アンリミテッドブースト対応!青単リゲルデッキ(星姫誓装型)ver.B38

Z/Xデッキレシピ
スポンサーリンク

1. はじめに

今回は38弾発売以降に私が使っている青単リゲルデッキを紹介します.

アンリミテッドブーストが追加されたおかげで攻防ともに動きの幅は結構増えました.

その反面,手札に欲しいカードが増えすぎて手札の取捨選択は難しくなった感じです.

 

スポンサーリンク

2. デッキレシピ

まずデッキレシピを紹介します.

※1 カード名の後ろの数字は採用枚数1枚の値段となっています.

※2 カードの値段は記事作成時の遊々亭さんの値段を参照させていただきました.

 

プレイヤー

各務原あづみ 1・50

 

トークン(ゼクス)

蒼き無限誓装 各務原あづみ 2・5980

 

デュナミス

億劫なる『沈泥』ラハム 1・150

【運命剣臨】蒼星姫リゲル 1・1480

【運命剣臨】天縫星バルビエル 1・1280

【剣誓『恋人』】あづみ 2・1980

【鍵誓『恋人』】あづみ 1・1280

【紅刃天臨】リゲル 1・1480

約束のイデア リゲル 1・150

混迷のイデア クレプス 1・680

エンゲージ・ソードスナイパー 2・200

打ち砕け、その喪失 2・680

“星姫誓装”各務原あづみ上 3・200

(“星姫誓装”各務原あづみ下 1・100)

 

スタートカード

青の監視者リゲル 1・20

 

IG

アルタースナイパー リゲル ←LR 4・150

フィニッシュ・バレット リゲル ←VB 4・50

スプリングピクニック リゲル 4・20

蒼天の守護者 リゲル 4・200

戦いに臨むリゲル 4・50

 

非IG枠

コスト4

誓いの星姫リゲル 4・50

超越者【双星】リゲル 4・1480

ハイメガ・ウェポン リゲル 2・50

ベストパートナー リゲル 2・150

蒼き解放 リゲル 4・2980

コスト6

ソードリベレイターリゲル 4・50

友情を守る銃口リゲル 4・400

イベント

開け、約束の門 1・20

リゲル★クリスマス 4・50

 

トークン(ゼクス)合計:11960円

デュナミス合計:12220円

オーバーブースト合計:700

メインデッキ合計:22410

デッキ総額:47290円 

 

キャラクターデッキ 各務原あづみが発売された影響で全体的に大幅に安くなりました.

流通量が増えたので,以前に比べると驚くくらい非常に組みやすくなりました.

 

スポンサーリンク

3. デッキの動かし方

必要なカードが多いので,序盤は手札の充実とチャージの確保に努めます.

攻め始めるのは6リソースからなので,そこまでは手札を温存して相手の攻勢を捌きます.

ただし,準備が整った場合は5リソース時から攻勢に転じることもあります.

6リソースになったら“星姫誓装”各務原あづみリゲル★クリスマスアルタースナイパー リゲルなどを駆使して一気に攻めます.

そして2回目のIGOB後に約束のイデアリゲルを登場させて勝利するのが理想です.

 

3.1 1ターン目(3リソース時)

下記4枚のいずれかをプレイします.

リゲルデッキは38弾仕様になってから今まで以上に手札に欲しいカードが多いです.

そのため,手札を増やせる戦いに臨むリゲルスプリングピクニック リゲルをプレイします.

手札を入れ替えたくない時は前者,手札を入れ替えたい時は後者を優先してプレイします.

アルタースナイパー リゲルも手札を増やせますが,後のターンの方が活躍出来ます.

そのため,上記2枚が無い状況以外では極力温存したいです.

 

蒼天の守護者 リゲルは相手の3コスト以下を1枚デッキバウンス出来ます.

そのため,相手の手札とチャージを増やさずに時間を稼げる点で非常に優れています.

自ターンと相手ターン終了時に手札入れ替えが出来るのも優秀です.

相手ターン終了時まで生存することは少ないですが,機会はあるので覚えておきたいです.

 

3.2 2ターン目(4リソース時)

基本的には3リソース時と同じように動きます.

2枚しか採用出来ませんでしたが,ハイメガ・ウェポン リゲルがあればプレイしたいです.

必ず相手の4コストを倒す必要がある状況以外では他の4コストのリゲルは温存したいです.

相手が3リソース時に動かず,3リソース時に登場させたリゲルが残っているならば4コストになったソードリベレイターリゲルをプレイします.

3コストバニラ不採用なので以前程は出来ないですが,選択肢として覚えておきたいです.

 

3.3 3ターン目(5リソース時)

このタイミングだと3パターンの動きが想定出来ます.

 

3.3.1 ソードリベレイターリゲルをプレイ

ソードリベレイターリゲルをプレイします.

スタートカードが残っていれば良いため,5コストでプレイするのは容易です.

まだ攻める余裕がなく,防御に徹する必要も無い時に使う手ですね.

 

3.3.2 攻める場合

超越者【双星】リゲル蒼き解放 リゲルが手札にある場合はIGを行い攻勢に出ます.

超越者【双星】リゲルがスクエアにあれば蒼き解放 リゲルを1コストでプレイ出来ます.

そのため,5リソースでパワー6000とパワー10500を登場させられます.

IGが当たっていればそれで相手PSを割れるので,2点取れる可能性が生まれます.

蒼き無限誓装 各務原あづみはターン終了時にいなくなりますが,ライフを取れるならOKです.

 

後攻でアルターブレイク出来る状態なら,さらに良い動きが出来ます.

超越者【双星】リゲルのレンジ∞もありますし,蒼き無限誓装 各務原あづみも残りますから.

残った1リソースで蒼き無限誓装 各務原あづみを相手ターンに登場させることも出来ます.

 

3.3.3 守る場合

PSにアルタースナイパー リゲルを登場させて,残り2コストで迎撃します.

上記4枚を使って相手ターンに行える迎撃パターンは下記5パターンです.

(1)打ち砕け、その喪失[1コスト]+蒼き解放 リゲル[1コスト]

(2)打ち砕け、その喪失[1コスト]+エンゲージ・ソードスナイパー[1コスト]

(3)エンゲージ・ソードスナイパー[2コスト]

(4)エンゲージ・ソードスナイパー[0コスト]+エンゲージ・ソードスナイパー[2コスト]

(5)リゲル★クリスマス[2コスト]

 

迎撃パターンが5つあるので,手札や相手の状況に応じて使い分けて攻撃を捌きましょう.

(4)はまず使いませんが,手札の質が悪くて小型でガンガン殴られる時は選択肢に入ります.

リゲル★クリスマスは温存したいですが,手札状況によっては使ってしまいましょう.

 

3.4 4ターン目(6リソース時)

ここまでに貯めた手札とチャージを駆使して一気に攻勢をかけます.

リゲル★クリスマスでリソースが減るため,ディンギルやアルタースナイパー リゲルをプレイする際には順番に注意です.

 

3.4.1 IGOBしない場合

リゲル★クリスマスとアルターブレイクセットを攻撃の起点にして攻めます.

アルタースナイパー リゲルを後ろに登場させつつ,能力で相手PS横にリゲルを登場させます.

次にリゲル★クリスマス友情を守る銃口リゲルをレンジ2が有効な位置に登場させます.

友情を守る銃口リゲルは攻撃時にデッキ上5枚から5コスト以下のゼクスを登場させます.

さらに,【剣誓『恋人』】あづみでレンジ2を付与出来ます.

残った1コストで蒼き無限誓装 各務原あづみを登場させて相手PSをさらに攻撃出来ます.

そのため,この時点で超越者【双星】リゲルのレンジ∞込みで相手PSを5回攻撃出来ます.

イグニッションの当たりが良ければ超越者【双星】リゲルで自分のゼクスをバウンスすることでさらに攻撃回数を稼げます.

したがって,相手のライフ次第ではこのタイミングで勝利することも十分可能です.

ここで削り切れなくともライフを1まで削れれば,次ターンに約束のイデア リゲルで決着です.

 

3.4.2 IGOBする場合

“星姫誓装”各務原あづみリゲル★クリスマスで攻めます.

“星姫誓装”各務原あづみは最大2面バウンス出来るため,スクエアを空けやすいです.

また,この能力では相手のチャージのスタートカードや厄介なカードもバウンス出来ます.

そのため,極力スクエアのバウンスは1面に留めてチャージ除去を優先したいです.

 

リゲル★クリスマスからは先ほどと同様に友情を守る銃口リゲルを登場させます.

友情を守る銃口リゲルはPSに置いて全体パンプ効果がなるべく長く使えるようにします.

友情を守る銃口リゲルの効果でデッキからフィニッシュ・バレット リゲルを登場させたいです.

すると手札からアルタースナイパー リゲルソードリベレイターリゲルを登場させられます.

アルタースナイパー リゲルの効果は使えませんが,ブレイクによるレンジで手数を稼げます.

そのため,一気にゼクスを展開出来て攻め手を確保し易くなります.

 

この時点でブレイクするのがベストですが,ブレイク出来なくても超越者【双星】リゲルさえ登場出来れば蒼き解放 リゲルを1コストでプレイ出来ます.

そのため,この時点で余りやすい1コストを攻撃に回せます.

 

3.5 2回目の6リソース or 7リソース以降

基本的には6リソース時と同じように動きます.

このタイミングでようやくドリーム・キーが6個になります.

ここで切り札の約束のイデア リゲルを登場させてゲームエンドに持っていきます.

約束のイデア リゲルがいる場合,“星姫誓装”各務原あづみはレンジ2を得ます.

なので,相手のPSを6回程度攻撃することが可能となります.

(隣接スクエア3回,シフトレンジ1回,オーバーブースト1回,約束のイデア リゲル効果1回)

相手のライフ次第ではこのターンだけでライフ4点を削って決着することも十分可能です.

 

スポンサーリンク

4. デッキの補足

このデッキに採用しているカードについて補足します.

 

4.1 メインデッキ

4.1.1 青の監視者リゲル

手札入れ替えでデッキの回りが良くなり,バウンスでテンポを取れるので優秀です.

8面埋められた時の面空けやトラッシュに落ちた友情を守る銃口リゲルを山札に戻せるのも◎.

そのため,チャージに干渉しにくいデッキは序盤に青の監視者リゲルを破壊して攻めてこないので早期に負けにくいのも利点です.

 

4.1.2 ハイメガ・ウェポン リゲル

蒼き解放 リゲルの追加に伴いアルターブレイクセットは極力温存したいです.

なので,序盤に使用しても問題ない手札を増やせる4コストパワー6000として採用しました.

基本的に4リソース時しか出番はありませんが,先攻の時はかなり助かります.

私としては4枚採用したいところですが,枠の都合で2枚が限界でした.

ハイメガ・ウェポン リゲルを採用しないなら迦陵頻伽&リゲルを採用したいですね.

フィニッシュ・バレット リゲル友情を守る銃口リゲルからレンジ2を登場させられるとライフを削り切りやすくなりますから.

 

4.1.3 ベストパートナーリゲル

最近はさらにゲームスピードが速くなっているのでライフのダメージ軽減効果は助かります.

使用条件を満たせるのはこのデッキだと“星姫誓装”各務原あづみだけです.

ですが,1点軽減出来るか否かが勝敗を分ける場面を何度も経験しています.

そのため,使用機会は限られるものの,勝敗に関わるので2枚だけ採用しています.

蒼き無限誓装 各務原あづみで使用条件を満たせれば良かったのですが,駄目でしたね….

 

4.2 デュナミスについて

4.2.1 億劫なる『沈泥』ラハム

1面手札バウンス&連続攻撃&スクエアのゼクス回収用の6コストディンギルです.

デュナミスの枠が厳しい&ブレイクとプレイ枠が被るの一度ディンギルは不採用にしました.

ですが,必ずブレイク出来るわけではないですし,ディンギルしたいことも多々ありました.

なので,6コストディンギルは1枚だけ採用することにしました.

エレクトリックアイドル イオと悩みましたが,今回はラハムにしました.

リゲルデッキの場合,ドローは多いのでバウンスを優先したいと考えたからです.

 

4.2.2 【運命剣臨】蒼星姫リゲル

PSのゼクスに絶界とレンジ2を付与するため,相手PSへの攻撃回数を増やせます.

さらに,自分のゼクス全てにダメージを与えたゼクスを手札に戻す能力を付与します.

そのため,小型ゼクスでも大型ゼクスをスクエアから排除することが可能です.

高パワーの緑デッキやパワーマイナスがある白相手だとかなり重宝します.

起動能力持ちのゼクスをPSに置くデッキに対してもかなり助かりますね.

 

4.2.3 【運命剣臨】天縫星バルビエル

【運命剣臨】天縫星バルビエルは絶界持ちや大型が複数展開している場合に使用します.

破壊したゼクスの隣接スクエア(プレイヤースクエア含む)の相手ゼクスを除外出来ます.

破壊によって誘発する能力を使用不能にするため,単なる盤面処理以上の効果を期待出来ます.

破壊ではなく除外出来るため,トラッシュからの蘇生が多い黒相手にも重宝します.

 

“星姫誓装”各務原あづみの効果を使った後にこのカードで攻撃すれば,最大で6面剥がせます.

そのため,盤面を固められた不利な状況から逆転の一手を打つ際に使用出来ます.

 

他にはゼクスを展開して攻め手を確保したい場合にも使用します.

シフト時に山札の上5枚から3コスト以下のゼクスを1枚登場させられます.

フィニッシュ・バレット リゲルがデッキ上5枚以内にあれば追加で1体登場させられますから.

“星姫誓装”各務原あづみのバウンスで空けたスクエアにそれらを登場させたいですね.

 

4.2.4 【鍵誓『恋人』】あづみ

手札を増やせて,ドリーム・キーも入手出来るためかなり便利です.

手札に欲しいカードが増えた影響で収録当時よりも使用頻度は大幅に増しました.

混迷のイデア クレプスを使う時にはドリーム・キー追加入手が非常に助かります.

 

4.2.5 【紅刃天臨】リゲル

不確定ですが,アルターブレイクセットを揃えやすいのでかなり有用です.

後攻の時は4&5リソと2回使えますし,6リソで使っても良いので2枚採用したいです.

ですが,枠の関係で泣く泣く1枚採用にしています.

2枚にするとしたら億劫なる『沈泥』ラハムの枠か混迷のイデア クレプスの枠ですかね….

 

PSにシフトした場合は破壊されずに残り続けることもあったので気を付けたいです.

そういった場合のために自壊手段として6コストディンギルが欲しかったわけです.

 

4.2.6 約束のイデア リゲル

このデッキのフィニッシャーです.

“星姫誓装”各務原あづみはレンジを持たないため,レンジ2付与はかなり重要です.

相手のライフが1ならば,3つ目の効果で確実にゲームエンドに出来るのは非常に強力です.

そのため,約束のイデア リゲルが登場するまでに極力相手のライフを1にしたいです.

 

常在能力で相手のイベントのプレイを封じられます.

VBが怖いものの,イデアドライブを回避する手段としても使えるのは優秀です.

イデアドライブを考慮すると1点足りない,そんな時に使えるので覚えておきたいです.

 

4.2.7 混迷のイデア クレプス

キー3個消費で6コストパワー9000を立てられるのはやはり優秀です.

【鍵誓『恋人』】あづみを使えば,同じゲーム中に約束のイデア リゲルも十分使えます.

ですが,ブレイクとプレイ枠が被る影響で以前に比べると使用頻度は落ちてきましたね.

 

4.2.8 エンゲージ・ソードスナイパー

小型でガンガン攻撃してくるデッキには有用なので,2枚採用にしています.

下段の効果も使いたいので,4リソース時に空打ちすることもしばしばあります.

下段の効果は相手だけでなく自分のゼクスも戻せるので連続攻撃にも使えますから.

 

4.2.9 打ち砕け、その喪失

38弾以前は2枚使うことは少なかったので1枚あれば十分でした.

ですが,アルターシフトが収録されたおかげで2枚使う機会は非常に増えました.

状況によっては3回目のブレイクも可能だったので,3枚採用も考慮出来るかもしれません.

その場合は,何を諦めるかでかなり頭を悩ませそうですが….

 

4.2.10 蒼き無限誓装 各務原あづみ

早い段階でパワー10500をPSに登場出来るので,押し切られて負ける展開は減りました.

ドローも助かりますし,コスト3以下3面バウンスもなかなか良かったです.

IGで攻められている盤面を返しやすくなりましたから.

ですが,NSに相手の3コスト以下が3体いる状況はそんなに多くありませんでした.

なので,2面バウンスにしてバウンス対象のコストを上げて欲しかった感じです.

 

2枚採用にしているのは2枚使用する頻度が割と多いからです.

自ターンに登場させた返しのターンにも登場させて妨害する機会はありますから.

1枚でも十分遊べますが,万全を期すならば2枚欲しいですね.

3枚使いたくなることは今まで一度もなかったので,2枚あれば十分です.

 

5. おわりに

アンリミテッドブーストの追加で色々な場面で選択肢が増えたのは楽しいですね.

その反面,手札に揃えたいカードが多くなったので動かすのはやや難しくなった感じです.

そろそろリゲルにもトラッシュからの回収手段が欲しいと思ってしまうくらいです.

この記事がリゲルデッキを組む人の参考になれば幸いです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント