 

3.1 1ターン目(3リソース時)

下記の3枚のいずれかをプレイします.

ドラゴンLv4を目指してウェイカーを表にしていきます.

基本的には大天竜醒テオゴニアスを捲っていきます.

 

真紅の成敗剣カーディナルブレードは除外に好きなカードを送りながら手札を増やせます.

除外も手札も必要なデッキなので,最優先でプレイしたいカードです.

 

赤界飛翔ロードクリムゾンはデッキトップを2枚除外して除外を増やします.

5000ダメージを飛ばせるので,複数面&バニラを処理出来るので,役立つ場面は多いです.

 

地真竜テオゴニアスは条件を満たせばリソースブーストが可能です.

デッキトップ10枚からリソースリンクを探すのに役立ちます.

 

3.2 2ターン目(4リソース時)

3リソース時と同じ動きをします.

イグニッションでアッパーが捲れると地真竜テオゴニアスは条件を満たせます.

そのため,イグニッションは積極的にして良いと思います.

 

3.3 3ターン目(5リソース時)

状況に応じて2パターンの動きが考えられます.

 

3.3.1 黎明を告げる焔槍ロードクリムゾンをプレイする場合

スタートカードを含めた相手のチャージを除外したい場合に使用します.

8000ダメージを振り分けて,破壊した枚数分相手のチャージを除外出来ます.

4リソース時にこの効果で巻き込む相手ゼクスを残しておくと良いです.

 

暁天の星槍ロードクリムゾンのリソースリンクが成立していれば,破壊出来る相手ゼクスの枚数が増えるため,チャージ除外枚数を増やすことが可能です.

 

3.3.2 大天竜醒テオゴニアスをプレイする場合

返しのターンに相手がIGOB出来ないのならばこちらを選びます.

覚醒条件と効果で2枚リソースを新しく出来るので,リソースリンクが揃いやすくなります.

暁天の星槍ロードクリムゾンの手札入れ替えとバーンは要になるので,早期に揃えたいです.

 

また,次ターンに7リソースとなることで,紅雷竜醒ロードクリムゾンをプレイ出来るようになるのも利点です.

IGOB出来ない場合,6リソースの時の動きが少々弱いからです.

 

3.4 4ターン目以降

ここから一気に展開していきます.

紅雷竜醒ロードクリムゾンかIGOBのいずれかを軸に展開していきます.

3.4.1 紅雷竜醒ロードクリムゾンをプレイする場合

紅雷竜醒ロードクリムゾンをPSに立てて効果を起動します.

大体12~16枚くらいグロリアスドラゴンを除外出来ているはずです.

なので,3枚か4枚グロリアスドラゴンを登場させられます.

 

登場させるグロリアスドラゴンの候補は下記の5枚です.

メイラル&ユイは手札を増やしつつ,ゼクスをスクエアへ展開可能な攻撃の要その1です.

ゼクスを登場させる効果が起動能力なので,連続攻撃に使えます.

そのため,メイラル&ユイを登場させられる枚数が,ゲームの趨勢に大きく影響を与えます.

 

栄光の緋槍ロードクリムゾンはスクエアを焼きつつ,ゼクスを展開する攻撃の要その2です.

登場効果を使うためには,登場時効果で相手のゼクスを破壊する必要があります.

そのため,スクエアの相手ゼクスを一掃しないように注意が必要です.

 

紅賀のブレス ロードクリムゾンは除外と手札を増やせます.

メイラル&ユイの効果発動条件や登場させたいゼクスを引いてくるのに役立ちます.

 

竜炎剣王カーディナルブレードは自分のゼクスを2枚破壊することで連続攻撃を可能にします.

自身を対象に9000ダメージを与えることも出来る点も優れています.

もちろん,スクエアに残して次のターンの相手を妨害することも可能です.

 

皇帝竜ロードクリムゾンも役割的には竜炎剣王カーディナルブレードと同じ感じです.

こちらはリソースを払わないので,リソースに余裕が無い場合はこちらを選択します.

 

メイラル&ユイ栄光の緋槍ロードクリムゾンのおかげで展開力が大幅に増強されました.

自壊効果を絡めれば,一気にライフを奪うことも可能になりました.

展開力が増したことにより,盤面を一掃されてもPSの紅雷竜醒ロードクリムゾンが残り易いです.

紅雷竜醒ロードクリムゾンが残った場合は,非常に楽にゲームを進められます.

 

3.4.2 “勇戦祈装”メイラルを登場させる場合

IGOBして,可能であれば,【原初剣臨】燈赫神子メイラルにシフトしたいです.

シフト出来れば,スクエアに展開していけるので3.4.1と同じように動いていきます.

 

こちらが優れている点は,

“勇戦祈装”メイラルのバーン効果で何度もスクエアを空けられる点です.

11000ダメージを2体に与える効果は自分のゼクスも対象に出来ます.

攻撃済みのグロリアスドラゴンを対象にすることで,盤面を空けつつチャージを確保出来ます.

 

そのため,グロリアスドラゴンを登場させ続けることが出来れば,

何度でも自分のゼクス(+相手PSのゼクス)を焼いて連続攻撃をすることが可能です.

 

ここでもメイラル&ユイが活躍します.

登場させる効果は起動能力なので,登場させるタイミングを自分でコントロール出来るからです.

ライフから相手のゼクスが登場しても“勇戦祈装”メイラルの効果で焼けるため,非常に得点力が高いです.

“勇戦祈装”メイラルで敵も己も焼き尽くし勝利を勝ち取りましょう!

 

4. デッキの補足

いくつかこのデッキについて補足しておこうと思います.

 

4.1 メインデッキについて

4.1.1 皇帝の名乗りロードクリムゾン

除外を増やす&グロリアスドラゴンという点で採用しています.

レベル参照が無いためすぐに効果を使用出来ます.

後攻で3コストバニラを投げられても簡単に対処出来るのも魅力です.

 

竜裁を下す者アストライアーも選択肢として挙がりました.

こちらは相手のチャージとノーマルスクエアのゼクスを除外出来るため,かなり強力です.

自分のIGアイコン持ちを除外することで,連続攻撃に使用出来る点も魅力です.

ただ,自身がグロリアスドラゴンでないため,若干IGOBしにくい場面があります.

 

4.1.2 驀進の尖晶スピネルペンギン

登場するだけで,相手のチャージを除外出来るため非常に便利です.

メイラル&ユイ栄光の緋槍ロードクリムゾンの効果で登場させることが多いです.

便利なカードですが,マストではないので他のカードを採用しても構いません.

 

4.1.3 紅を断つ十字ロードクリムゾン

2コストで除外を増やしつつ,大型のグロリアスドラゴンを登場させられます.

最初のIGOB時に特に活躍してくれます.(IGOBに展開能力がないため.)

 

2枚目の祈りが手札に引きにくいようであれば,1~2枚竜界咆哮テオゴニアスと入れ替えるのも有りだと思います.

 

4.1.4 ジェット・ツーリング ロードクリムゾン

5止め対策カードです.

このデッキは紅雷竜醒ロードクリムゾンのルートでも戦うことが出来ます.

とはいえ,やはりIGOBを使えるほうが遥かに戦いやすいです.

メイラル&ユイで登場させられるため,相手が5止めしなくても使うタイミングはあります.

 

IGOBしなくても勝てる,といえるデッキでないのならば5止め対策は必須だと考えます.

5止め対策を怠っているが故に敗北して,「5止めは無理」と言うのはなんだかなぁと思いますから.

 

4.1.5 暁天に掲げよ其が星槍

リンク効果は相手を除外するよりも,除外に好きなグロリアスドラゴンを送る目的で使うことが多いです.

なので,除外する相手ゼクスがいなくても積極的にリソースリンクを成立させたいです.

 

4.2 デュナミスについて

4.2.1 狡猾な炎の神ロキ・レーヴァテイン

チャージ1枚で除外を増やしつつ,手札を増やせるので使用する機会は多いです.

真紅の成敗剣カーディナルブレードと組み合わせることで4枚カードを引けます.

リソースリンクも含めればもっと引けるので,強引にIGOBイベントを探せます.

 

4.2.2 山城改

チャージ1枚で全体5000バーンを飛ばせる小型リセット内蔵のディンギルです.

絶界持ちにもダメージが入るので,最近だと【無貌顕臨】千幻変ニャルラトと戦うときに役に立つことが多いです.

 

4.2.3 睥睨せし『氾慄』エンリル

ノーマルスクエアに対するリセットカードです.

クシュル&ノーブルグローブのような大型ゼクスを並べるタイプのデッキに使います.

リセットカードが不要であれば,【原初剣臨】燈赫神子メイラルを増やすのも良いと思います.

 

5. おわりに

ちびドラのおかげで,メイラル&ロードクリムゾンデッキは驚くほど強くなりましたね.

これまではメイラル1弱っぽい感じだったので,今回の強化は非常に喜ばしいです.

 

“勇戦祈装”メイラルの効果を1ターンに何回も使用出来るのが非常に大きいです.

メイラル&ユイで連パン要員は用意出来るため,非常に得点力が高くなりました.

 

なので,メイラル&ロードクリムゾンデッキを使いたい方は今が好機です.

強くなったメイラル&ロードクリムゾンデッキを是非堪能してもらいたいです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント