黒単プレデター(ズィーガー型オーバーブーストなし)

Z/Xデッキレシピ
スポンサーリンク

1. はじめに

今回紹介するデッキはオーバーブーストなしの黒単プレデターです.

このデッキはIGOBしなくても勝つことを主眼に置いています.

IGOBするのが基本な環境ですが,動きの速いデッキならばIGOBしなくても勝てます.

チャージ補充によるIG連発,自壊,大型ゼクスの低コスト登場で一気にライフを刈り取ります.

カードを入れ替えればオーバーブースト採用型にもすぐに変更可能です.

 

オーバーブーストやシフトがないため,33弾以降のズィーガーデッキよりは安価です.

ですが,私が想定したよりも色々なカードが値上がりしていました….

そのため,思っていたよりも安価に組めなかったことだけ残念です.

 

スポンサーリンク

2. デッキレシピ

まずデッキレシピを紹介します.

※1 カード名の後ろの数字は採用枚数1枚の値段となっています.

※2 カードの値段は記事作成時の遊々亭様の値段を参照させていただきました.

 

プレイヤー

上柚木綾瀬 1・50

 

デュナミス

紫電の破魔矢プファイル 1・100

絶対死との邂逅ズィーガー 1・150

蔓延する『悪疾』アッハーズ 2・100

打ち据える『鋼槌』シュルシャガナ 1・300

試作型ブリMKII&汎用型ブリ 1・100

マスター・オブ・ビーチ ファオルペルツ 1・100

耽溺の神海エレシュキガル 1・100

『冥滅』する神獄エレシュキガル 1・780

【剣誓『死神』】綾瀬 1・5980

終天のイデア ズィーガー 2・100

 

オーバーブースト

なし

 

スタートカード

天使殺しの契約ズィーガー 1・20

 

IG枠

凶星の先触れアストロギ ←LR 4・980

弧月の爪撃ズィーガー ←VB 4・400

終わりを齎す者ズィーガー 4・400

黒剣の征服者ズィーガー 4・500

降り注ぐ雨レーゲン 4・100

 

非IG枠

コスト4

バックパンサー ズィーガー 4・100

コスト5

インフィニット・ギフト ズィーガー 4・150

飲み込む怪魚メガマウス 4・100

コスト6

四凶星 終焉の魔獣エンデ 4・680

朝顔と西瓜ズィーガー 4・20

私掠の足音トルペード 4・50

コスト7

宵闇の呪術ヘケセラ 4・20

イベント

開け、終天の門 1・50

 

デュナミス合計:8010円

IGOB合計:0円

メインデッキ合計:14120円

デッキ総額:22130円

 

デュナミスは選択肢を増やすために必須でないカードを色々積んでいます.

そのため,デュナミスはもっと安く出来ます.

【剣誓『死神』】綾瀬もあれば便利程度の認識です.

 

メインデッキが思ったよりもかなり高かったのは誤算でした.

四凶星 終焉の魔獣エンデは最重要カードなのである程度値段がするのは仕方がないです.

 

問題はIGアイコン枠の値段がかなり上がっていることです.

特に驚いたのは凶星の先触れアストロギですね.

プレデター単以外でまず使われないのにこの値段には驚きました.

黒剣の征服者ズィーガーは昨年末のエクストラ弾のRですが,思いのほか高騰してますね….

 

スポンサーリンク

3. デッキの動かし方

先行後攻どちらでも6リソースくらいで決着出来るように動きます.

凶星の先触れアストロギが要なので,出来れば5リソース以降にIGを連発したいです.

ですが,IGを温存しすぎると登場させるゼクスがトラッシュが溜まりません.

そのため,チャージ補充状況に応じて適宜IGを行います.

 

手札補充よりも基本的にはチャージ補充&IGを優先します.

IGこそがZ/Xの醍醐味だということを相手に思い知らせるつもりでバンバン捲りたいです.

 

6リソース時に可能であれば,終天のイデア ズィーガーをプレイしたいです.

そのため,ドリーム・キーは出来る限り毎ターン入手したいです.

 

3.1 1ターン目(3リソース時)

下記3種のカードのいずれかをプレイします.

2種のズィーガーは効果でデッキからトラッシュにカードを置けません.

ドリーム・キー入手のために,先行時は相手PSのスタートカードを破壊することも考えます.

降り注ぐ雨レーゲンはデッキ上をトラッシュに置きつつ,プレデターを1枚回収出来ます.

トラッシュ増加と手札回収が行えるため,このデッキの要となるカードです.

回収したいプレデターは上記3種です.

どれも攻めのキーカードなので,可能な限り手札に持っておきたいです.

 

黒剣の征服者ズィーガーはチャージブーストと除去の2つの効果を使い分けられます.

IGで登場したときにチャージブーストすることで連続IG可能な点が非常に優秀です.

このカードでIGを連発出来るかどうかが,攻めの苛烈さに繋がります.

3コスト以下破壊効果で相手のNSを処理しつつ,強引に攻める際にも使用します.

守ったら負けなので,点を取れるときはPSを空けてでもガンガン攻めていきたいです.

 

終わりを齎す者ズィーガーはターン終了時に6コスト以下のゼクスを破壊出来ます.

破壊タイミングは遅いですが,相手のPSも破壊出来ます.

序盤だと天使殺しの契約ズィーガーで得たチャージを無駄なく活用しやすいです.

トラッシュが増えればパワー5500として運用出来るのも良い点です.

 

3.2 2ターン目(4リソース時)

手札からバックパンサー ズィーガーをプレイします.

トラッシュを増やしつつ,手札かチャージを増やせるので非常に使い勝手が良いです.

次ターンのIG回数を増やすためにチャージブーストを優先します.

バックパンサー ズィーガーが手札に無い場合は1ターン目と同じ動きをします.

 

3.3 3ターン目(5リソース時)

ここから一気に畳みかけて相手のライフをガンガン削ります.

このタイミングから凶星の先触れアストロギが使えるため,IGでの登場を期待したいです.

上記2種は破壊したゼクスの枚数に応じてコストが下がります.(後者は相手のゼクスのみ)

凶星の先触れアストロギで相手のゼクス枚数を増やして破壊することで,両者のプレイコストを下げて盤面を制圧していきます.

四凶星 終焉の魔獣エンデはスクエアにある相手のゼクスすべてのパワーを常時-3000します.

ライフを失うリスクはあるものの,展開した盤面が残り易いのでゲームを決し易くなります.

 

凶星の先触れアストロギからインフィニット・ギフト ズィーガーを登場させたいです.

相手のゼクスの破壊に役立ちますし,自壊も出来るため連続攻撃に転用出来ますから.

自分のゼクスを破壊することでチャージを2枚作れるのも良い点です.

 

3.4 4ターン目以降

基本的には5リソース時と同じ動きをします.

それに加えてイデアライズとディンギルを使用して相手PSを苛烈に攻めます.

終天のイデア ズィーガーをで登場させて2回攻撃する動きでトドメを刺しに行きます.

チャージの条件がズィーガー3枚なのでその点だけは注意が必要です.

 

4. デッキの補足

この項目ではデッキに採用しているカードについて補足します.

 

4.1 メインデッキについて

4.1.1 天使殺しの契約ズィーガー

自分のメインフェイズ開始時にチャージを増やしつつ,相手の3コスト以下を破壊出来ます.

デッキ上3枚から好きなカードを置けるため,チャージやトラッシュの調整が出来ます.

四凶星 終焉の魔獣エンデ朝顔と西瓜ズィーガーの破壊カウントを進めやすいです.

そのため,早期に破壊されてチャージに置かれると攻撃に専念しやすくなります.

 

4.1.2 弧月の爪撃ズィーガー

他に使いやすいプレデターのヴォイドブリンガーがなかったので採用しました.

このデッキはオーバーブーストを採用していないため効果は全く使えません.

しかし,ズィーガー名称なので上記3種の条件を満たす際に役立ちます.

 

4.1.3 飲み込む怪魚メガマウス

手札からノーコストで相手ゼクス破壊とトラッシュからプレデター回収が行えます.

破壊カウントを稼ぎながら凶星の先触れアストロギ四凶星 終焉の魔獣エンデを回収出来ます.

そのため,攻撃を円滑に進めやすくなります.

 

4.1.4 四凶星 終焉の魔獣エンデ

このカードのおかげでデッキが成立するレベルのパワーカードです.

コスト軽減も強力ですが,スクエア全体パワーマイナスが非常に強力です.

オーバーブーストも対象になりますし,PSの相手ゼクスもパワーダウンしますから.

 

特筆すべきはこのカードを複数枚登場させたときです.

例えば,四凶星 終焉の魔獣エンデを2枚登場させた場合は常時パワーを-6000出来ます.

IGアイコン持ちのゼクスは基本的にはパワー5500以下が多いです.

そのため,相手のライフからIGアイコン持ちのゼクスが登場しても場に残りません.

相手のライフからIGアイコン持ちのゼクスが登場しても攻撃を通し続けられるのは圧巻です.

 

注意点はIGアイコン持ちのゼクスが大型除去効果持ちやVBの場合です.

登場した時に能力は誘発するため,このカードを除去されるとその後の攻撃が怪しくなります.

 

覚えておきたいのは相手も早いデッキならば,4リソース時に登場させることも可能です.

こちらのライフが厳しくなるものの,このカードが生き残るならば次のターンに強引にライフを削り切ることも見えてきます.

 

4.1.5 朝顔と西瓜ズィーガー

相手のゼクスを破壊すればするほど,低コストで登場可能なズィーガーです.

さらに登場時にはトラッシュからチャージにズィーガーを置けます.

そのため,終天のイデア ズィーガーのチャージ条件を満たす際にも便利です.

スクエアに同名は1枚までしか登場出来ない点だけ注意です.

 

このカードが5コスト以下になればインフィニット・ギフト ズィーガーで破壊出来ます.

そのため,相手がこちらのコストを下げる能力持ちの場合は連パンも可能です.

 

4.1.6 私掠の足音トルペード

条件が緩く,6リソース時以降にIGアイコンを得られる大型ゼクスです.

単純にデッキのIGアイコンの枚数が増えるため,攻防どちらでも有利になります.

手札に引き込んでしまったり,6リソース以前のIGで落ちるのはこの手のカードの宿命です….

 

4.1.7 宵闇の呪術ヘケセラ

ESが発動するとNSの相手ゼクスを1枚破壊し,そのゼクスがいた場所に自身が登場します.

破壊カウントを進めつつ,厄介なゼクスを排除して,さらに攻撃要員も確保出来ます.

非常に優秀な効果故に,1ターンに1回しか能力をプレイ出来ません.

トラッシュにプレデターが5枚必要なので序盤は失敗しやすい点だけネックです.

 

4.2 デュナミスについて

選択肢を増やすために色々積んでいますが,実際はほとんど使いません.

なので,良く使いそうなカードだけ補足します.

 

4.2.1 蔓延する『悪疾』アッハーズ

相手の4コスト以下を1枚破壊しつつ,5コスト以下をトラッシュから回収出来るので優秀です.

凶星の先触れアストロギ飲み込む怪魚メガマウスを回収することが多いです.

四凶星 終焉の魔獣エンデ飲み込む怪魚メガマウス経由で回収します.

 

4.2.2 打ち据える『鋼槌』シュルシャガナ

パワー6000以下のゼクスに盤面を多数埋められている場合に使用します.

絶界対策はもちろんですが,盤面処理に手数を割かなくて済むので攻撃に専念出来ます.

相手が展開しているほど破壊カウントを進めやすい点も良いです.

 

4.2.3 試作型ブリMKII&汎用型ブリ

手札を補充したいときやパワー9000が欲しいときに使用します.

他のディンギルに比べるとプレイ機会は少ないです.

 

4.2.4 マスター・オブ・ビーチ ファオルペルツ

チャージ2枚消費で相手のゼクスを2枚まで破壊しつつ,破壊したコスト以下になるようにトラッシュから2枚までプレデターを回収します.

2面取れるため便利ですし,2枚プレデターを回収出来るため動きやすくなります.

相手の盤面が大きいほど回収対象も増えて美味しいです.

私掠の足音トルペード宵闇の呪術ヘケセラのおかげでプレイし易いです.

 

4.2.5 【剣誓『死神』】綾瀬

オーバーシフトするだけでデッキ上のカードをチャージに置けます.

終天のイデア ズィーガーのチャージを用意しやすくなります.

あるに越したことはないですが,無くてもOKです.

 

5. おわりに

早いデッキであればオーバーブーストしなくても勝つことは十分可能ですね.

IGこそZ/Xの醍醐味だと思う方にはおすすめのデッキです.

 

誓いを積んで大型のズィーガーの枚数を増やせばオーバーブースト型にも出来ます.

オーバーブースト出来るとさらに勝ち筋が増えるため,より戦いやすくなります.

早めのズィーガーデッキを組みたい方は是非試してみて下さい.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント