複数の能力で盤面を支配!白t赤祈獣Last danceデッキver.B36

Z/Xデッキレシピ
スポンサーリンク

1. はじめに

祈獣デッキで遊んでいると面白いくらい手札が増えます.

手札が増えやすいのでこれを何かに活かせないかと考えた結果がLast Danceです.

今回は私が使っている白t赤祈獣Lastdanceデッキを紹介します.

ただでさえ突破しにくい祈獣の盤面をLast Danceでさらに強化しています.

 

このデッキは最近のデッキの中だと比較的安価に組めます.

やや扱いは難しいですが,初心者や布教用にもおすすめしたいです.

 

スポンサーリンク

2. デッキレシピ

まずデッキレシピを紹介します.

※1 カード名の後ろの数字は採用枚数1枚の値段となっています.

※2 カードの値段は記事作成時の遊々亭さんの値段を参照させていただきました.

 

プレイヤー

各務原あづみ 1・50

 

デュナミス

大海の聖王オーラヘケト 1・150

名警部最後の事件キムリック 1・100

吹き抜ける『高潔』スド 1・100

ニャインライブズ カール 2・100

元気☆一直線! 晴夏ちゃん 1・100

愛の守護聖獣ケサランパサラン 1・100

広漠なる『勝宴』ニンカシ 2・400

ランクEの指導係イラ 1・150

列神天使ガムビエル 1・300

砂神の楼閣ルル 1・50

決意のイデア Type.I“A-Z” 2・3480

カードデバイスの変革者 2・2480

 

スタートカード

無頓着な壮健 祈獣プタハ 1・20

 

IG枠

紅気の聖馬オーラペガサス ←LR 4・50

月華の女神セレネ ←VB 4・980

偏愛の微笑み 祈獣ネート 4・20

旺盛な渇望 祈獣ムト 4・50

尖鋭な綺羅星 祈獣ソプデト 4・50

 

非IG枠

コスト3

奔放な無垢 祈獣テフェネト 3・200

コスト4

静粛なる審判 祈獣メアート 4・20

コスト5

無軌道な熱狂 祈獣クヌム 4・100

強情な顕示 祈獣ネフティス 3・50

コスト6

不愛想な賢察 祈獣アヌビス 4・100

コスト7

物騒な献身 祈獣イシス 2・50

コスト9

信仰の頂き 祈獣ホルス 4・500

イベント

行こう、輝天の先へ 1・50

Last Dance 4・300

 

デュナミス合計:13970円

オーバーブースト合計:0円

メインデッキ合計:9570円

デッキ総額:23540円

 

一見すると結構高いですけど,デュナミスは大幅に削れるのでもっと安価で組めます.

メインだと月華の女神セレネが流石に高すぎます.

単純に赤のVBが欲しいだけなので,他の赤のVBに入れ替えるのも有りです.

 

信仰の頂き 祈獣ホルスの値段がじわじわ上がっているようですね.

祈獣を組むなら必須ですし,再録も当分されないと思います.

なので,祈獣デッキを組みたいのならば早めに確保しておきたいです.

 

広漠なる『勝宴』ニンカシが400円と地味に高いのは驚きました.

最近は1コストのイベントをあんまり見かけないので需要が無いと思っていたのですが….

17弾収録なので流通量が少ないからでしょうか.

 

列神天使ガムビエルは2020年12月に再録されましたが,じわじわ値段が高くなってますね.

白を組むなら1枚は欲しくなるので,こちらも持っていないなら確保しておきたいです.

 

スポンサーリンク

3. デッキの動かし方

堅実かつ確実に盤面を支配して勝利するコントロール型のデッキです.

とにかく信仰の頂き 祈獣ホルスをチャージに置くことを最優先します.

なので,マリガン基準も信仰の頂き 祈獣ホルスを早期に置けるかどうかです.

その後は信仰の頂き 祈獣ホルスで手札を増やしつつ,相手の攻撃を上手くいなします.

Last Danceが使えるおかげで相手のオーバーブーストにも難なく対処可能です.

基本的には防戦に徹し,相手の攻め手が緩んだら相手のライフを取っていきます.

派手な攻撃は出来ませんが,圧倒的な防御力で確実にカウンターを仕掛けて勝利します.

 

3.1 1ターン目(3リソース時)

下記3種のカードのいずれかをプレイします.

信仰の頂き 祈獣ホルスをチャージに置ける偏愛の微笑み 祈獣ネートが最優先です.

信仰の頂き 祈獣ホルスが無い場合は無軌道な熱狂 祈獣クヌムを置きたいです.

どちらも手札に無い場合でもとりあえずチャージは増やしておきたいです.

 

旺盛な渇望 祈獣ムトは手札とチャージを入れ替えられます.

ですが,手札を置きっぱなしに出来ないので,初手だとチャージが増えないのは難点です.

基本的にIGをしないデッキなので攻撃時にIG出来るのは結構助かります.

 

尖鋭な綺羅星 祈獣ソプデトは盤面処理に優れています.

能力で登場すると相手のチャージをトラッシュに置けるので,相手のIG機会を潰しましょう.

 

今回の構築だと初手で信仰の頂き 祈獣ホルスをチャージに置きにくいのは難点ですね.

なので,初手から風の天使とフォスフラムが使えるさくらのほうが使いやすさは上です.

その辺は圧倒的制圧力を誇るLast Danceとのトレードオフなので仕方がないですね.

37弾予約特典のはずかし祈獣体験 ミカエルが使えるようになれば今より初手が安定しそうです.

 

3.2 2ターン目(4リソース時)

静粛なる審判 祈獣メアートをプレイします.

デッキを全て見て信仰の頂き 祈獣ホルスをチャージに置けるので必ずプレイしたいです.

そのため,静粛なる審判 祈獣メアートの有無がマリガンの大きな判断基準になります.

 

このターンから静粛なる審判 祈獣メアートを実質パワー8000になります.

最近の5コストはパワー7500が主流なので攻撃によっては破壊されにくいです.

さらに往復で2ドロー出来るため,盤面を維持しつつ必要なパーツを集められます.

 

手札に信仰の頂き 祈獣ホルスがあるなら偏愛の微笑み 祈獣ネート旺盛な渇望 祈獣ムトでチャージに置くのもOKです.

とにかく,このタイミングで極力信仰の頂き 祈獣ホルスをチャージに置きたいです.

 

3.3 3ターン目(5リソース時)

無軌道な熱狂 祈獣クヌムをプレイします.

シンボル「ホルス」を達成しているならパワー10500になります.

5リソース時にパワー10500に対処するのはやや難しいので相手に圧をかけていきます.

スクエアとチャージで相手ゼクスのパワーを-5000出来るため,攻撃で破壊されにくいです.

能力の起動に手札の祈獣を1枚消費しますが,手札は増やせるのでさほど問題ではありません.

 

無軌道な熱狂 祈獣クヌムがスクエアに残れば御の字ですし,破壊されてもチャージでパワーマイナス効果が使えるので,どちらに転んでもプラスになります.

一番困るのがバウンスや除外,リソース送りなので青や赤,緑相手だとやや注意が必要です.

攻められる状況なら強情な顕示 祈獣ネフティスで2面展開して攻勢をかけます.

 

3.4 4ターン目以降(6リソース時以降)

不愛想な賢察 祈獣アヌビスが使えるようになるので攻防ともに盤面を強くしやすいです.

強情な顕示 祈獣ネフティスが使えるなら奔放な無垢 祈獣テフェネトと一緒に登場させます.

強情な顕示 祈獣ネフティス攻撃後に奔放な無垢 祈獣テフェネト強情な顕示 祈獣ネフティスを破壊します.

そしてチャージからコストで破壊した強情な顕示 祈獣ネフティスを登場させ,手札から3コスト以下の祈獣を登場させることで容易に3回攻撃出来ます.

祈獣デッキ最大の攻め手なので使う機会が非常に多い動きです.

このタイミングから相手の攻撃が激しくなるので常にLast Danceは構えておきたいです.

Last Dance使用後に手札が6枚なら全体12000ダメージなので大抵の盤面は一気に崩壊します.

さらに無軌道な熱狂 祈獣クヌムのパワーマイナスと信仰の頂き 祈獣ホルスのパワープラスも併用することで相手の攻撃を大幅に制限することが可能です.

 

このターン以降は如何に相手にカウンターを喰らわせるかが勝敗を分ける鍵になります.

相手の行動を上手く制限して確実に勝利を目指します.

 

スポンサーリンク

4. デッキの補足

この項目ではデッキに採用しているカードについて補足します.

 

4.1 メインデッキ

4.1.1 無頓着な壮健 祈獣プタハ

自分のチャージを1枚切ることでチャージを増やしつつ,手札を入れ替えられます.

手札に信仰の頂き 祈獣ホルスがある状態で早期に破壊してくれるとかなり助かります.

残ってくれれば信仰の頂き 祈獣ホルスのドローが行いやすいのでどちらにせよ良いです.

チャージに置きたいカードが多いので最終的に自身をコストにしてしまうことが多いです.

シンボル「ホルス」ですが,4コスト以下デッキボトム送りもなんだかんだで便利です.

 

4.1.2 紅気の聖馬オーラペガサス

手札のカードをチャージに置きやすいので結構重宝します.

能力を使用した信仰の頂き 祈獣ホルスを回収して即座に置くことが多いです.

すると,もう一度信仰の頂き 祈獣ホルスの能力が使えるため一気に大量ドロー出来ますから.

 

4.1.3 月華の女神セレネ

Last Danceを打つための赤リソース用として採用しています.

4コスト以下のゼクスを登場させられるのでIGやライフから出ると結構仕事をしてくれます.

特にカードの能力で登場させたい尖鋭な綺羅星 祈獣ソプデトと好相性です.

 

4.1.4 物騒な献身 祈獣イシス

トラッシュの祈獣を10枚デッキ下に置くとリソースを支払わずに登場出来ます.

条件が結構重いのですが,パワー10500をポンと登場させられるのは強力です.

また,リロードが遠くなりますし,祈獣の再利用もしやすくなるのは良いです.

出来ればもう1枚くらい採用してグルグルしたいのですが,枠的に厳しいので2枚採用です.

 

無軌道な熱狂 祈獣クヌムでトラッシュの祈獣を増やしやすいのでコストは賄いやすいです.

私が使うとチャージに3コスト以下の祈獣がいなくて登場効果は割と不発しやすいです.

 

4.1.4 信仰の頂き 祈獣ホルス

このデッキを成立させているもっとも重要なカードです.

基本的にはドローとパンプがメインなのですが,登場効果も強力です.

スクエアに自分の祈獣が5枚以上か相手のゼクスが6枚以上のときにPSに登場出来ます.

 

攻撃に専念しやすくなるだけでなく,守りの一手としても重要です.

流石にパワー12000がPSに立てば相手の攻め手を何手か防げますから.

そのため,相手の動きに応じてドロー&パンプ効果を使わずに温存する必要もあります.

 

4.2 デュナミスについて

オーバーブーストを採用していない為,枠にかなり余裕があります.

そのため,使用する機会が少ないカードも選択肢を増やすために入れています.

 

4.2.1 大海の聖王オーラヘケト

5リソース時までに信仰の頂き 祈獣ホルスがチャージに置けていない時に使います.

デッキ上3枚から2枚までチャージに置けるので置ける可能性は割とあります.

ただ,大海の聖王オーラヘケトを使わざるを得ない状況は結構不味いです.

 

4.2.2 名警部最後の事件キムリック

攻めには使えませんが,5リソースで1面多く埋められます.

覚醒条件のトラッシュ枚数を満たせて,守りに専念する状況で使用します.

5リソース時だけでなく,6リソース時にもLast Danceを構えつつ使用したりします.

 

4.2.3 吹き抜ける『高潔』スド

チャージ1枚消費でNSにあるすべての相手のゼクスのパワーを-4000します.

他のゼクスの攻撃やLast Danceの火力補助に使えます.

一応採用していますが,ニャインライブズ カールで十分なことが多いのでほぼ使いません.

 

4.2.4 ニャインライブズ カール

チャージ消費1枚で相手のチャージを飛ばしつつ,全体パワーマイナスを使えて優秀です.

非常に便利なので2枚採用にしています.

降臨条件がケット・シー2枚なので紅気の聖馬オーラペガサスはコストに出来ないので注意です.

 

4.2.5 元気☆一直線! 晴夏ちゃん

相手のチャージをデッキボトムに置きつつ,デッキ上3枚から3コスト以下を登場させます.

チャージを飛ばすのは強力ですし,奔放な無垢 祈獣テフェネトを探しに行けるのも◎.

月華の女神セレネを登場させて手札から奔放な無垢 祈獣テフェネトを登場させてもいいですし.

ただし,チャージ消費2枚は重いので,使うタイミングには気を付けたいです.

 

4.2.6 愛の守護聖獣ケサランパサラン

チャージ消費1枚でチャージを手札に返しつつ,デッキ上5枚からIGアイコン持ちのセイクリッドビーストを1枚登場させます.

相手のチャージだけでなく,自分のチャージも手札に返せるので融通が利きやすいです.

また,デッキ上を5枚公開するのでゼクス登場効果が失敗しにくいのもいいです.

 

4.2.7 広漠なる『勝宴』ニンカシ

チャージ消費無しでトラッシュから1コスト以下のイベントを回収出来ます.

つまり,Last Danceが回収可能です!!

本体のコスト比のパワーは低いですが,チャージ消費無しなので非常に使いやすいです.

 

4.2.8 ランクEの指導係イラ

チャージ消費1枚で1ドローします.

このデッキはドローしやすいのでほぼ使いませんが,枠に余裕があるので採用しています.

 

4.2.9 列神天使ガムビエル

相手のチャージ上限-2&1面破壊に1枚ハンデスと強力な7コストディンギルです.

チャージ消費2は重いですが,それに十分見合うだけのリターンはあります.

1面破壊効果は自分のゼクスも破壊出来るため,連続攻撃手段としても活用出来ます.

 

4.2.10 砂神の楼閣ルル

チャージ1枚消費でライフからカードを回収しつつ,IGアイコン持ちの相手ゼクスを除去します.

コントロールデッキ的には自分が後どれくらいダメージを受けられるか知るのが大事です.

対象は限定的ですが,チャージを与えないで除去したい時にも使えます.

 

4.2.11 決意のイデア Type.I“A-Z”

リソースの問題でバウンス効果は使えませんが,1ドローは可能です.

リソースを支払わずにドローしつつ,パワー10500が登場するので便利です.

さらに,2回目の登場時ならば自身にレンジ2を付与出来るのも◎.

 

ただし,キーを1ターンに1枚しか入手出来ない為,2回目の登場は基本的に無理です.

そのため,2枚目は一応入れているだけで使う機会はほぼありません.

 

4.2.12 カードデバイスの変革者

2種族持ちゼクス共通のイデアドライブです.

基本的には問題ないですが,祈獣以外も採用しているので手札の管理には注意です.

Last Danceを複数枚持っていると,切れる祈獣の候補が少ないことも良くありますので.

あまり使いませんが,決意のイデア Type.I“A-Z”をパンプ出来ることもお忘れなく.

 

5. おわりに

思いつきで組んだデッキですが,想定以上に動いてくれて嬉しいです.

最近Last Danceを使っていなかったので,Last Danceが使えるだけでも良かったです.

比較的安価に組めるのでコントロールデッキに興味がある方は是非組んでみて下さい.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント