ゼクス30弾新カード紹介「キュートなアテンダント ミーリィ」他3枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2019年10月24日にZ/X30弾「運命の交わる刻(アルカナ・ディスティニー)」が発売されます.

今弾はゼクスにも使える新しいタイプのシフトとゼクステンド・ドライブの追加が目玉ですね.

 

今回はエンジェルプラセクトの新カードを紹介していきます.

 

スポンサーリンク

2. キュートなアテンダント ミーリィ

4コスト以下のエンジェルを登場させる効果&全体パワーマイナス効果持ちのミーリィです.

パラダイス・ブライド ミーリィと異なり,リブートで登場させられる点が魅力です.

 

一つ目の効果について

このカードが登場したとき,チャージから4コスト以下のエンジェルを1枚まで選び,リブートでノーマルスクエアに登場させます.

 

登場するだけでゼクスを展開出来るため使いやすいですね.

私がこの効果で登場させたいゼクスの候補は下記の6枚ですね.

終末の四大天使 神曲のサンダルフォンは手札,スクエア,チャージを除外出来るため強力です.

繰り返し登場させることで相手の行動を大きく制限出来ます.

 

天使なアイドル プリュイはディンギルLvを上げつつ,手札を増やしてチャージも調整出来ます.

ミーリィデッキはディンギルLv3欲しいので,Lvアップに貢献してくれます.

 

トロピカルバカンス ミーリィはディンギルLvを上げつつ,手札かチャージを増やします.

恋の応援モテッツと同じ効果なので,その便利さは説明不要ですね.

こちらもディンギルLvアップに貢献してくれるので,優先度は高めです.

 

プリティー・ヒロイン ミーリィはミーリィ名称のキーカードを探しに行けます.

チャージ上限が増えるため,チャージに残しておきやすい点も魅力です.

 

懲罰の天使ナカザニエはチャージから7コスト以下のエンジェルを登場させます.

キュートなアテンダント ミーリィも登場させられるため,スクエアにどんどんエンジェルを展開していけます.

可愛いミーリィから登場させられる点も優れています.

 

十輝聖 素晴らしきリウィアは手札かチャージの質を上げてくれます.

ガーディアンのディンギルが収録されたため,ディンギル型でもパワーマイナス効果を無理なく使えるようになりました.

 

二つ目の効果について

このカードがカードの能力で登場したとき,現在スクエアにあるすべての相手のゼクスのパワーを-2000します.

 

相手PSも含めたスクエア全体パワーマイナス効果は使いやすいです.

このカードが攻撃でパワー11000まで倒せるようになります.

さらに,下記2種と組み合わせれば,より多くのゼクスに対処出来るようになります.

吹き抜ける『高潔』スドと併用すればノーマルスクエア全体に-6000を飛ばせます.

【恩讐刃神】始極焉ギルガメシュと併用すれば相手PSのパワー5000以下を解かせます.

白は全体除去が無いので,これらの組み合わせで盤面処理しやすいのは大きな利点です.

 

スポンサーリンク

3. 10月のスーヤー

12ヶ月エンジェルシリーズ?の10月担当エンジェルが収録されました.

ちなみにこのシリーズは現状だとこのカードを含めて8枚が収録されています.

9弾からスタートしたシリーズなのですが,30弾でようやく2/3が揃いました.

残りは3,4,5,11月の4枚です.

全ての月が揃うにはまだ結構かかりそうな感じですね.

 

効果について

このカードの登場時に自分のチャージのゼクス1枚と手札1枚を入れ替えられます.

 

条件がなく登場するだけでチャージと手札を入れ替えられるため,非常に使いやすいです.

白だとチャージからの登場が多いため,有効に使える場面が多そうです.

アイコンにチャージ入れ替えカードを採用出来るので,白をタッチで入れたIGOBのデッキに採用するのも良さそうです.

 

4. 双斧断滅斬マンティスバーグ

プラセクト専用の7コストディンギルが収録されました.

クレプス&蜂兵女王ヴェスパローゼから作れるディンギルが追加されたのは嬉しいです.

マンティスバーグは15弾初収録以来なので,かなり久しぶりの収録です.

 

効果について

このカードの登場時,チャージを3枚トラッシュに置くことで自分のリソースからコスト制限なくプラセクトを1枚リブートでノーマルスクエアに登場させます.

ターン終了時にそのゼクスをリソースにスリープで置きます.

 

ターン終了時にいなくなってしまうとはいえ,コスト制限なくリソースからプラセクトを登場させられるのは強そうですね.

ヴェスパローゼデッキ,紅姫プラセクトデッキのどちらでも活躍しそうな気がします.

特に紅姫プラセクトはワンショットしやすいデッキなので,ターン終了時にいなくなるデメリットもあまり気にならないですね.

 

5. 棘団子マロンピルバグ

3コストIGアイコン持ちのプラセクトが収録されました.

ヴェスパローゼときさらはプラセクトサイドに居場所が無くなってしまいそうですね….

 

効果について

自分のリソースが9枚以上ある状態でこのカードが破壊されたとき,ノーマルスクエアにある5コスト以上のゼクスを1枚選び,リソースにスリープで置きます.

 

破壊されるだけでリソースへの除去が使えるため,攻防どちらでも活躍しそうな効果です.

このカードをディンギルの条件に使用することでリソースへの除去が使えます.

対象が5コスト以上のゼクスなため,自分のゼクスを戻して連続攻撃も可能です.

 

相手ターンであれば,相手は大型ゼクスを除去されやすくなるため,攻撃順番やゼクスの登場順番に気を付けなければならなくなります.

ライフから登場した場合は破壊すると相手の盤面に穴を開けられるため,攻撃が止まりやすくなりますし,返しのターンで反撃しやすくなりますね.

 

6. おわりに

キュートなアテンダント ミーリィは使いやすい展開札かつ全体除去としても使えます.

IGOBやシフトで複数回登場させることで,一気に展開出来ます.

 

10月のスーヤーは便利なチャージ入れ替えカードです.

このカードを採用出来るなら,IGOB用のチャージ入れ替えカードをメインデッキに入れなくても良さそうです.

 

双斧断滅斬マンティスバーグは待望のプラセクト専用ディンギルです.

チャージ消費は重いですが,コスト制限無くプラセクトを登場させられるのは強力です.

 

棘団子マロンピルバグはその容姿と同様に迂闊に触れてはならないカードです.

破壊以外で処理出来ないデッキだと行動を大きく狂わされそうです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント