黒単マルディシオン(滅界誓装型)ノスフェラトゥ寄せver.F39 

Z/Xデッキレシピ
スポンサーリンク

1. はじめに

今回はイデアライズエンジョイセットで遊ぶために作ったマルディシオンデッキを紹介します.

相手の手札を減らし,オーバーブースト周辺を固めて崩されない状況を作り勝利を目指します.

 

IGアイコンをノスフェラトゥに寄せたため安定して動きやすいです.

ハンデスは饗宴への誘い 黒剣八魂マルディシオンやオーバーブーストが主軸となります.

 

スポンサーリンク

2. デッキレシピ

まずデッキレシピを紹介します.

※1 カード名の後ろの数字は採用枚数1枚の値段となっています.

※2 カードの値段は記事作成時の遊々亭様の値段を参照させていただきました.

※3 イデアライズエンジョイセットのカードはフリーカードなので値段は記載しません.

 

プレイヤー

イリューダ・オロンド 1・300

 

デュナミス

墓城の庭師ルディーニ 4・150

蔓延する『悪疾』アッハーズ 1・100

優艶の旋律リャナンシー 1・100

【伝説剣臨】幻殺刃ジャック 1・1780

【運命剣臨】呪妖魂オクタ・オリジン 1・780

【剣誓『塔』】イリューダ 2・2980

災厄のイデア マルディシオン 2

 

オーバーブースト

“滅界誓装”イリューダ・オロンド上 4

“滅界誓装”イリューダ・オロンド下 1

 

スタートカード

黒剣八魂 邪剣解放マルディシオン 1・20

 

IG

墓城の奏者レプイヤ ←LR 4・400

黒剣八魂 鬼哭のマルディシオン ←VB 3・100

新人看護助手キャサリン ←VB 1・50

墓城の道化プーニーレ 4・200

墓城七姫 四の姫サリア 4・1980

墓城の哨戒役パトラ 4・100

 

非IG枠

コスト4

告死の邪剣 黒剣八魂マルディシオン 4・50

誓いの滅界マルディシオン 4

コスト5

黒剣八魂 精魂農作マルディシオン 4・100

饗宴への誘い 黒剣八魂マルディシオン 4・150

コスト6

黒剣八魂 灰身の邪刃マルディシオン 4・100

極楽往生 黒剣八魂マルディシオン 4・100

イベント

開け、災厄の門 1

マルディシオンとイリューダ 滅智の絆 4・100

 

デュナミス合計:9320円

オーバーブースト合計:0円

メインデッキ合計:13790円

 

デッキ総額:23110円

 

パッと見だと安価では組めそうにないです.

しかし,ある程度妥協することで値段をグッと抑えられます.

 

【剣誓『塔』】イリューダは5リソースの動きのために最低でも1枚は欲しいです.

ですが,それ以外のシフトが無くてもデッキを動かすことは可能です.

墓城の庭師ルディーニ3枚は表向きにするためだけなので,他のウェイカーで代用出来ます.

 

メインデッキだと墓城七姫 四の姫サリアの存在が値段を大きく釣り上げています.

初ターンのドリーム・キー入手に拘らないならば虚無の亡霊レイスでもOKです.

 

今回調べて驚いたのはイリューダのプレイヤーカードが意外と高かったことです.

イリューダのプレイヤーカードはボックス封入PR版が2種類しかないからですかね.

 

スポンサーリンク

3. デッキの動かし方

序盤は手札とトラッシュを整えつつ,ドリーム・キーを増やしていきます.

可能であればその都度細かくハンデスも交えます.

オーバーブーストしたら相手の手札を極力削り,相手の反撃を弱めます.

手札が枯れて相手が盤面を処理出来なくなれば,そのまま盤面を固めて勝利します.

 

注意点はリソースにノスフェラトゥを4枚以上置くことです.

墓城の奏者レプイヤの効果を使うためにリソリンのイベントを貼り過ぎないようにします.

 

3.1 1ターン目(3リソース時)

下記3枚のいずれかをプレイします.

いずれもデッキからトラッシュにカードを置けるため,ドリーム・キーを入手出来ます.

墓城の哨戒役パトラはトラッシュを2枚増やしつつ,1ドロー出来ます.

リソリンのイベント以外はノスフェラトゥで固めているため,ドロー効果が成功しやすいです.

 

墓城の道化プーニーレ墓城七姫 四の姫サリアはドリーム・キー入手のためにプレイします.

このデッキはウェイカーLvを参照しないため,Lvは全く気にしなくて良いです.

 

3.2 2ターン目(4リソース時)

告死の邪剣 黒剣八魂マルディシオンをプレイします.

トラッシュを増やしつつ,ハンデスが可能です.

相手の手札が3枚以下ならばトラッシュからリソリンなどのキーカードを回収します.

このカードでイベントも回収出来るため,リソリンを成立させやすいです.

 

告死の邪剣 黒剣八魂マルディシオンがない場合は3リソース時と同じカードをプレイします.

余裕があるならばマルディシオンとイリューダ 滅智の絆も使用してハンデスを行います.

 

3.3 3ターン目(5リソース時)

このタイミングだと2パターンの動きが想定出来ます.

3.3.1 黒剣八魂 精魂農作マルディシオンをプレイする.

この場合は(1)~(3)のように動きます.

(1)黒剣八魂 精魂農作マルディシオン【剣誓『塔』】イリューダをオーバーシフトします.

(2)黒剣八魂 精魂農作マルディシオンの効果で墓城の奏者レプイヤを登場させます.

(3)墓城の奏者レプイヤで任意の3コスト以下のノスフェラトゥを登場させます.

 

3面展開出来るため相手のライフを奪いやすいです.

さらにハンデスしつつ相手の手札を確認出来るため,これ以降の動きを読みやすくなります.

 

3.3.2 墓城の庭師ルディーニをプレイする.

トラッシュが少ないときや手札にキーカードが欲しいときに使用します.

リソリンのイベント以外は何でも回収出来るため頼りになります.

 

3.4 4ターン目(6リソース時)

このタイミングだと2パターンの動きが想定出来ます.

3.4.1 IGOBしない場合

基本的には3.3.1の動きを行います.

余る1リソースは下記のカードの使用に当てます.

マルディシオンとイリューダ 滅智の絆は相手の手札を1枚トラッシュに置きます.

地味ですが,相手の手札を減らすことで行動を制限しやすくなります.

 

黒剣八魂 灰身の邪刃マルディシオンはリソリン効果で展開しつつ,ハンデスを行います.

スリープ登場ですが,黒剣八魂 精魂農作マルディシオンならば問題ありません.

饗宴への誘い 黒剣八魂マルディシオンを登場させてハンデスか盤面処理も有りです.

 

墓城七姫 四の姫サリアは1リソースでトラッシュから自身を登場させます.

相手の低コストを処理したり,ディンギルに使用したりと色々と便利です.

 

このタイミングであればトラッシュが増えているため,下記2枚で複数枚ハンデスが可能です.

饗宴への誘い 黒剣八魂マルディシオンをトラッシュから手札に戻してハンデスすると極楽往生 黒剣八魂マルディシオンをチャージに置けます.

極楽往生 黒剣八魂マルディシオンをチャージから除外し,トラッシュから饗宴への誘い 黒剣八魂マルディシオンを手札に戻します.

これを繰り返すことで最大4枚ハンデスが可能です.

 

饗宴への誘い 黒剣八魂マルディシオンを相手ターンの除去として使用することも可能です.

極楽往生 黒剣八魂マルディシオンの効果は相手ターンにも使用出来ます.

なので,相手ターンに饗宴への誘い 黒剣八魂マルディシオンを手札に戻して除去が打てます.

 

3.4.2 IGOBする場合

“滅界誓装”イリューダ・オロンドでドリーム・キーを入手して災厄のイデア マルディシオンを登場させます.

まず,“滅界誓装”イリューダ・オロンドと3.4.1で紹介した方法で相手の手札を0にします.

次に,災厄のイデア マルディシオンの効果でNSの相手ゼクスを全て処理します.

最後に,黒剣八魂 鬼哭のマルディシオンを登場させて相手のIGを封じて完了です.

 

相手は手札がないため2ドローの内容が悪ければ,IGも封殺されるため盤面を返せなくなります.

もちろん,相手の引きが強ければ盤面を返される可能性はあります.

しかし,手札0枚&IG不可状態からの反撃なので強い動きをやりにくいはずです.

ターンが返ってきたら再度IGOBを行い,気勢の削がれた相手にトドメを刺して勝利します.

 

4. デッキの補足

このデッキに採用しているカードについて補足しておこうと思います.

 

4.1 メインデッキ

4.1.1 黒剣八魂 邪剣解放マルディシオン

手札のマルディシオンとトラッシュのノスフェラトゥかトーチャーズを入れ替えます.

トラッシュが増えやすいデッキなので,任意のカードにアクセスし易くなります.

なので,このデッキの潤滑油のようなスタートカードです.

 

饗宴への誘い 黒剣八魂マルディシオンの効果を使うのにも最適なカードです.

また,相手の先行1ターン目の3コストバニラに対処出来るのも魅力です.

 

4.1.2 新人看護助手キャサリン

トラッシュを増やしつつ,トラッシュからノスフェラトゥを回収出来るため便利なカードです.

IGでキーカードを回収出来るため,動きの選択肢が増えて良いです.

墓城の奏者レプイヤから登場させられるため,登場する機会は割とあります.

枚数を増やしたいのですが,黒剣八魂 鬼哭のマルディシオンとの兼ね合いで1枚だけ採用です.

 

4.1.3 饗宴への誘い 黒剣八魂マルディシオン

このデッキのハンデスの要となる重要カードです.

効果誘発タイミングは多いため,思ったよりもハンデス出来ました.

極楽往生 黒剣八魂マルディシオンと組み合わせて相手ターンに除去を構えるのも厄介です.

黒剣八魂 邪剣解放マルディシオンで優先的してトラッシュに置きたいカードです.

 

4.2 デュナミスについて

4.2.1 蔓延する『悪疾』アッハーズ

4コストゼクスの処理&トラッシュからのキーカード回収用に使用します.

5コスト以下のゼクスが回収対象なので,リソリン以外は大体回収可能です.

 

4.2.2 優艶の旋律リャナンシー

トラッシュが欲しい,もしくは相手の大型ゼクスを処理するときに使用します.

チャージが1枚消費なので,チャージが少ないときにスタートカードを残しやすいです.

蔓延する『悪疾』アッハーズでパワーが足りないときにも優先して使用します.

 

4.2.3 【伝説剣臨】幻殺刃ジャック

直接ライフにダメージを与えられるため,詰めの場面で使用するシフトです.

ハンデスに5コスト以下破壊が付与されるため,盤面を一気に返しやすくなります.

しかも,自身のゼクスも破壊出来るため連続攻撃が可能です.

連続攻撃と直接ダメージのおかげでトドメを刺しやすいです.

 

4.2.4 【運命剣臨】呪妖魂オクタ・オリジン

自身のパンプとトラッシュからの登場,ハンデス効果で攻防ともに活躍出来ます.

このデッキはパワー10500までしか採用していません.

そのため,サイズが大きい相手をワンパンするときには役立ちます.

 

トラッシュから登場させるゼクスは黒剣八魂 精魂農作マルディシオンが多いです.

マルディシオンデッキならば龍膽&黒剣八魂マルディシオンを登場させるべきだとは思います.

しかし,このカードのためだけに枠を割くのも微妙だったので今回は不採用です.

 

4.2.5 災厄のイデア マルディシオン

ハンデスデッキが不得手な盤面処理を担ってくれる優秀な全体除去要員です.

NSのオーバーブーストキラーなので相手のスクエア配置を歪められるのも強いです.

ドリーム・キーの消費が4個なので,2回登場させる機会は十分にあります.

 

4.3 オーバーブーストについて

4.3.1 “滅界誓装”イリューダ・オロンド

“無法誓装”よりもインパクトに欠けますが,安定して使いやすかったです.

【伝説剣臨】幻殺刃ジャックの除去を複数回使いやすい点も良かったです.

ただし,IGアイコン持ちにマルディシオンが少ないため,チャージ管理は気を付けたいです.

 

ノスフェラトゥ寄せにしたため,ドロー効果にはそこまで頼らなかったです.

トーチャーズ寄せにした場合はドロー効果がかなり活きてくると思います.

 

5. おわりに

久しぶりにマルディシオンデッキに触れましたが,なかなかエグイ感じに仕上がりました.

相手を手札0枚&VBでIG出来ない状態へ追い込めれば,相手に反撃手段は用意出来ませんから.

 

思っていた以上にハンデスしやすいので,フリープレイには向かなそうです.

その性質上,ハンデスとランデスはどうしても嫌われる傾向にありますからね.

 

個人的にマルディシオンはトーチャーズよりもノスフェラトゥに寄せたほうが安定しますね.

IGアイコンがトーチャーズでない分ハンデス機会は減ります.

しかし,ハンデスは各種マルディシオンやオーバーブーストでカバー出来ますからね.

マルディシオンデッキを組みたい人の参考になれば幸いです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント