青単サイクロトロンデッキ(超機誓装型)ver.F39

Z/Xデッキレシピ
スポンサーリンク

1. はじめに

今回はイデアライズエンジョイセットで遊ぶために作ったサイクロトロンデッキを紹介します.

リソースの名称とIGアイコン,ウェイカーLv,手札の枚数など少々管理することが多いです.

ですが,嵌ったときの展開力や盤面の固さはなかなかのものです.

オーバーブーストに除去が追加されたため,以前よりも動きやすい印象です.

 

2. デッキレシピ

まずデッキレシピを紹介します.

※1 カード名の後ろの数字は採用枚数1枚の値段となっています.

※2 カードの値段は記事作成時の遊々亭様の値段を参照させていただきました.

※3 イデアライズエンジョイセットのカードはフリーカードなので値段は記載しません.

 

プレイヤー

雷鳥超 1・50

 

デュナミス

不死身の鋼拳テクネチウム 3・100

億劫なる『沈泥』ラハム 1・50

ランクEの指導係イラ 1・500

尊き『星海』ニンガル 1・50

【運命剣臨】電脳械カノープス 1・1480

【機神剣臨】義誓剣G・ヴェイバトロン 1・1980

【機神剣臨】輝星砲G・ヴェイバトロン 1・1780

【剣誓『正義』】超 2・1780

至上のイデア サイクロトロン 1

 

オーバーブースト

“超機誓装”雷鳥超上 4

“超機誓装”雷鳥超下 1

 

スタートカード

戦闘起動!サイクロトロン 1・20

 

IG

覚悟合体キヨミズ ←LR 4・300

斬撃乱舞サイクロトロン ←VB 4・100

黒神器の機動サイクロトロン 4・150

ε17猛追変形グラビトン 4・50

ε17共鳴戦士タウニー 4・100

 

非IG枠

コスト3

誓いの超機サイクロトロン 4

コスト4

愛車で駆けるCEOサイクロトロン 4・50

コスト5

双刃惺将サイクロトロン 4・500

羅刹神器サイクロトロン 3・150

コスト6

双醒真輝サイクロトロン 4・150

T.Bird feat. サイクロトロン 4・50

因果の導き手クロエ 1・980

コスト7

剣帝神器サイクロトロン 4・50

イベント

開け、至上の門 1

 

デュナミス合計:9700円

オーバーブースト合計:0円

メインデッキ合計:7500円

 

デッキ総額:17200円

 

最近のデッキの中では比較的安価に組めそうです.

各種シフトの値段は安めですが,枚数を積んでいるためデュナミス合計を上げています.

 

メインデッキだと双刃惺将サイクロトロン覚悟合体キヨミズが高めですね.

そこを安く入手出来ればもう少し安価に組めそうです.

 

3. デッキの動かし方

序盤は手札と(1)~(3)の条件を整えつつ,ドリーム・キーを増やしていきます.

(1)双醒真輝サイクロトロンのゼロオプティマ3のためにリソースにIGアイコンを3枚置く.

(2)双醒真輝サイクロトロンのIGアイコンを得るために手札を4枚以上にする.

(3)双刃惺将サイクロトロンの効果のためにウェイカーLv2を目指す.

 

イグニッションは(1)&(2)の条件が満たせるまでは温存します.

双醒真輝サイクロトロンでヒットしてもIGアイコンが無いと悲しいですからね.

 

至上のイデア サイクロトロン登場ターンまでに多少ライフを削っておきたいです.

そして至上のイデア サイクロトロンを登場させたターンに勝利するのが理想です.

 

3.1 1ターン目(3リソース時)

下記3枚のいずれかをプレイします.

いずれもウェイカーアッパーなのでウェイカーLvを上げられます.

 

黒神器の機動サイクロトロンは次ターン以降に必要なサイクロトロンを手札に加えられます.

相手のゼクスを破壊する必要があるため,先行時は相手のスタートを割ることも考慮します.

 

ε17猛追変形グラビトンはリソース条件を満たせば登場時に1ドロー出来ます.

先行時に相手のスタートカードを破壊したくないときにプレイしたいです.

このデッキは効果による登場が少ないため,レンジ2を付与しにくい点だけネックです.

 

ε17共鳴戦士タウニーは後半で活躍するカードです.

手札を増やしつつデッキトップを確定出来るため,非常に戦いやすくなります.

ですが,このタイミングでは効果が使えないのでウェイカーLvアップのために使用します.

このタイミングでLvアップしておかないと5リソース時に双刃惺将サイクロトロンが使えません.

 

3.2 2ターン目(4リソース時)

ウェイカーLvアップを優先したいので,基本的には3リソース時と同じカードをプレイします.

それ以外の場合は愛車で駆けるCEOサイクロトロンをプレイします.

手札を増やしつつ山札に戻せるため,双醒真輝サイクロトロンやIGアイコンを戻せるのが◎.

手札にあるこのカードを戻して,後半でバウンス効果を期待するのも良いですね.

 

3.3 3ターン目(5リソース時)

このタイミングだと3パターンの動きが想定出来ます.

3.3.1 双刃惺将サイクロトロンをプレイする.

双刃惺将サイクロトロンからの動きが強力なので,なるべく狙いたいです.

理想的な流れは(1)~(3)です.

 

(1)双刃惺将サイクロトロンの効果でε17共鳴戦士タウニーを登場させます.

(2)ε17共鳴戦士タウニーの効果でデッキトップに双醒真輝サイクロトロンを置きます.

(3)【剣誓『正義』】超の効果でIGを行い,双醒真輝サイクロトロンを登場させます.

 

(1)~(3)が成立するとこのターンだけで3回攻撃出来ます.

なので,この時点で相手のライフを2点奪えれば一気に勝利が近づきます.

 

3.3.2 不死身の鋼拳テクネチウムをプレイする.

ウェイカーLvが全然上がっていない場合に使用します.

効果で不死身の鋼拳テクネチウムを表にするため,このターンでウェイカーLvが2上がります.

 

3.3.3 羅刹神器サイクロトロンをプレイする.

パワーが欲しいときやPSに置いて相手の連続攻撃を凌ぎたいときに使用します.

スクエアにあるシフトの枚数×3000パワーが上昇します.

相手のシフトもカウントするためパワー13500まで上昇します.

お互いにオーバーシフトを使うタイミングが多いため,以前よりも高パワーになりやすいです.

 

さらに,このカードが破壊されたときにコスト5以下をバウンス出来ます.

パワー10500以上を倒した後にバウンス効果もあるため,相手にライフを取られにくいです.

 

3.4 4ターン目(6リソース時)

このタイミングだと2パターンの動きが想定出来ます.

3.4.1 IGOBしない場合

基本的には3.3.1の動きを行います.

尊き『星海』ニンガルが使えるようになるため,メインフェイズにIGを確定させられます.

戦闘起動!サイクロトロン【剣誓『正義』】超のIGでどんどん展開します.

覚悟合体キヨミズも使えるので,状況に応じたサイクロトロンで展開し易くなります.

 

3.4.2 IGOBする場合

“超機誓装”雷鳥超でドリーム・キーを入手して至上のイデア サイクロトロンを登場させます.

“超機誓装”雷鳥超で盤面を処理しながら至上のイデア サイクロトロンで展開していけます.

ほぼ100[%]IGがヒットするので,IGの回数分盤面を埋められます.

 

T.Bird feat. サイクロトロンがヒットするとさらにIG出来ます.

4コスト以下全体バウンスもあるため,当たってくれると非常に嬉しいサイクロトロンです.

 

3.5 5ターン目以降

基本的には6リソース時と同じ動きをします.

シフトを使用出来ることが多いタイミングなので,6リソース時よりも強力な動きが可能です.

 

4. デッキの補足

このデッキに採用しているカードについて補足しておこうと思います.

 

4.1 メインデッキ

4.1.1 斬撃乱舞サイクロトロン

デッキトップ4枚を操作してIGを確定させつつドローも出来るため便利です.

“超機誓装”雷鳥超はサイクロトロンにIG付与効果がありません.

なので,至上のイデア サイクロトロンを使えないときの重要度は高いと感じます.

サイクロトロン名称かつIGアイコン持ちなので序盤はリソースに置くことが多いです.

 

4.1.2 因果の導き手クロエ

至上のイデア サイクロトロンの手札IGアイコン付与を活かせるロマン枠として採用しました.

最近使っていなかったので久しぶりに使いたかったというのも採用理由です.

手札が増えやすく,非IG枠はクロエ以外サイクロトロンだけなので条件達成は容易です.

 

特筆すべきは相手ターンに再度効果を発動し易い点です.

以前は引き直した6枚のカード次第だったので,再使用は難しかったです.

しかし,至上のイデア サイクロトロンが生存していれば手札はIGアイコンだけになります.

そのため,相手の攻撃に合わせて盤面を一気に埋められます.

 

注意点は盤面を埋められていると因果の導き手クロエが使えないことです.

青単なのでリソースに余裕がないため,盤面除去に割くリソースがありませんから.

 

4.1.3 双醒真輝サイクロトロン

攻防ともにこのデッキの要になるカードです.

手札に来た場合はなるべくキープしておいてデッキトップに戻してIGしたいです.

 

忘れがちなのですが,固有能力であるInhinite Solityudeは連続攻撃に最適です.

レンジが少ないデッキなので詰めの場面で重宝します.

 

4.1.4 剣帝神器サイクロトロン

現在だとありふれていますが,元祖7コストパワー10500絶界持ちです.

昔に比べれば脅威度は低くなりましたが,このカードが複数枚並ぶと処理が大変です.

5コスト以下に対するバウンスは相手ターンも使用可能なので,盤面が残り易いです.

 

4.2 デュナミスについて

4.2.1 億劫なる『沈泥』ラハム

1面手札バウンス&連続攻撃&スクエアのゼクス回収用のカードです.

羅刹神器サイクロトロンを降臨条件にすることで自分のゼクスを返して2面空けられます.

 

4.2.2 ランクEの指導係イラ

手札を増やしたいときや強引にキーカードを引きたいときに使用します.

ですが,サイクロトロンデッキはドローしやすいため使用頻度は少なめです.

試作型ブリMKII&汎用型ブリで代用するのもOKです.

 

4.2.3 【運命剣臨】電脳械カノープス

手札からサイクロトロンの登場&絶界付与により盤面を固めるときに使用します.

全体バーンなど絶界に効く除去効果が無いデッキに対しては非常に有効です.

展開出来るので攻めにも使えますが,どちらかと言えば守りのカードです.

 

4.2.4 【機神剣臨】義誓剣G・ヴェイバトロン

デッキからの登場とライフへの直接ダメージがあるため,詰めの場面で使用します.

“超機誓装”雷鳥超の効果でデッキトップを確定出来るため,以前よりも使いやすいです.

相手の最後のライフがライフリカバリーでも決着に持ち込めるため頼りになります.

 

4.2.5 【機神剣臨】輝星砲G・ヴェイバトロン

盤面を制圧された劣勢の状態から逆転の一手を放つためのカードです.

隣接NSの相手ゼクスをすべてデッキバウンス出来るため一気に面を空けられます.

絶界にも有効なので,相手のオーバーブーストを処理出来るのが◎.

 

レンジ3なので,自軍PS横に置いたオーバーブーストも攻撃に参加出来るのも良いです.

また,PSにいればパワー13500になり,起動効果もあるため守りも固めです.

 

4.2.6 至上のイデア サイクロトロン

このデッキのフィニッシャーです.

IGアイコン付与が非常に重要なので,フィニッシュターンに登場させたいです.

双刃惺将サイクロトロンで好きなサイクロトロンを登場可能なのも大きいです.

 

このカードはドリーム・キーの消費が5個です.

そのため,1回ドリーム・キーを入手出来なくても5ターン目(7リソース時)までにイデアライズが間に合います.

なので,3リソース時にε17共鳴戦士タウニーをプレイする余地があります.

 

4.3 オーバーブーストについて

4.3.1 “超機誓装”雷鳥超

ドローとデッキトップ確定,2面除去のおかげでだいぶ動きやすかったです.

ですが,思っていたよりも3コスト以下をバウンス対象に取れないのが気になりました.

対戦相手が3コスト以下で盤面を埋めやすいデッキのときは,覚悟合体キヨミズからT.Bird feat. サイクロトロンを登場させて対処したい感じです.

 

5. おわりに

このデッキを使って私は“孤高誓装”よりも“超機誓装”のほうが取り回しやすいと感じました.

ただし,“孤高誓装”と異なり“超機誓装”自体に展開能力がないため,イデアライズやシフトで上手くサポートする必要はありますけどね.

サイクロトロンデッキを組みたい人の参考になれば幸いです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント