青単リゲルデッキ(星姫誓装型)ver.F39N1

Z/Xデッキレシピ
スポンサーリンク

1. はじめに

今回はイデアライズエンジョイセットで遊ぶために作ったリゲルデッキを紹介します.

新しいオーバーブーストの“星姫誓装”各務原あづみ舞装≪蒼天≫各務原あづみのように効果でゼクスを登場させられません.

今までよりも手数を稼ぎにくいため,減った手数をリソースリンクで補う形にしました.

 

スポンサーリンク

2. デッキレシピ

まずデッキレシピを紹介します.

※1 カード名の後ろの数字は採用枚数1枚の値段となっています.

※2 カードの値段は記事作成時の遊々亭様の値段を参照させていただきました.

※3 「エンジョイ!リゲル」に収録されていて枚数を追加しないカードは値段を省きます.

※4 イデアライズエンジョイセットのカードはフリーカードなので値段は記載しません.

 

プレイヤー

各務原あづみ 1

 

デュナミス

ハーモナイズソードアルダナブ 1

億劫なる『沈泥』ラハム 2

エレクトリックアイドル イオ 2

教唆の『命慟』ティアマト 1・1280・1

エイジャックス改 1・400・1

【運命剣臨】蒼星姫リゲル 1・1980・1

【運命剣臨】天縫星バルビエル 1・6980・1

【剣誓『恋人』】あづみ 2・14800・2

約束のイデア リゲル 1

 

オーバーブースト

“星姫誓装”各務原あづみ上 4

“星姫誓装”各務原あづみ下 1

 

スタートカード

青の監視者リゲル 1・50

 

IG

ブランデッドソード アルダナブ ←LR 4

フィニッシュ・バレット リゲル ←VB 4

オーシャンドレス リゲル 4

フラガマキナ リゲル 4

戦いに臨むリゲル 4・400・4

 

非IG枠

コスト4

メリータル・ヴァウス リゲル 4・200

誓いの星姫リゲル 4

ベストパートナー リゲル 2・680

コスト6

ソードリベレイターリゲル 4・50・2

友情を守る銃口リゲル 2・1480・2

コスト7

無敗の姫騎士リゲル 4

イベント

開け、約束の門 1

リゲルとあづみ 連理の絆 4・200

リゲル★クリスマス 4

 

デュナミス合計:40240円

オーバーブースト合計:0円

メインデッキ合計:7670円

 

デッキ総額:48210円 + エンジョイ!リゲルスターター1個

 

フリーカードが入っているのとCode reunionが抜けた関係で前回紹介のデッキより安価です.

青単リゲルデッキ(舞装≪蒼天≫型)ver.31弾
1. はじめに 今回は31弾発売以降,私が使用しているリゲルデッキを紹介しようと思います. イデアライズエンジョイセット用のデッキを組む前の記録も兼ねています. 2. デッキレシピ まずデッキレシピを紹介します. ...

【運命剣臨】天縫星バルビエル【剣誓『恋人』】あづみに目を瞑れば一気に値段が下がってデッキを組みやすくなります.

 

スポンサーリンク

3. デッキの動かし方

おおまかなデッキの動かし方を説明していきます.

序盤は手札を整えつつ,ドリーム・キーを増やしていきます.

6リソースになったら,IGOBやリゲル★クリスマス,リソースリンク,ブランデッドソード アルダナブなどを駆使して一気に攻めます.

7リソース目(5ターン目)に約束のイデアリゲルを登場させて勝利するのが理想です.

 

注意点は3点です.

(1)リソースにリゲル以外を置かない.(置くリゲルの種類も重要)

(2)6リソース時,リソースにバトルドレスが4枚以上ある状態にする.

(3)先行時と後攻時で必要なドリーム・キーの数を覚えておく.

 

(1)はリゲル★クリスマスを最大限活用するためです.

リゲル★クリスマスはリソースにあるリゲルの枚数で効果が追加されます.

リソースにリゲルを6枚以上置いた状態でリゲル★クリスマスを使用するのが理想です.

5止め目的ではなく,あくまで大型のリゲルを登場させることが主体です.

 

(2)はブランデッドソード アルダナブの能力使用条件を満たすためです.

ブランデッドソード アルダナブの能力を使えるかどうかで対戦の趨勢が大きく変化します.

リソースリンクのイベントを貼り過ぎないように注意したいところです.

 

(3)はIGOBする回数の問題です.

5ターン目までにIGOB可能な回数は先行1回,後攻2回です.

先行ならば4ターン目までに4個,5ターン目にIGOBして合計6個鍵を入手出来ます.

なので,先行は毎ターン,ゲートカードの効果でドリーム・キーを入手しないと5ターン目にイデアライズ出来ません.

後攻は1~4ターンの間にゲートカードの効果で2回ドリーム・キーを入手すれば良いです.

IGOBを2回するため,それだけでドリーム・キーを4個入手出来ますから.

 

3.1 1ターン目(3リソース時)

下記3枚のいずれかをプレイします.

LR以外リゲル名称のカードでデッキを構成しているため,鍵の入手には困りません.

戦いに臨むリゲルは無条件でドローが可能です.

デッキトップをボトムにも送れるため,ドローの質を上げられて手札の質が向上します.

先行時に相手のスタートカードを破壊したくないときにプレイしたいです.

 

オーシャンドレス リゲルは3コストバニラを処理できないデッキに対して有効です.

オーシャンドレス リゲルが残ると次ターンにソードリベレイターリゲルをプレイ出来ます.

そのため,相手が3コストバニラを倒せなさそうならば優先的にプレイしたいです.

 

フラガマキナ リゲルは上記2種が使用出来ないときにドリーム・キー入手目的でプレイします.

リゲルとあづみ 連理の絆のリソリン効果は初ターンから使用出来ます.

メリータル・ヴァウス リゲルが初期リソにある場合は積極的に置いて手札を増やしましょう.

リゲルとあづみ 連理の絆のリソリン効果で手札を揃えられると後の展開がグッと楽になります.

唯一残念なのは,リゲルとあづみ 連理の絆のリソリン効果で鍵が入手出来ないことです.

 

3.2 2ターン目(4リソース時)

今までのようにチャージを温存する必要はないため,ここでIGするのも有りだと思います.

基本的には3リソース時と同じカードをプレイします.

リゲル名称のゼクス1枚青の監視者リゲルがスクエアにある場合はソードリベレイターリゲルをプレイ出来ます.

4リソースでは対処しづらいサイズですし,ターン終了時にドローも可能です.

ドリーム・キーを入手しつつ強く攻められるため,なるべく狙っていきたいです.

 

3.3 3ターン目(5リソース時)

自分が先行で青の監視者リゲルがPSにいる場合はソードリベレイターリゲルをプレイします.

その理由はドリーム・キーを確実に入手したいからです.

今までのようにハーモナイズソードアルダナブをプレイした場合,デッキ上3枚に下記2種のいずれかがないとドリーム・キーを入手出来ません.

戦いに臨むリゲル

ソードリベレイターリゲル

かなり分の悪い賭けなので,ここは確実にドリーム・キーを入手するプランで行きます.

自分が後攻のときか青の監視者リゲルがチャージにある場合は今までのようにハーモナイズソードアルダナブをプレイします.

手札にバトルドレスを加える場合は誓いの星姫リゲルブランデッドソード アルダナブメリータル・ヴァウス リゲルを手札に加えられると美味しいです.

誓いがゼクスになったため,このタイミングで回収出来るようになったのは有難いです.

 

3.4 4ターン目(6リソース時)

ここまでに貯めた手札とチャージを駆使して一気に攻勢に出ます.

今までのようにチャージを温存しなくてよいため,気兼ねなくイグニッション出来ます.

 

3.4.1 IGOBしない場合

メリータル・ヴァウス リゲルのリンク効果やリゲル★クリスマスブランデッドソード アルダナブを組み合わせて展開します.

友情を守る銃口リゲル無敗の姫騎士リゲル両方を採用しているので,状況に応じて上手く使い分けたいところです.

1~2リソース残った分はリゲルとあづみ 連理の絆を構えたり,ソードリベレイターリゲルをプレイするのに使用します.

【剣誓『恋人』】あづみがあるため,4回は相手のPSを攻撃出来るはずです.

ここでライフを1まで削れれば,次ターンに約束のイデア リゲルで決着まで持っていけます.

 

3.4.2 IGOBする場合

“星姫誓装”各務原あづみは後続のためにスクエアを空けたり,厄介なスタートカードをチャージから除去するために使用します.

空けたスクエアにメリータル・ヴァウス リゲルのリンク効果やリゲル★クリスマスで登場させた無敗の姫騎士リゲル友情を守る銃口リゲルを使って相手を攻撃していきます.

自分のオーバーブーストがあるのでフィニッシュ・バレット リゲルからソードリベレイターリゲルを登場させるいつもの動きが可能になり,手数は稼ぎやすいです.

オーバーブーストにレンジ2がないため,相手PSへの攻撃回数はIGOBしない場合と同じ4回になることが多いです.

3.5 2回目の6リソース or 7リソース以降

基本的には6リソース時と同じように動きます.

このタイミングでようやくドリーム・キーが6個になります.

ここで切り札の約束のイデア リゲルを登場させてゲームエンドに持っていきます.

約束のイデア リゲルがいる場合,“星姫誓装”各務原あづみはレンジ2を得ます.

なので,相手のPSを6回程度攻撃することが可能となります.

(隣接スクエア3回,恋人レンジ1回,オーバーブーストレンジ1回,約束のイデア リゲル効果1回)

相手のライフ次第ではこのターンだけでライフ4点を削って決着することも可能になります.

 

スポンサーリンク

4. デッキの補足

このデッキに採用しているカードについて補足しておこうと思います.

 

4.1 メインデッキ

4.1.1 青の監視者リゲル

チャージにあると起動能力で毎ターンカードを引くことが出来ます.

つまり,ゲートカードの効果でドリーム・キーを確実に得ることが出来ます.

 

相手が先行の場合,ドリーム・キー目当てでこちらのスタートカードを破壊してくれることが期待出来ます.

手札入れ替えでデッキの回りが良くなるため,早期に破壊してもらえるのは有難いです.

8面埋められた時の面空けやトラッシュに落ちた友情を守る銃口リゲルを山札に戻せるのも◎.

これからはロイヤルガード リゲルよりも青の監視者リゲルのほうが良さそうな感じがします.

 

4.1.2 フラガマキナ リゲル

8面埋められた返しのターンのIGで盤面を空けられるため優秀です.

ライフから登場したときも除去効果を使えるため,相手の思惑を崩せます.

ディンギルアッパーは不採用なので,6リソース時に必ずディンギルしたいです.

 

2ターン目以降はパワー5500な点も有効に働く場面が色々あります.

最近だと手作りチャレンジ ガーンデーヴァがいる状態でディンギルしたいときですね.

フラガマキナ リゲルならば5000ダメージを耐えられるため,問題なくディンギル出来ます.

 

フラガマキナ リゲルで気になるところは1ターン目はただのパワー4500なことです.

先行1ターン目に相手のスタートを攻撃したくない場合やハーモナイズソードアルダナブで登場して美味しいゼクスを増やしたい場合は,ヴィクトリーコール ポラリスと入れ替えるのもありかなと思います.

その場合は最速リゲル★クリスマスが難しくなるため,何を優先するかで使い分けたいです.

 

4.1.3 メリータル・ヴァウス リゲル

6リソース時にリゲル★クリスマスを使いたくない時や大型リゲルを展開したい時に重宝します.

登場させるゼクスはデッキ上に依存しているため安定はしません.

しかし,2リソースで6や7コストのリゲルを登場させるのは強力です.

この効果で登場させるリゲルを増やして安定させたいところですが,枠が厳しいです.

 

4.1.4 リゲルとあづみ 連理の絆

リソースリンクが揃ってしまえば初ターンから非常に優秀な手札入れ替え効果を使えます.

イベントのバウンス効果を使うことで,相手の計算を狂わせられるのも良い点です.

6リソース時は3コスト+2コストで動くことが多いので空いた1リソースで仕事が出来るのは◎.

不満があるとすれば,ドリーム・キー入手の条件に使えないことくらいですかね.

 

4.1.5 ベストパートナーリゲル

無敗の姫騎士リゲルが主力に戻ったため,7コスト破壊の条件を満たしやすくなりました.

また今までのように一気にシフト出来ないため,1ターン稼げる手段は欲しいです.

リソースリンクのおかげか2枚採用でも必要なときに1枚は手札に持っていることが多いです.

 

4.1.6 リゲル★クリスマス

効果&イラスト共にアドの塊みたいなカードなのでリゲルデッキには欠かせない存在です.

ですが,新しい誓いの登場で相対的にややパワーダウンした感じです.

先行ならば1回だけ5止め出来るので以前と同じように有効です.

しかし,後攻だと1リソース減ってしまうデメリットが以前よりも重いように感じます.

なので,後攻時はメリータル・ヴァウス リゲルのリンク効果を優先したい感じです.

 

4.2 デュナミスについて

4.2.1 億劫なる『沈泥』ラハム

1面手札バウンス&連続攻撃&スクエアのゼクス回収用のカードです.

対処しづらい相手のゼクスをバウンスしたり,ブランデッドソード アルダナブで山札から登場させた誓いの星姫リゲルを回収するのにも使用します.

自分でスクエアを空けるカードがこれ以外にない為,相手PSを連続攻撃する時には必須です.

 

4.2.2 エレクトリックアイドル イオ

デッキからキーカードを引く際に使用します.

デッキの上から3番目にカードを戻せるのでイグニッションやブランデッドソード アルダナブで登場させたいゼクスを確定させることも出来ます.

エレクトリックアイドル イオのドローで助かることは割と多い気がします.

リゲルデッキはドローが得意ですが,欲しいカードを引けないことも良くありますからね.

 

4.2.3 教唆の『命慟』ティアマト

パワー10500が必要だったり,盤面を返したり,キーカードを探すのに使用します.

ですが,このカードが登場出来るタイミングでは約束のイデア リゲルを優先したいです.

そのため,約束のイデア リゲルが登場出来ないときに使用することになります.

鍵が不足していたり,そもそも誓いを引けないこともあるため使う機会はあります.

 

4.2.4 エイジャックス改

デッキ上4枚からキーカードを探すのに使用します.

約束のイデア リゲルが登場出来ないときに誓いやリゲル★クリスマスを探します.

毎回理想通りに回れば出番はありませんが,そうは問屋が卸しませんからね.

 

4.2.5 【運命剣臨】蒼星姫リゲル

PSのゼクスに絶界とレンジ2を付与するため,相手PSへの攻撃回数を増やせます.

さらに,自分のゼクス全てにダメージを与えたゼクスを手札に戻す能力を付与します.

そのため,小型ゼクスでも大型ゼクスをスクエアから排除することが可能です.

 

どちらの能力も非常に強力なので,【運命剣臨】蒼星姫リゲルにシフトする機会が多いです.

最近だと【伝説剣臨】天誠剣 土方歳三のパンプを崩すのに有効でした.

パンプが得意な対緑やパワーマイナスが多い対白でも有効です.

 

4.2.6 【運命剣臨】天縫星バルビエル

【運命剣臨】天縫星バルビエルは絶界持ちや大型が複数展開している場合に使用します.

このデッキに採用している除去は対象を選ぶものしかないです.

さらに,パワーを+する効果もありません.

そのため,複数の絶界持ちゼクスが並ぶと対処しづらいからです.

 

“星姫誓装”各務原あづみの効果を使った後にこのカードで攻撃すれば,最大で6面剥がせます.

そのため,不利な状況から逆転の一手を打つ際に使用出来ます.

 

他にはゼクスを複数面展開したい場合にも使用します.

シフト時に山札の上5枚から3コスト以下のゼクスを1枚登場させられます.

エレクトリックアイドル イオフィニッシュ・バレット リゲルを山札の上から3番目に戻しておくことで,さらに手札からも展開することが可能になります.

“星姫誓装”各務原あづみの効果で空けたスクエアにそれらを登場させたいですね.

 

4.2.7 約束のイデア リゲル

このデッキのフィニッシャーです.

“星姫誓装”各務原あづみはレンジを持たないため,レンジ2付与はかなり重要です.

相手のライフが1ならば,3つ目の効果で確実にゲームエンドに出来るのは非常に強力です.

約束のイデア リゲルが登場したターンでゲームが終わると言っても過言ではありません.

逆に決めきれないと後が厳しいです.

ドリーム・キーが6個必要なため,再登場はほぼ絶望的ですから.

 

スポンサーリンク

5. このデッキの使用雑感と不足点

私が以前使用していた“蒼天誓装”各務原あづみのデッキ同じように動かせました.

そのため,使用感は割と良い感じでした.

青単リゲルデッキver.ゼクドリ
1. はじめに 今回はバトルドレスを主軸としたリゲルデッキをご紹介します. あづみとリゲルのデッキは私がゼクスを始めるきっかけでした. (当時はエクストラやIGOBはなかったので今と全くデッキ構成が異なりますけどね.) ...

 

新しいタイプの誓いは今までよりも遥かに相手の妨害を受けにくいです.

そのため,ストレスなくIGOBを行えました.

 

イデアライズはディンギルやウェイカーと登場枠が被ります.

そのため,ディンギル&ウェイカーの枚数を減らした方が良さそうだと思いました.

ドリーム・キーの消費が軽いデッキの場合は特にそういう傾向になりそうです.

逆に,シフトに頼る機会が多かったです.

そのため,シフトとオーバーシフトは多めに積んだが良さそうだと感じました.

 

今回紹介したデッキを使っていて不足を感じたのは下記2点です.

(1)迦陵頻伽&リゲル不採用によるレンジ不足

(2)ハイメガ・ウェポン リゲル不採用による4リソース時の穴

 

どちらもリソリンの枠を作るために止む無く抜きましたが,影響はかなり感じました.

今まで如何に迦陵頻伽&リゲルのレンジに助けられていたかを痛感しました.

 

ハイメガ・ウェポン リゲルはリンク効果で代用出来ると思っていました.

手札の面では問題ありませんでしたが,4リソース時の動きが弱くなりがちでした.

登場させてアドバンテージの稼げる4コスト6000は貴重だとしみじみ感じました.

 

スポンサーリンク

6. おわりに

プレイに気を付ける点がそれなりにありますが,割と使いやすい形になったと思います.

リソースリンクを使うタイプのリゲルデッキの参考にして頂ければ幸いです.

近いうちにリソースリンクを使わない形も試してみたいと思います.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント