先攻IGOBも可能!青単シャドウデッキ(蒼忍契騎型ニューP)ver.E29

Z/Xデッキレシピ
スポンサーリンク

1. はじめに

「シャイニーステージ!!」XIIIシャドウ ニューが追加されました.

なので,ニューをプレイヤーにしたシャドウデッキを組んで遊んでみました.

今回は私が最近使っているニューPのシャドウデッキを紹介します.

前回紹介したあづみをプレイヤーにしたシャドウデッキと構築はほぼ一緒です.

ですが,先攻6リソースにIGOB出来るなど異なる動きが可能になっています.

 

スポンサーリンク

2. デッキレシピ

まずデッキレシピを紹介します.

※1 カード名の後ろの数字は採用枚数1枚の値段となっています.

※2 カードの値段は記事作成時の遊々亭さんの値段を参照させていただきました.

 

プレイヤー

ニューP 1・400

 

デュナミス

ハーモナイズソード アルダナブ 1・50

エレクトリックアイドル イオ 1・50

億劫なる『沈泥』ラハム 1・150

教唆の『命慟』ティアマト 1・1280

【恩讐刃神】始極焉ギルガメシュ 1・500

【宿怨刃神】冥幽滅エレシュキガル 1・50

「SHiFT」夢を描こう! 1・3980

【顕誓『愛邪精神』】ニャルラト 2・400

デネボラ×シャドウ・アスル 2・2480

カードデバイスの変革者 2・2480

“蒼忍契騎”デネボラ上 3・400

(“蒼忍契騎”デネボラ下 1・980)

 

スタートカード

アイドル研究生ニュー 1・50

 

IG枠

ブランデッドソード アルダナブ ←LR 4・50

アレスタシャドウ レオニス ←VB 4・50

シノビシャドウ ヘルリス 4・50

ディエスシャドウ Type.X 4・500

ハチェットシャドウ ピューティス 4・50

 

非IG枠

コスト4

契りの蒼忍 シャドウ・デネボラ 4・50

ブラストシャドウ キュニー 2・100

スラッシュシャドウ セギヌス 4・20

コスト5

ファーストシャドウ アスル 4・400

マルチプルシャドウ タウ 4・50

XIIIシャドウ ニュー 4・150

コスト6

カイリーシャドウ スィオネ 2・100

コスト7

コスト9

シュヴァルツシャドウ シエル 4・100

イベント

行こう、電子の先へ 1・50

 

デュナミス合計:16780円

オーバーブースト合計:2180円

メインデッキ合計:6780円

デッキ総額:25740円

 

前回作ったあづみ型の時はデッキ総額が31140円だったのでだいぶ安くなりましたね.

全体的にメインデッキのカードは安くなっていますが,ファーストシャドウ アスル「キャラクターデッキ 各務原あづみ」で再録されて安くなった影響が一番大きいですね.

 

2021年12月16日発売のEXパック第31弾「ゼクス伝説」デネボラ×シャドウ・アスルが再録されます.

そのため,デネボラ×シャドウ・アスルの値段も下がるはずなので組みやすくなりそうです.

逆に,再録されない“蒼忍契騎”デネボラの値段は高くなりそうですね.

なので,今後シャドウデッキを組むなら早めに“蒼忍契騎”デネボラは確保しておきたいです.

これは転身,輝聖,魔眼,マジカルのオーバーブーストも同様です.

プロモのニューPが400円するのは結構驚きましたね.

おそらく,IGRやCVRなどの高額なプレイヤーカードを除くとSHiFTのプレイヤーカードは「サマーステージ!!」のプロモ版しかないからですね.

既に発売から2年経っていますし,流通量が減っているから値段が上がっているんでしょうね.

 

昔は新弾1ボックスに1枚プロモとして新イラストのプレイヤーカードが封入されていました.

なので,新しいイラストのプレイヤーカードを見るのも1つの楽しみでした.

確か22弾くらいから新弾1ボックスにプロモのプレイヤー封入が無くなったんでしたっけ?

 

新規追加プレイヤーのプレイヤーカードはプロモ版の種類と入手機会共に少ないです.

なので,1年に1枚くらい全プレイヤーのプロモ版を追加してもいいんじゃないでしょうか.

良く使うデッキのプレイヤーカードはCVRやIGRを使う人が多いです.

しかし,普段使っていないプレイヤーで試しにデッキを組んで遊びたい時とかは安価なプロモ版が欲しいことも多いですし.

 

スポンサーリンク

3. デッキの動かし方

5リソース時に下記3枚でシュヴァルツシャドウ シエルを登場させて攻めます.

基本的な動かし方は前回とほぼ同じなので下記記事をご覧ください.

5リソースで17コスト分展開!青単シャドウデッキ(蒼忍契騎型あづみP)ver.B36
1. はじめに シャドウデッキは5リソース時のファーストシャドウ アスルからの動きが強いです. ですが,5リソース時に36弾で追加されたシュヴァルツシャドウ シエルを使えればさらに強力な動きが可能になります. 5リソース時点で...

 

スポンサーリンク

4. 今回から採用したカードについて

この項目では今回から追加したカードがどんな役割を果たすのかご説明いたします.

 

4.1 アイドル研究生ニュー

双方のターンで手札を入れ替えられるのでキーカードを揃えやすいです.

また,自ターンなら手札枚数に応じて大型もバウンス出来るので盤面を空けやすいです.

手札枚数が減るとバウンスしにくくなりますが,そんなに気にならない感じです.

 

4.2 XIIIシャドウ ニュー

シャドウデッキのプレイヤーをニューPにした最大の理由となるカードです.

条件を満たせば手札で3コストになるため,色々と融通が利きやすいです.

 

先攻6リソース時ならこのカードを3コストで登場させて「SHiFT」夢を描こう!で相手のパワー5000以下をリソースに置いて相手を6リソースにします.

残り3コストでIGOB出来るので1ターン早くイデアライズして強い動きが可能になります.

この動きをする時は序盤から比較的無害な相手のパワー5000以下のゼクスをスクエアに残すように意識して動きたいです.

手札で3コストになるので,ファーストシャドウ アスルで登場させられるのも利点です.

本来ならイデアドライブを警戒するところを普通に5コストで攻撃出来ますから.

さらに,シュヴァルツシャドウ シエルからマルチプルシャドウ タウと一緒に登場させられます.

マルチプルシャドウ タウを回収することで次ターンに再度シュヴァルツシャドウ シエルを登場させやすくなりますし,ファーストシャドウ アスルを登場させられるのでスクエアを1面多く埋められます.

 

4.3 「SHiFT」夢を描こう!

パワー5000以下のゼクスに対する除去が使えるオーバーシフトです.

XIIIシャドウ ニューが3コストで登場出来るため,先攻IGOBが可能になりました.

1ターン早くイデアライズを含めた強い動きが出来るのはあづみ型には無い利点です.

単純に盤面確保目的で低パワーをバウンスや破壊するのも結構便利だったりします.

 

4.4 【顕誓『愛邪精神』】ニャルラト

トラッシュからの回収がほぼ不可能な青にとっては物凄く助かる回収効果です.

キーカードを回収し易くなったので,再度シュヴァルツシャドウ シエルを登場させるのが非常に楽になりました.

契りの蒼忍 シャドウ・デネボラも回収出来るので再度IGOBするのもかなり容易です.

 

基本的に青はトラッシュから誓いを回収出来ないので【顕誓『愛邪精神』】ニャルラトの有難みをひしひしと感じています.

あづみ型のシャドウを使う際にも【顕誓『愛邪精神』】ニャルラトを必ず採用したいです.

 

5. おわりに

ニューPにしたことで先攻IGOBや盤面展開力が増しました.

5コストを3コスト扱い出来るのは想像以上に影響が大きかったですね.

また,【顕誓『愛邪精神』】ニャルラトの追加も大変影響が大きかったです.

トラッシュから回収しにくい2種族デッキにはほぼ必須と言えるオーバーシフトです.

あづみ型のシャドウとは異なる動きが出来るので,ニューPのシャドウも遊んでみて下さい.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント