何度も相手の手札を0枚に!黒単ラヴ黒剣デッキ(アヴァンツEX型イリューダ)ver.B41

Z/Xデッキレシピ
スポンサーリンク

1. はじめに

「一体いつから—-あなたの手札が残っていると錯覚していた?」

今回は41弾バージョンの黒単ラヴ黒剣デッキを紹介します.

黒剣の反魂でスクエアを制圧しつつ,各種マルディシオンでハンデスし,トドメに舞い踊る人形ラヴを登場させて相手の手札を0枚にするのがコンセプトのデッキです.

大型が登場しやすい環境なので反魂を発動させてスムーズに展開しやすいです.

1回動き始めると毎ターン全面埋めて相手の手札を0枚にするのも難しくありません.

 

比較的安く作れますし,動きも簡単なので初心者にも使いやすいデッキです.

ですが,このデッキを使い過ぎると友人が遊んでくれなくなってしまう可能性があります.

何故なら毎ターン全面埋められて手札を0枚にされるのは物凄ぉぉぉく嫌なはずですからね.

 

スポンサーリンク

2. デッキレシピ

まずデッキレシピを紹介します.

※1 カード名の後ろの数字は採用枚数1枚の値段となっています.

※2 カードの値段は記事作成時の遊々亭さんの値段を参照させていただきました.


 

プレイヤー

イリューダ・オロンド 1・100

 

プレイヤーエクストラ

アヴァンツEX 1・300

 

デュナミス

墓城の庭師ルディーニ 1・200

ボーパル・バニーガール イヴ 1・50

ランクEの指導係イラ 1・200

蔓延する『悪疾』アッハーズ 1・100

拉ぎの『兇拐』ラマシュトゥ 1・200

優艶の旋律リャナンシー 1・200

『冥滅』する神獄エレシュキガル 1・400

天醒飛翔メリーゴーランド 1・50

寓話の神夢 アリス 1・6980

【集魂再臨】アヴァンツ 3・50

【顕誓『愛邪精神』】ニャルラト 1・980

災厄のイデア マルディシオン 1 1・100

カードデバイスの変革者 2・1280

 

スタートカード

黒剣八魂 邪剣解放マルディシオン 1・20

 

IG枠

アルタークルセイド マルディシオン ←LR 4・150

新人看護助手キャサリン ←VB 4・100

黒剣兵 打ち込むリガンド 4・20

黒剣八魂 悪逆のマルディシオン 4・100

黒剣兵長 熟達のエクスペルトー 4・50

非IG枠

コスト4

黒剣八魂アジルスランバー 4・150

コスト5

黒剣兵 回り踊るギラール 4・20

饗宴への誘い 黒剣八魂マルディシオン 4・150

黒剣王 凶刃のアスパーダ 4・20

コスト6

黒剣八魂 ルースプリヴァル 4・100

アヴァンツ 怨嗟の決意 1・20

コスト7

黒剣王 進軍のアヴァンツ 3・100

舞い踊る人形ラヴ 4・100

イベント

開け、災厄の門 1・50

 

デュナミス合計:12170

プレイヤーエクストラ:300

メインデッキ合計:4330

デッキ総額:16800円 

 

想定よりもデッキ総額は高く見えますね.

ですが,寓話の神夢 アリスなどのデュナミスの高額カードを省けばもっと安く組めます.

驚いたのはカードデバイスの変革者が1280円もすることです.

再録して1000円以下になっていたのですが,じわじわ需要が増えているみたいですね.

 

スポンサーリンク

3. デッキの動かし方

序盤は反魂で展開するためにトラッシュを優先的に稼ぎます.

相手が6コスト以上を登場させてきたら反魂で黒剣八魂 ルースプリヴァルを複数枚登場させて一気に巻き返しを計ります.

この時に各種マルディシオンでハンデスし,舞い踊る人形ラヴで手札を枯らします.

相手だけでなく,こちらも手札が無くなりやすいので手札の維持に注意です.

 

3.1 1ターン目(3リソース時)

トラッシュが欲しいので何かしらIGアイコン持ちをプレイします.

最優先でプレイしたいのはアルタークルセイド マルディシオンです.

能力でトラッシュとチャージを増やせるため次ターン以降動きやすくなります.

黒剣八魂 悪逆のマルディシオンは次ターンに使いたいので極力温存したいです.

 

3.2 2ターン目(4リソース時)

黒剣八魂 悪逆のマルディシオンで相手の手札を削りつつEX化もします.

序盤から少しづつハンデスすることで相手の選択肢を狭めて動きを抑制できます.

相手が選ぶ単純な1枚ハンデスですが,積み重なると非常に脅威です.

このデッキは序盤にライフにダメージを受けることは少ないです.

なので,この時点でEX化しておかないと後々困りやすくなります.

 

3.3 3ターン目(5リソース時)

このタイミングでは次の2パターンを想定しています.

 

3.3.1 反魂が使えるかライフを取りに行く場合

黒剣兵 回り踊るギラール【集魂再臨】アヴァンツをシフトして相手の6コスト以上を破壊して黒剣八魂 ルースプリヴァル黒剣王 凶刃のアスパーダを反魂で登場させます.

黒剣八魂 ルースプリヴァル黒剣八魂 悪逆のマルディシオンを登場させ,饗宴への誘い 黒剣八魂マルディシオンを回収して相手の手札を2枚削ります.

この流れで登場させた4枚のトーチャーズは指定の位置に置きます.

すると,舞い踊る人形ラヴの能力起動条件を満たせます.

なので,舞い踊る人形ラヴを登場させてさらに2枚ハンデスします.

この流れで5面埋めつつ,相手の手札を4枚ハンデスしました.

IGの当たり次第では相手の手札をもっと削ることも可能です.

 

反魂が使えない場合は黒剣兵 回り踊るギラールと3コストで1点取ります.

反魂が使える場合と比較すると非常に地味な動きになります.

ですが,IGの当たり次第では舞い踊る人形ラヴを登場させることも出来ます.

舞い踊る人形ラヴを登場させられるならライフを削るよりもハンデスを優先します.

 

3.3.2 ボーパル・バニーガール イヴをプレイ

3.3.1が使えない場合のプランです.

トラッシュを増やしつつ,除去とハンデスが使えるので動きとしては良いです.

ですが,3.3.1と比較すると地味さが拭えないですね.

 

3.4 4ターン目(6リソース時)

基本的な動きは3.3.1と同じです.

6リソあるおかげで黒剣八魂 ルースプリヴァルを2枚登場させられるのは大きいです.

6リソースになることでスタートリソースが使えるようになります.

なので,黒剣兵 回り踊るギラール以外の手札にある5コストの黒剣でも始動が可能です.

黒剣兵 回り踊るギラールは手札を2枚消費するので手札状況次第ではスタートリソースから始動させた方が良い場合も多々あります.

【集魂再臨】アヴァンツの能力でも手札を1枚使いますからね.

6コストディンギルが使えるようになるので動きの幅が増えるのも大きいです.

主に蔓延する『悪疾』アッハーズ黒剣八魂 悪逆のマルディシオンを回収してハンデスすることが多いです.

パワー9000が欲しい時は拉ぎの『兇拐』ラマシュトゥを登場させます.

拉ぎの『兇拐』ラマシュトゥは自身の能力でハンデス出来るので黒剣八魂 悪逆のマルディシオンがトラッシュにない時にも助かります.

 

これ以降は常にこちらが盤面を制圧して相手の手札が0枚の状況です.

こちらも手札が少ないですが,相手の反撃は弱いのでジワジワ削って勝ちます.

 

スポンサーリンク

4. デッキの補足

このデッキに採用しているカードについて補足します.

 

4.1 メインデッキ

4.1.1 黒剣八魂 邪剣解放マルディシオン

手札のマルディシオンを捨てて,トラッシュから捨てたカードと別名のトーチャーズかノスフェラトゥを回収します.

なので,手札にマルディシオンを持っておくように意識したいです.

相手のスリープの3コスト以下を破壊出来るのも結構便利です.

基本的には饗宴への誘い 黒剣八魂マルディシオンを回収してハンデスか相手の6コストを破壊して反魂で動くときの始動点にすることが多いです.

また,舞い踊る人形ラヴを回収出来る数少ない手段です.

なので,舞い踊る人形ラヴが使える時は舞い踊る人形ラヴの回収を優先します.

他のスタートカードの候補はゆらゆらするクレイドルです.

ハンデスしないと使えませんが,トラッシュからトーチャーズを回収出来ます.

手札を増やせるので手札事情が格段に楽になります.

相手ターンにも使えるのでライフから黒剣八魂 悪逆のマルディシオン新人看護助手キャサリンが登場してハンデスすれば相手ターンに手札を増やすことも可能です.

 

4.1.2 新人看護助手キャサリン

登場時にデッキを削りつつ,トラッシュからノスフェラトゥを回収出来るのは助かります.

最序盤以外は常にトラッシュ回収が出来るのでIGで登場すると美味しいです.

基本的には饗宴への誘い 黒剣八魂マルディシオンを回収することが多いです.

全ハンデスしてもチャージで手札を稼いで立て直せるタイプのデッキは非常に苦手です.

ですが,黒単だとチャージに干渉する手段はほぼ無いです.

チャージを潰したい場合はVBに爆速バタフライ マルディシオンを採用します.

赤のゼクスを採用出来れば唯我の神意 ナナヤ無戦の神姫 ルルイユでチャージを潰せるようになりますから.

ただしどちらもリソースに赤が必要なので他にも赤いカードを採用したいですね.

赤のIGアイコン持ちのゼクスが良いですけど,再生の胎動も有りかもしれません.

 

4.1.3 黒剣兵 打ち込むリガンド

トラッシュを増やせる黒剣のIGアイコンとして採用しています.(名称は大事)

攻撃時にトラッシュの黒剣のコストを下げる効果は有効に使える機会が少ないです.

黒剣兵 蠢くメネオを採用していませんし,大型ゼクスが登場しやすい環境なので反魂を誘発させる対象にも困りません.

なので,他に良いカードがあるなら入れ替えてしまっても良いような気がします.

 

4.1.4 黒剣兵長 熟達のエクスペルトー

登場時にデッキを削りつつ,NSのゼクスを破壊出来る黒剣なので便利です.

IGで登場して相手の大型ゼクスを破壊出来れば即座に反魂を使えますから.

しかも,自分のゼクスも破壊出来るので自壊して連続攻撃することも出来ますし.

IGで登場した場合は自身を破壊してさらにIGをするなんてこともあります.

ですが,破壊出来るゼクスのコストはデッキ上次第なので効果が結構不安定です….

 

このデッキは8コストを採用していません.

そのため,この効果で相手のアークゼクスを破壊出来ないのは気になったりします.

 

4.1.5 黒剣八魂 アジルスランバー

ESでトラッシュから黒剣を回収出来るのは便利です.

黒剣しか回収出来ないので基本的には饗宴への誘い 黒剣八魂マルディシオンを回収するためにしか使用しません.

4コストは踏み倒しにくいので,基本的に登場させることはないです.

 

4.1.6 黒剣王 凶刃のアスパーダ

ESでデッキ上を削りつつ,1ドローも出来るので便利です.

ただし,黒剣が落ちないとドロー出来ないので不発も多かったりもします.

コスト比のサイズは小さいものの,反魂1で登場出来るのは助かります.

さらに,5コストなので【集魂再臨】アヴァンツにシフト出来ますし.

 

4.1.7 黒剣王 進軍のアヴァンツ

絶界を貫通して左か右の列を一掃するので盤面を空けたい時に非常に助かります.

非常に助かるのですが,1ターンに1回しか使えないので3枚採用にしています.

デッキをガンガン削るので余程のことがない限りは1枚くらい落ちているはずですから.

 

4.1.8 舞い踊る人形ラヴ

条件があるものの0コストで登場しつつ,2枚ハンデスはなかなか強烈です.

PSと真ん中に置けるので2枚登場させて4枚ハンデスするのも難しく無いです.

久しぶりに舞い踊る人形ラヴが使えたので私としてはかなり満足です.

 

一応この能力は相手ターンにも使用出来ます.

なので,PSだけ空けておいて相手の攻撃時即登場してハンデスすることも出来ます.

ただし,条件の位置を1枚でも除去されると駄目なのでハイリスク過ぎですけどね.

 

4.2 デュナミスについて

4.2.1 墓城の庭師ルディーニ

トラッシュを増やしつつ,トラッシュからノスフェラトゥを回収出来るのは便利です.

手札が切れやすいデッキなので,ゲーム後半で手札が枯渇した時に使うことがあります.

もしくはボーパル・バニーガール イヴを使うタイミングでこちらの方が良い時とかですね.

 

4.2.2 ランクEの指導係イラ

チャージ1枚消費で1ドローが便利です.

手札が枯渇し易いデッキなので1ドローだけでも有難いです.

 

4.2.3 優艶の旋律リャナンシー

トラッシュを増やしながらNSの相手ゼクスを1枚破壊出来ます.

他のカードで除去が追い付かない場面で使用します.

便利なのですが,今のところほとんど使う機会は無い感じです.

 

4.2.4 『冥滅』する神獄エレシュキガル

NSの相手ゼクス1枚破壊&3コスト以下蘇生はかなり使いやすいです.

チャージ3枚消費は重いですが,このデッキだとほとんど気になりません.

登場させるゼクスは新人看護助手キャサリン黒剣八魂 悪逆のマルディシオンですね.

前者で手札を増やすか,後者でハンデスするかといった感じです.

手札が枯渇しているなら前者を回収してから後者をプレイするなんてこともします.

 

4.2.5 天醒飛翔メリーゴーランド

NSの相手ゼクスを2枚まで破壊しつつ,破壊した枚数分ハンデスします.

大体2枚ハンデスなので相手の手札を枯らすのに貢献してくれます.

ですが,天醒飛翔メリーゴーランドを使うまでもなく枯渇していることが多いですけど.

 

4.2.6 寓話の神夢 アリス

7コストディンギルや舞い踊る人形ラヴを破天降臨のコストにして登場します.

舞い踊る人形ラヴを回収出来る数少ない手段なので採用出来ると助かります.

 

4.2.7 【顕誓『愛邪精神』】ニャルラト

手札の不要な2種族をトラッシュの有用な1種族に変換するシフトです.

ですが,このデッキの場合はほぼ饗宴への誘い 黒剣八魂マルディシオン専用回収です.

追加のハンデスのつもりで採用しましたが,手札が枯渇し易いので使いにくいです.

ハンデス目的なら【剣誓『塔』】イリューダを採用すべきだと思いました.

饗宴への誘い 黒剣八魂マルディシオンをスタートリソースで登場させることはそれなりにありますし,災厄のイデア マルディシオンも採用していますからね.

滅火の煉獄剣 マルディシオンが収録された影響か,【剣誓『塔』】イリューダの値段が地味に上がっていたり売り切れていたりするのは予想外でした.

 

4.2.8 災厄のイデア マルディシオン

災厄のイデア マルディシオンのためにゲートカードは採用したままにしています.

相手は自分の手札枚数分NSのゼクスを指定してそれ以外を破壊します.

基本的に相手の手札は0枚なので全体破壊効果持ちとして使用出来ます.

しかも,絶界は相手も守る対象に選べないので破壊出来る点も優秀です.

相手の引きが強くて一気に立て直されても問答無用で更地に出来るのは助かります.

 

4.2.9 カードデバイスの変革者

2種族主体なのでイデアドライブはカードデバイスの変革者を採用しています.

ヘルトーチャー・スラッシュでも良いですが,2種族よりもマルディシオンの枚数の方が少ないので使い勝手は悪いです.

ドリーム・キーは4個くらいが限界なので下段の能力を使う機会もほぼ無いですし.

 

5. おわりに

全面制圧&全ハンデスを毎ターン出来るのは使っていて爽快です.

しかし,TCGでハンデスは嫌われやすいのでほどほどにお使いください.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント