ニューカペナの街角ドラフト評価(赤編)「猛炎のソリスト」他32枚

MTGアリーナドラフト
スポンサーリンク

1. はじめに

今回はニューカペナの街角のドラフト評価(赤編)です.

新しいセットの全てのカードを把握するのは大変だと思います.

ですが,ピックや対戦相手に使用される機会が多いアンコモン以下は把握したいです.

私見ですが,各カードの評価を5段階で点数付けしました.

なので,各カードのピック優先度の目安になれば幸いです.

 

スポンサーリンク

2. レア&神話レアの評価

ニューカペナの街角の赤のレア&神話レアは8枚です.

 

2.1 秘儀の砲撃(1~2点)

ドラフトはインスタントやソーサリーを多く積みにくいので微妙です.

ただし,構築だとかなり厄介な動きをしそうな気がします.

 

2.2 悪魔的な客室係(3~4点)

トランプル&速攻は優秀ですが,1/3はちょっと微妙な感じです.

ですが,団結でパワーが2倍になるガンガンクリーチャーを登場させたいです.

パンプしてから団結すればかなりの打点になりそうですね.

 

2.3 貯めこむ運び屋(3~4点)

4マナ5/5&トランプルと優秀な機体ですが,搭乗3はやや重めです.

宝物トークン生成数は相手依存なので,安定感に欠けるのは惜しいですね.

 

2.4 トラブルメーカー、ジャクシス(5点)

赤1と手札1枚で1ターン限りかつ速攻持ちの自分のクリーチャーのコピーを生成します.

使い捨てのコピーでガンガン攻撃出来るので相手の盤面を崩しやすくなります.

しかも,コピー死亡時1ドローもあるのでリソースをほとんど減らさない点も優秀です.

 

2.5 顔壊しのプロ(5点)

自分のクリーチャーが相手に戦闘ダメージを与えると宝物トークンを1つ生成します.

今セットは3色カードが主軸になるので,繰り返し誘発する宝物トークン生成は重要です.

このカード以外の飛行やアンブロッカブルが攻撃を通せば良いというのも使いやすいです.

さらに,宝物トークンを生け贄に捧げるとライブラリートップを追放してプレイ出来ます.

そのターンしかプレイ出来ませんが,疑似的なドローとして使える点も優れています.

 

2.6 構造的突撃(3~4点)

アーティファクトリセット&クリーチャー全体バーンのソーサリーです.

アーティファクトを破壊するほどバーン量が増えるのでたくさん破壊したいです.

 

疑問なのは宝物トークンなどのトークンを破壊した場合です.

これらは墓地を経由して追放されるからバーン量が増えるのでしょうか?

もしくは,直接追放されるから墓地に置かれずバーン量は増えないのでしょうか?

私は後者だと思っているのですが,ご存知の方は教えて頂けると助かります.

 

2.7 異端の法務官、ウラブラスク(5点)

毎自ターンにプレイ出来るカードが1枚増えるので疑似的なドローソースです.

インスタントなどを構えにくくなりますが,勝手にリソースが増えるので有利に戦えます.

さらに,相手は通常ドローの代わりに同様の効果を行います.

すると,相手はインスタントなどを構えにくくなるのでこちらを妨害しにくくなります.

相手は追放したカードを唱えないと損なので,相手の動きを制限出来ます.

 

2.8 蔓延する窃盗(3~4点)

多色呪文を唱えると宝物トークンを1個生成出来るのは良さそうですね.

宝物トークンを貯めておけば秘匿5で追放したカードもプレイ出来ますし.

 

スポンサーリンク

3. アンコモンの評価

ニューカペナの街角の赤のアンコモンは10枚です.

 

3.1 プロの招聘(4点)

3マナ3点バーンは平凡ですが,プレイヤーにも3点与えられるのは良いですね.

しかも,ライフゲインを行えず,ダメージの軽減も出来ないのでほぼ確実にバーンを通せます.

盾カウンターでも軽減されないと書いてあるので,盾カウンター対策にも良さそうです.

 

3.2 輝く備蓄品(3点)

赤1マナ加速出来るアーティファクトです.

一度限りですが,隠匿カウンターを生け贄にした分好きな色を発生出来るのも良さそうです.

 

3.3 不本意な雇用(3~4点)

赤で良く見かける一時的に相手のクリーチャーのコントロールを奪うソーサリーです.

膠着状況や相手に打点を押し込みたい時に有用です.

今回はおまけで宝物トークンを生成出来るので次の動きを行いやすくなりますね.

 

3.4 喧嘩腰の拳闘士(4点)

このカードの攻撃時に死亡時1点バーンの1/1を攻撃状態で生成出来るのは良さそうです.

トークンを処理されてもされなくても1点通せますからね.

奇襲もあるので突然の5点アタッカーとして使うのも良さそうです.

 

3.5 大火槌の放火魔(1~2点)

幅広い対象へのバーンは良いですが,その都度生け贄が必要なのは手間がかかり過ぎます.

単体で能力を使用出来ない上に,本体が3マナ2/2と控えめなサイズなのもマイナスです.

ですが,構築なら鬼流の金床を主軸にしたデッキとかで活躍してくれそうな気がします.

 

3.6 土建組一家の調達者(3点)

土建組一家の調達者死亡時に宝物トークンを1個生成するのは便利です.

奇襲があるので3/1なのは使いやすそうですね.

 

3.7 書庫荒らし(1点)

ライブラリー上2枚を追放してそのターン中唱えられる疑似的なドローソースです.

効果自体は良いのですが,そのターン中しかプレイ出来ないのが痛すぎます.

2マナ使った状態から追放したカードをプレイするので,軽いカードを追放するか土地がかなり伸びていないと追放したカードをプレイ出来ないことが多いと思いますので.

犠牲1でコピー出来ますが,4枚追放してもプレイ出来ずに無駄になるカードが多そうです.

無謀なる衝動と同じように次の自分のターン終了時までだったら良かったのですけど….

 

3.8 猛炎のソリスト(4点)

団結で相手のクリーチャー1体をブロック不可にするので攻撃を通しやすくなります.

しかも,同ターンの団結2回目の時は選んだ対象を強制的に攻撃に参加させます.

なので,相手のクリーチャーを強引に引き摺り出して処理することが可能になります.

 

3.9 松明吹き(3~4点)

インスタントかつ調整の利くクリーチャーやPW対象のバーンは良さそうです.

青相手ならバーン量を上げやすいのも良い点ですね.

 

3.10 不運な目撃者(2点)

1マナ1/1は微妙ですが,疑似的なドローソースとして使えるのは悪くないです.

 

スポンサーリンク

4. コモンの評価

ニューカペナの街角の赤のコモンは15枚です.

 

4.1 反感煽り(3~4点)

2マナで+4/+3修正のコンバットトリックはなかなかインパクトがあります.

格上を返り討ちにしやすいですし,相手のライフを削り切る時にも良さそうです.

 

4.2 大勝ち(2~3点)

インスタントで手札を入れ替えつつ,宝物トークンを2個生成出来るのは有用です.

強力なカードを引き込み易くなるだけでなく,大型を登場させやすくなります.

今セットは3色が多いので,ただのマナ加速以上に宝物トークンの価値が大きいですし.

フォーゴトン・レルム探訪収録の予想外の授かり物と同じ効果です.

ですが,ダブルシンボルからシングルシンボルになって強化されていますね.

 

4.3 果敢な逃亡(3~4点)

1マナで+1/+0修正&先制攻撃付与なので,なかなか使いやすいコンバットトリックです.

おまけですが,占術1も割と嬉しいですね.

少々勿体ないですが,状況次第では占術1目当てで使ってしまうのも手ですね.

 

4.4 表舞台の奇術師(3点)

非力ながら1枚でクリーチャーを2枚登場させれるので団結と相性が良いですね.

宝物トークンを1つ生成出来るので3色以上のカードを使いやすいのも良さそうです.

 

4.5 黄金犬(2~3点)

1マナ1/1&先制攻撃&威迫なので,パンプして使いたいですね.

役割を終えたら3色以上のカードをプレイする礎になってもらいましょう.

 

4.6 削岩機(2~3点)

+2/+0修正を使い回せるのは良さそうですね.

 

4.7 着火(2点)

2マナソーサリーでクリーチャーかプレインズウォーカーに2点バーンは微妙ですね….

犠牲1でなく犠牲2なのも微妙さに拍車をかけています.

プレイヤーにも飛ばせるか3点バーンかインスタントならまだ違うのでしょうけど.

1マナのインスタントで2点バーンのショック火遊び電圧のうねりと比べてしまいます.

 

4.8 騒乱の巡回者(2~3点)

攻撃時は2/2&威迫として使えるクリーチャーです.

他のクリーチャーをパンプ出来るのは良いですが,防御時パワー1は気になります.

 

4.9 プラズマの操作手(3点)

相手のブロッカーを1体無効に出来るので攻撃を通しやすくなります.

奇襲があるので決着をつけるシーンで登場させると良さそうです.

 

4.10 喧嘩上等(3~4点)

5マナでクリーチャーかPWに5点バーンは悪くなさそうです.

アーティファクト除去として使えるのも良いですね.

 

4.11 土建組一家の新入り(3点)

マナは必要ですが,接死を得るので攻防共に良さそうです.

とりあえず,2マナ2/2として使えるだけでも十分です.

 

4.12 盗み癖(3~4点)

セット先が相手に戦闘ダメージを与えると宝物トークンを1つ生成は良いですね.

威迫を得るので飛行やアンブロッカブルでなくとも攻撃を通しやすいですし.

今セットは3色が多いので宝物トークンの価値は大きいですから.

セット先死亡時に1ドローするので2:1交換にならずアド損をしにくいのも良い点です.

 

4.13 絞殺(3~4点)

ソーサリーですが,1マナでクリーチャーかPWに3点は使いやすいです.

 

4.14 機知ある怨怒取り(4点)

団結が誘発するたびに1点バーンはなかなか使いやすいと思います.

クリーチャーを並べているだけで勝手に相手のライフが減っていくわけですから.

機知ある怨怒取りを複数並べると効果は重複するので結構厄介そうな気がします.

本体が3マナ3/2と使いやすいサイズなのも良いですね.

 

4.15 解体作業員(4点)

5マナ4/5&到達&トランプルはなかなか優秀なイメージです.

ドラフトにおいてトランプル持ちはダメージレースで重要ですから.

今回の赤は飛行がいないので,対飛行壁として使えるのも良いと思います.

 

5. おわりに

今回の赤は宝物トークンを生成し易いので3色カードのサポートに良さそうです.

使いやすいコンバットトリックやクリーチャーもいるので戦いやすそうです.

その反面,いつも通り大型除去は苦手なのでその点は他の色を頼りたいです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

他の色についての記事も順次追加予定なので,下記リンクから閲覧して頂けると嬉しいです.

MTGアリーナドラフト
「MTGアリーナドラフト」の記事一覧です。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント