赤単オリハルコンティラノデッキ(轟砲誓装型)ver.F40

Z/Xデッキレシピ
スポンサーリンク

1. はじめに

2020年5月21日にイデアライズエンジョイセット世羅が公開&配布されました.

なので,オリハルコンティラノデッキをイデアライズ仕様に組み直してみました.

今まではリソリンを使っていたのですが,今回はリソリン無しで構築してみました.

 

スポンサーリンク

2. デッキレシピ

まずデッキレシピを紹介します.

※1 カード名の後ろの数字は採用枚数1枚の値段となっています.

※2 カードの値段は記事作成時の遊々亭様の値段を参照させていただきました.

※3 イデアライズエンジョイセットのカードはフリーカードなので値段は記載しません.

 

プレイヤー

倉敷世羅 1・100

 

デュミナス

滅天竜ラストゼオレム 2・200

貫神岩跳スピネルペンギン 1・100

厳門の『苛烈』イガリマ 1・500

狡猾な炎の神ロキ・レーヴァテイン 1・100

闊歩する破壊神ジンカイトハーミット 1・50

憩いの川遊び くるみ 1・50

【大罪剣臨】強欲妹マンモン 1・1280

【剣誓『戦車』】世羅 2・5980

銀河のイデア オリハルコンティラノ 1

混迷のイデア クレプス 1・300

 

オーバーブースト

“轟砲誓装”倉敷世羅上 3

“轟砲誓装”倉敷世羅下 1

 

スタートカード

蹂躙撃進オリハルコンティラノ 1・20

 

IG枠

波間の白磁パールドルフィン ←LR 4・200

爪牙尾撃オリハルコンティラノ ←VB 4・150

真紅の成敗剣カーディナルブレード 4・100

極刃轟撃オリハルコンティラノ 4・400

紅蓮焔竜オリハルコンティラノ 4・100

 

非IG枠

コスト3

新生晶牙オリハルコンティラノ 4・780

誓いの轟砲オリハルコンティラノ 4

コスト4

女神の愛鳥ゴールドピーコク 3・20

コスト5

Here We Go!オリハルコンティラノ 4・150

はなまる画伯オリハルコンティラノ 4・150

コスト7

巨震咆号オリハルコンティラノ 3・150

コスト8

セーラ“火焔転身”オリハルコンティラノ 3・50

イベント

開け、銀河の門 1

ケ・セラ・セラ 3・500

 

デュナミス合計:14740円

IGOB合計:0円

メインデッキ合計:10400円

デッキ総額:25140円

 

デュナミスだと【剣誓『戦車』】世羅の値段の高さが目立ちますね.

オリハルコンティラノデッキには必須で枚数も欲しいため,需要が高いからでしょうね.

 

メインデッキだとエクストラパック収録の下記3種が高めですね.

・極刃轟撃オリハルコンティラノ

・新生晶牙オリハルコンティラノ

・ケ・セラ・セラ

エクストラパックは流通数が少なめですし,いずれも必須クラスのカードだからですね.

 

スポンサーリンク

3. デッキの動かし方

5リソースで相手のライフを取り始め,6か7リソース時の決着を目指します.

今回のメインアタッカーはオーバーブーストではなく,イデアライズと大型ティラノです.

大型ティラノのリブート効果で攻撃的に相手PSを攻めます.

 

Here We Go!オリハルコンティラノとVBの登場効果で頭数を揃えやすいです.

そのため,1ターンの攻撃回数はかなりのものです.

 

最良の動きをするためにはIGOBしたターンにイデアライズを登場させたいです.

そのため,後攻の場合は毎ターン欠かさずドリーム・キーを入手します.

(先行の場合は1ターン分ドリーム・キーを入手出来なくてもOKです.)

 

上手く回すためには手札の管理にも注意が必要です.

このデッキは手札を切ってからドローする効果が多いです.

そのため,手札の少ない状況だと手札の質を維持しにくいのが難しいところです.

 

3.1 1ターン目(3リソース時)

下記3種のカードのいずれかをプレイします.

極刃轟撃オリハルコンティラノはトラッシュと手札を増やせるので優秀です.

トラッシュを増やしておくとHere We Go!オリハルコンティラノの効果が安定します.

 

真紅の成敗剣カーディナルブレードはドリーム・キーを入手しつつ手札が増えるので◎.

先行で相手のスタートカードを割りたくないときはこちらが優先ですね.

 

紅蓮焔竜オリハルコンティラノはオリハルコンティラノ名称なので採用しています.

終盤に手札が悪くてもIGから登場してリブート効果で強引に押し切ることも可能です.

攻撃するたびにパワーが+1000されるので,リブートすれば大型を倒しやすくなります.

 

3.2 2ターン目(4リソース時)

女神の愛鳥ゴールドピーコクをプレイします.

ドリーム・キーを入手しつつ,手札を増やせるので使いやすいカードです.

ギガンティックなので,貫神岩跳スピネルペンギンで登場させられるのも◎.

 

先行だと1ターン目に手札を増やせていない場合,手札を総入れ替えする点に注意です.

誓いの轟砲オリハルコンティラノケ・セラ・セラを流すことも覚悟の上で使用します.

 

女神の愛鳥ゴールドピーコクがないときは,1ターン目と同じ動きをします.

 

3.3 3ターン目(5リソース時)

貫神岩跳スピネルペンギンをデュナミスからプレイします.

登場時にHere We Go!オリハルコンティラノをトラッシュに置きたいです.

するとIGがヒットしていなくても3面展開出来るため,このターンで2点取りやすくなります.

 

貫神岩跳スピネルペンギンの効果で登場させるギガンティックの候補は下記3種です.

はなまる画伯オリハルコンティラノは登場時にトラッシュからオリハルコンティラノ名称のカードを1枚回収出来ます.

そのため,次ターン以降の動きが安定しやすくなります.

 

次ターンのために回収したいオリハルコンティラノの候補は下記4種です.

新生晶牙オリハルコンティラノと効果で登場させるティラノはセットで持っておきたいです.

 

はなまる画伯オリハルコンティラノを登場させた場合はオーバーシフトもしておきたいです.

次ターン以降の手札消費が激しいため,基本的にはドロー最優先です.

 

3.4 4ターン目(6リソース時)

IGOB出来ない場合IGOB出来る場合の2パターンの動きが想定されます.

基本的にはこのターンでの決着を目指したいです.

 

3.4.1 IGOB出来ない場合

新生晶牙オリハルコンティラノの効果で2種の大型ティラノを登場させて相手PSを攻めます.

セーラ“火焔転身”オリハルコンティラノは手札の赤のカードを2枚捨てるとリブートします.

しかも,ターン終了時まで対戦相手は起動能力をプレイ出来なくなります.

そのため,相手の厄介なコントロールゼクスの影響を受けずに攻撃出来ます.

さらに,世羅をスリープすることでNSの相手のゼクス1枚を破壊出来るのも便利です.

 

巨震咆号オリハルコンティラノは相手のゼクスをカードの能力によるダメージで破壊するとリブートします.

そのため,【剣誓『戦車』】世羅との組み合わせが非常に強力です.

攻撃時に5000ダメージを与えられるため,相手のパワー5000以下のゼクスの枚数分リブート出来るからです.

相手が小型ゼクスを展開していればいるほど,強力な反撃が可能となります.

ケ・セラ・セラがあれば,ティラノをリブートしてさらに攻撃回数を稼げます.

 

3.4.2 IGOB出来る場合

オーバーブーストしてドリーム・キーを入手してイデアライズ出来る状態にします.

まず,“轟砲誓装”倉敷世羅で相手PSの隣接スクエアを1面空けます.

その後,銀河のイデア オリハルコンティラノを空けたスクエアに登場させます.

銀河のイデア オリハルコンティラノの効果で相手PS回りが剥げるので攻撃態勢が整います.

 

【剣誓『戦車』】世羅にオーバーシフトして攻撃時のドローで下記2種を探します.

爪牙尾撃オリハルコンティラノは手札からコスト無しに登場出来ます.

さらにケ・セラ・セラが使えれば,このターンだけで5回相手PSを攻撃することも可能です.

 

4. デッキの補足

この項目ではデッキに採用しているカードについて補足します.

 

4.1 メインデッキについて

4.1.1 蹂躙撃進オリハルコンティラノ

新しい誓いはゼクスなので,この効果で探しに行けるようになったのは非常に有難いです.

パワー+2000のおかげでコストが上の相手ゼクスを破壊しやすいのも良い点です.

ただ,オリハルコンティラノしかコストに出来ないので,どれを切るか悩むことも多いです.

 

4.1.2 波間の白磁パールドルフィン

登場時に手札を1枚切るだけで,相手ゼクス1枚に9000ダメージを与えられます.

一時的に手札が減るものの,IGで盤面を空けられるため攻撃に専念しやすくなります.

ターン終了時に1ドローするのを忘れないように注意です.

(私は良く忘れそうになりますので….)

 

リソースにギガンティックが4枚必要なので,最速での効果発動はやや厳しいです.

ですが,相手PSを攻める6リソース時には問題なく使えます.

 

4.2 デュナミスについて

4.2.1 滅天竜ラストゼオレム

真紅の成敗剣カーディナルブレードで表にするためだけに採用しています.

本当は後1枚くらい増やしたいところですが,枠の都合がつかないので2枚になっています.

 

4.2.2 厳門の『苛烈』イガリマ

主に新生晶牙オリハルコンティラノを登場させるために使用します.

IGで登場したゼクスだけで降臨させられるとケ・セラ・セラのコストを残しやすくて◎.

状況によっては波間の白磁パールドルフィンを投げて盤面を空ける目的に使うのもOK.

 

4.2.3 狡猾な炎の神ロキ・レーヴァテイン

キーカードを探すなどの手札補充目的で使用します.

便利ですが,私がこのデッキを使ってみた感じだとあまり登場する機会はありませんでした.

 

4.2.4 闊歩する破壊神ジンカイトハーミット

チャージ2枚消費でNSの相手ゼクス1枚を除外します.

さらに,好きな枚数手札を捨てて,ターン終了時に捨てた分ドロー出来ます.

邪魔なゼクスを排除しつつ,次のターンに繋ぐときに使用します.

Here We Go!オリハルコンティラノの能力を誘発出来るのも良い点です.

 

注意点は降臨条件がギガンティック2枚なことです.

真紅の成敗剣カーディナルブレードを降臨条件に使えないのはそれなりに気になります.

除去目的だけならば輝ける『僥倖』イナンナに入れ替えるのも有りだと思います.

輝ける『僥倖』イナンナは自分のゼクスも除外出来るため,連続攻撃しやすいですしね.

 

4.2.5 憩いの川遊び くるみ

登場時にNS全体5000バーンが使えるため,非常に使いやすいディンギルです.

相手PSにラッシュをかけて討ち漏らしてしまった次のターンで役立つことが多いです.

私の好みによるところも大きいですが,赤単ならば必ず1枚挿しておきたいです.

全体バーンが使えるか否かでだいぶ安心感が違いますので.

 

4.2.6 【大罪剣臨】強欲妹マンモン

自分のゼクス2枚を破壊するたびに,オーバーブーストをリブートするので強力なシフトです.

相手PSの隣接スクエアにあるゼクスを破壊することで連続攻撃しやすくなるのも利点です.

爪牙尾撃オリハルコンティラノをノーコストで登場させられるのでリブートしやすいです.

 

このカードがリブートだと相手は起動能力をプレイ出来ないのも強力です.

そのため,攻撃したら攻撃が通る前に2つ目の効果を使ってリブートしておきたいです.

万が一シフトしたターンで仕留めきれなくても,リブートしておくことで相手ターンの起動能力封印で攻勢を削ぎやすいです.

特にIGOBイベントを使うデッキはかなり厳しいはずです.

 

4.2.7 混迷のイデア クレプス

プレイヤーが大和ではないため効果は使えませんが,登場させることは可能です.

銀河のイデア オリハルコンティラノを使った後の余ったドリーム・キーを活用出来ます.

 

リソースも手札も使わないので,楽に攻撃回数を稼げます.

【大罪剣臨】強欲妹マンモンのコストに使いやすいのも良い点です.

 

5. おわりに

“爛漫誓装”倉敷世羅のときよりも安定してライフを取りやすくなりました.

オーバーブーストとイデアライズのどちらも盤面処理出来るのが大きいと思います.

割と使いやすいデッキになっていますので,試しに使っていただければ幸いです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント