青単リゲルデッキver.ゼクドリ

Z/Xデッキレシピ
スポンサーリンク

1. はじめに

今回はバトルドレスを主軸としたリゲルデッキをご紹介します.

あづみとリゲルのデッキは私がゼクスを始めるきっかけでした.

(当時はエクストラやIGOBはなかったので今と全くデッキ構成が異なりますけどね.)

 

今もゼクスタに参加するときは9割方リゲルデッキばかり使っていますね.

なので,ゼクスタでリゲルデッキ以外を使うと驚かれるほどです.

そのかわり,フリー対戦ではリゲルデッキ以外を使うことが多いです.

 

リゲルデッキは青らしくドローが豊富なので,安定したデッキ運用が可能です.

スクエアへの展開方法はリゲルクリスマスやリソースリンク,ブランデッドソード アルダナブなど複数あります.

 

除去は手札やデッキに戻す効果が多いので,相手にチャージを与えにくいです.

そのため,IGやIGOBを抑制しやすく,相手の攻勢を削ぎやすいです.

 

バランス良く色々行えるデッキなので回していて楽しいです.

何よりもあづみとリゲルが好きなので使っているだけで視覚的にも楽しいです.

 

スポンサーリンク

2. デッキレシピ

まずデッキレシピを紹介します.

※1 カード名の後ろの数字は採用枚数1枚の値段となっています.

※2 カードの値段は記事作成時の遊々亭様の値段を参照させていただきました.

 

プレイヤー

各務原あづみ 1・50

 

デュナミス

青竜歌姫メルキオール 1・100

ハーモナイズソードアルダナブ 1・100

アウェイクン・ブレイド リゲル 1・150

Mode<Awaken> Type.XI 1・500

億劫なる『沈泥』ラハム 2・200

エレクトリックアイドル イオ 2・150

激流の制神ティアマト 1・50

教唆の『命慟』ティアマト 1・980

【運命剣臨】蒼星姫リゲル 1・19800

【運命剣臨】天縫星バルビエル 1・6980

 

IGOB

“蒼天誓装”各務原あづみ上 3・780

“蒼天誓装”各務原あづみ下 1・50

 

スタートカード

ロイヤルガード リゲル 1・20

 

IG

ブランデッドソード アルダナブ ←LR 4・150

フィニッシュ・バレット リゲル ←VB 4・100

オーシャンドレス リゲル 4・200

フラガマキナ リゲル 4・300

ヴィクトリーコール ポラリス 4・200

 

非IG枠

コスト4

メリータル・ヴァウス リゲル 4・100

ベストパートナー リゲル 2・780

迦陵頻伽&リゲル 1・150

コスト6

ソードリベレイターリゲル 4・50

コスト7

無敗の姫騎士リゲル 4・150

ゴー・ファイト・ウィン!リゲル 2・50

イベント

リゲルとあづみ 連理の絆 4・100

リゲル★クリスマス 4・200

あづみとリゲル 蒼天への誓い 4・50

 

デュナミス合計:29360円

IGOB合計:2390円

メインデッキ合計:5010円

 

デッキ総額:36760円

 

シフトが高いために,デュナミス合計が高くなっていますね.

再録カードが多い為,デュナミスを除けば以前よりもかなり安価で組めそうです.

シフトは無くてもデッキは動くので,汎用シフトと入れ替えるのも有りだと思います.

Z/X Code reunion 1 特製デッキ同梱版が安く入手出来るならば,さらに安くデッキを作れそうです.

 

スポンサーリンク

3. デッキの動かし方

おおまかなデッキの動かし方を説明していきます.

基本的には序盤に手札とチャージを整えて,6リソースから一気に展開します.

3コストバニラが対処出来ない相手ならば序盤から積極的に攻めます.

 

6リソースになったら,リゲルクリスマスやリソースリンク,ブランデッドソード アルダナブなどを駆使して一気に攻めます.

 

IGOBは可能ならどんどん行っていきます.

2種のシフトが強力なので,いつでも使用可能な状態にしておきたいからです.

 

注意点は2点です.

(1)リソースにリゲル以外を置かない.

(2)6リソース時,リソースにバトルドレスが4枚以上ある状態にする.

 

(1)はリゲルクリスマスを最大限活用するためです.

リゲルクリスマスはリソースにあるリゲルの枚数で効果が追加されます.

リソースにリゲルを6枚以上置いた状態でリゲルクリスマスを使用するのが理想です.

 

(2)はブランデッドソード アルダナブの能力使用条件を満たすためです.

ブランデッドソード アルダナブの能力を使えるかどうかで対戦の趨勢が大きく変化します.

イベントが多めのデッキなので注意したいところです.

 

3.1 3リソース時

下記3枚のいずれかをプレイします.

ヴィクトリーコール ポラリスドロー手札バウンスを行えます.

手札が欲しいときはドロー,チャージを与えたくないときはバウンスと使い分けられます.

注意点は能力発動にリソースにバトルドレスが3枚必要なことです.

イベントが多いので,条件を満たせないこともしばしば有るので注意です.

 

オーシャンドレス リゲルは3コストバニラを処理できないデッキに対して有効です.

オーシャンドレス リゲルが残ると次ターンにソードリベレイターリゲルをプレイ出来ます.

 

フラガマキナ リゲルはリゲル名称のチャージが欲しいためプレイします.

 

リゲルとあづみ 連理の絆のリソリン効果には制限がないため,初ターンから能力を使えます.

運よくメリータル・ヴァウス リゲルが初期リソにある場合は積極的に置きましょう.

リゲルとあづみ 連理の絆のリソリン効果で手札を揃えられると後の展開がグッと楽になります.

 

3.2 4リソース時

基本的には3リソース時と同じカードをプレイします.

オーシャンドレス リゲルロイヤルガード リゲルが残った場合はソードリベレイターリゲルをプレイ出来ます.

左の画像がリビルド前で右の画像がリビルド後です.

ソードリベレイターリゲルは手札とデッキにあるとき,スクエアにあるあづみとリゲル名称のゼクスの枚数分コストが減ります.

そのため,4リソースでもプレイ可能になるわけです.

 

4リソースでは対処しづらいサイズですし,ターン終了時にドローも可能です.

なので,このタイミングでソードリベレイターリゲルを出せると優位にゲームを進められます.

 

3.3 5リソース時

デュナミスからハーモナイズソードアルダナブをプレイします.

スクエアにリゲルが残っていれば,ハーモナイズソードアルダナブの能力でソードリベレイターリゲルを登場させます.

ハーモナイズソードアルダナブは5コスト以下のゼクスをスリープで登場させられますから.

 

ソードリベレイターリゲルはスリープ登場ですが,サイズが大きいため破壊されづらいです.

また,破壊されてもチャージが増えるので,次ターンに動きやすくなります.

 

手札にバトルドレスを加える場合はブランデッドソード アルダナブメリータル・ヴァウス リゲルを手札に加えられるのと美味しいです.

 

6リソース時に動きやすくなるように,このカードの能力で手札やスクエアを整えたいです.

 

3.4 6リソース時

ここまでに貯めた手札とチャージを駆使してスクエアに展開していきます.

 

リソース支払いの代表的なパターンは下記の4パターンです.

(1)リゲル★クリスマス+あづみとリゲル 蒼天への誓い+リゲルとあづみ 連理の絆

(2)ブランデッドソード アルダナブ+リゲル★クリスマス+リゲルとあづみ 連理の絆

(3)メリータル・ヴァウス リゲルリンク+あづみとリゲル 蒼天への誓い+リゲルとあづみ 連理の絆

(4)ブランデッドソード アルダナブ+あづみとリゲル 蒼天への誓い

 

IGOB出来る場合は(1),IGOB出来ない場合は(2)のパターンを良く使います.

 

行動例として(1)のパターンを説明します.

リゲル★クリスマスを使用する前に,ディンギルを使いたいなら降臨させます.

ロイヤルガード リゲルがスクエアに残っているならチャージに送って置きたいです.

 

その後,リゲル★クリスマス無敗の姫騎士リゲルをリソースから登場させます.

 

次にあづみとリゲル 蒼天への誓いを使用してIGOBを登場させます.

“蒼天誓装”各務原あづみの能力で手札を整えつつ,スクエアを空けます.

 

無敗の姫騎士リゲルの攻撃で相手のゼクスを破壊し,手札からフィニッシュ・バレット リゲルを登場させます.

この時点であづみ&リゲル名称のゼクスが3枚スクエアにいるため,手札で3コストになっているソードリベレイターリゲルを登場させます.

 

この一連の流れでスクエアには下記のゼクスを登場させられます.

無敗の姫騎士リゲル

“蒼天誓装”各務原あづみ

フィニッシュ・バレット リゲル

ソードリベレイターリゲル

6コストディンギル

この状態でリゲルとあづみ 連理の絆ベストパートナー リゲルを構えて置けば,返しのターンでよほどのことが無い限り負けることはないはずです.

 

3.5 2回目の6リソース or 7リソース以降

基本的には6リソース時と同じように動きます.

前のターンに展開出来ていればチャージは潤沢にあるはずです.

そのため,IGとIGOBでゲームエンドまで持っていきたいです.

 

“蒼天誓装”各務原あづみのゼクスをデッキに戻す能力は自分のゼクスも対象に出来ます.

そのため,イグニッションの当たり方次第では,スクエアを空けて連続攻撃も可能です.

 

また,このタイミングでは2種のシフトが使用可能です.

そのため,状況に応じて上手く使いわけて勝利を掴みましょう.

 

4. デッキの補足

いくつかこのデッキについて補足しておこうと思います.

 

4.1 メインデッキ

4.1.1 ロイヤルガード リゲル

手札入れ替えデッキトップ確定を行います.

イグニッションが確定出来るので,チャージを無駄にしません.

 

また,イグニッションしなくても手札入れ替えは行えます.

よって,どのタイミングでも活躍する便利なカードです.

 

4.1.2 ブランデッドソード アルダナブ

4コスト以下のバトルドレスをデッキから展開することが可能です.

このデッキのキーカードの一つです.

能力を発動出来るのが6リソース以降なので,それまではチャージを貯めて置きたいです.

 

イグニッションでこのカードが登場すれば,7コストディンギルを降臨させることも出来ます.

リゲルを持ってきてディンギルし,IGOB用のチャージ作成にも一役買ってくれます.

 

リゲルが2枚以上スクエアにいると,山札からソードリベレイターリゲルを登場させることも可能です.(デッキでも4コストとして扱われるため.)

 

4.1.3 迦陵頻伽&リゲル

レンジ2で詰めに使ったり,コストを下げることで展開に寄与します.

ブランデッドソード アルダナブで持ってくるのが一番おいしいです.

 

6リソース時の(1)パターンの動きの前に,イグニッションでブランデッドソード アルダナブからこのカードを持ってきたとします.

すると,最後の1リソースでフィニッシュ・バレット リゲルをプレイして,そこからソードリベレイターリゲルを登場させることも可能になります.

 

単純にリゲル★クリスマスからレンジ2で詰め要員として使うだけでも優秀です.

枚数を増やしたいのですが,現状だと枠を空けるのが難しい感じです.

入れたいカードが多くて色々と枚数を絞っている状態ですからね.

 

4.1.4 ゴー・ファイト・ウィン!リゲル

イグニッションでブランデッドソード アルダナブからフィニッシュ・バレット リゲルを引っ張ってきたときに,ディンギル出来なくても大型をPSに置くことが出来ます.

0コストでデッキバウンスを行いつつ,10500を登場出来るのは優秀です.

 

スクエアにあるフィニッシュ・バレット リゲルメリータル・ヴァウス リゲルを手札に戻せるので,手札補充としても使うことが出来ます.

再利用可能な点も含めてブランデッドソード アルダナブとの相性が抜群に良いです.

 

4.2 デュナミスについて

4.2.1 青竜歌姫メルキオール

5リソース時にハーモナイズソードアルダナブで盤面が返せない場合に使用します.

自分のゼクスを移動出来るので,攻撃にも使用することがあります.

 

注意点としては,5コスト以上がデッキに少ないことです.

意識して5コスト以上を2枚手札に残す必要があります.

 

4.2.2 アウェイクン・ブレイド リゲル

基本的には使用することはほとんどなく,趣味で採用しています.

7リソース払うのは現環境だと重すぎですからね.

(青緑にしてアウェイクン・ブレイド リゲルを上手く使いたいです.)

 

相手が緑で,相手の除去でリソースが伸びたときに使用する可能性はあります.

レンジ∞と手札バウンスがあるので,強いカードではありますからね.

こちらも意識して5コスト以上を2枚手札に残す必要があります.

 

4.2.3 Mode<Awaken> Type.XI

長期戦になりそうなときに使うカードです.

基本的には使いませんが,保険のようなものです.

 

こちらも相手が緑でないと登場する余裕はないです.

往復で2ドローと2体デッキバウンス出来るので,PSに置いておければ対処するために,何手か使わせることが出来ます.

こちらも意識して5コスト以上を2枚手札に残す必要があります.

 

4.2.4 億劫なる『沈泥』ラハム

1面手札バウンス&連続攻撃&スクエアのゼクス回収用のカードです.

 

自分のゼクスを戻すことで連続攻撃が可能です.

さらに,重要なゼクスを手札に戻すことで再使用出来るのは大きな利点です.

このデッキだとブランデッドソード アルダナブフィニッシュ・バレット リゲルを手札に戻すことが多いです.

 

青単デッキのディンギルには必ず採用される優秀なディンギルです.

 

4.2.5 エレクトリックアイドル イオ

デッキからキーカードを引く際に使用します.

デッキの上から3番目にカードを戻せるのでイグニッションやブランデッドソード アルダナブで登場させたいゼクスを確定させることも出来ます.

 

迦陵頻伽&リゲルは無色ですが,[バトルドレス]です.

なので,このカードの降臨条件として使用することが出来ます.

 

4.2.6 激流の制神ティアマト

ノーマルスクエアのIGアイコンをデッキトップに戻しつつ,1ドロー出来ます.

盤面処理をしつつ,キーカードを探しに行けます.

 

相手のゼクスだけでなく,自分のゼクスを戻せるのが利点です.

なので,億劫なる『沈泥』ラハムと似たような動きも可能です.

 

チャージ消費が1枚なので,IGOBに繋げやすいのも嬉しいです.

 

4.2.7 教唆の『命慟』ティアマト

相手ゼクス2面手札バウンス&3ドロー&2枚山札へ戻すことが出来ます.

展開するためのスクエアが空いていない場合に使用します.

 

3ドロー出来るので,キーカードを探しやすいです.

ただし,チャージ消費が2枚なのでIGOBに繋げにくいのは難点です.

 

4.3 シフトについて

4.3.1 【運命剣臨】蒼星姫リゲル

PSのゼクスに絶界とレンジ2を付与するため,相手PSへの攻撃回数を増やせます.

さらに,自分のゼクス全てにダメージを与えたゼクスを手札に戻す能力を付与します.

そのため,小型ゼクスでも大型ゼクスをスクエアから排除することが可能です.

 

しかも,手札に戻すため相手にチャージを与えません.

そのため,IGやIGOBが満足に出来ず,次ターンの相手の反撃が弱くなります.

 

基本的には【運命剣臨】蒼星姫リゲルにシフトすることが多いです.

 

4.3.2 【運命剣臨】天縫星バルビエル

【運命剣臨】天縫星バルビエルは絶界が複数展開している場合に使用します.

このデッキに採用している除去は対象を選ぶものしかないです.

そのため,複数の絶界持ちゼクスが並ぶと対処しづらいからです.

 

他には展開したい場合にも使用します.

シフト時に山札の上5枚から3コスト以下のゼクスを1枚登場させられます.

エレクトリックアイドル イオフィニッシュ・バレット リゲルを山札の上に戻しておくことで,さらに手札からも展開することが可能になります.

IGOBの能力で空けたスクエアにそれらを登場させたいですね.

 

5. おわりに

再録される前のリゲルデッキは高額だったのでなかなか人に勧められませんでした.

しかし,IGOBなどのパーツが再録でかなり安くなりました.

そのため,あづみ&リゲルを使いたい人にはおすすめです.

 

専用シフトは高額なので,とりあえず汎用シフトでもいいと思います.

専用シフトがなくても,基本の動きには影響がありませんから.

この機会にあづみ&リゲルデッキを是非使ってみて下さい.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント