イニストラード:真紅の契りドラフト評価(多色編)「群れの仔」他21枚

MTGアリーナドラフト
スポンサーリンク

1. はじめに

イニストラード:真紅の契り収録の各カードのドラフトにおける評価を確認します.

今回はイニストラード:真紅の契りの多色のカードのドラフト評価です.

全部確認するのは大変だと思いますが,ピックする機会や対戦相手に使用される機会が多いアンコモンだけでも確認しておきたいです.

私見ですが,各カードの評価を5段階で点数をつけました.

なので,各カードのピック優先度の目安になれば幸いです.

 

スポンサーリンク

2. レア&神話レアの評価

イニストラード:真紅の契りの多色のレア&神話レアは12枚です.

多色のレア&神話レアは黒赤と白黒だけ2種で他の色の組み合わせはいずれも1種ずつです.

 

2.1 面汚しの乙女、エインジー(4~5点)

4マナ4/5と優秀なサイズで吸血鬼登場時に血・トークンを生成出来ます.

そのため,血・トークン参照効果が多い吸血鬼と好相性です.

さらに2マナ&生け贄1体で相手に2点ダメージ&自分に2点回復もあります.

血・トークンも生け贄に出来るので使用する機会は割と多そうです.

 

2.2 苛まれし預言者、エルス(5点)

3マナ2/4なので焼かれにくく,ドローエンジンとして使いやすそうです.

1ドロー(通常ドローも含む)を2枚追放&このターンのみプレイに変更します.

そのため,2枚ともそのターンに使用出来れば2ドローしたのと同じですね.

高コストを2枚引いてしまうと勿体ないですが,基本的には追放した方が得だと思います.

 

2.3 雑食するもの、グロルナク(2~3点)

切削してパーマネントを追放領域から唱えらえるので疑似的なドローとして扱えます.

しかし,今セットにはカエルが雑食するもの、グロルナクしかいません.

さらに,雑食するもの、グロルナクがいなくなると追放領域から蛙声・カウンターが置かれた呪文をプレイ出来なくなります.

そのため,ドラフトだと能力を十分に活かせないと思います.

 

2.4 結ばれた者、ハラナとアレイナ(5点)

4マナ2/3は小さいですが,先制攻撃&到達があるので良いクリーチャーです.

しかも,+1/+1カウンターを置きつつ速攻も付与出来るので優秀な支援要員です.

 

2.5 霊狩り、ケイヤ(3点)

基本的にはトークン参照の能力なので,ドラフトだと微妙そうです.

一段目の能力がトークン無しで使えるなら接死付与としては使えそうです.

 

2.6 血に呪われた者、オドリック(2~3点)

3マナ3/3は良好なサイズですが,自身のみで血・トークンを生成出来ないのは×.

トランプルか威迫くらい持っていても良かったんじゃないでしょうか?

 

2.7 ラトスタイン翁(3~4点)

毎ターン切削して落ちたカードの種類によって3種類のトークンを生成します.

切削で墓地を増やしたいデッキなら良さそうだと思います.

 

2.8 真紅の花嫁、オリヴィア(5点)

6マナ3/4は小さいですが,飛行&速攻にリアニメイト能力と非常に優秀です.

真紅の花嫁、オリヴィアが何度も攻撃し続けられればアドを稼ぎ放題です.

真紅の花嫁、オリヴィアを除去されてしまうと蘇生したクリーチャーが追放されてしまう点だけは気を付けたいです.

 

2.9 天使の拳、トーレンズ(4点)

3マナ2/2は小さいですが,訓練持ちで1/1トークン生成能力もあるのは優秀です.

1/1トークンも訓練持ちなので,上手く使えればかなり厄介な盤面を作れそうです.

 

2.10 復讐に燃えた犠牲者、ドロテア(4点)

2マナ4/4&飛行は破格ですが,攻撃かブロックすると生け贄に捧げられてしまいます.

ドロテアの報復をセットすれば攻撃時に一時的に4/4&飛行を生成します.

そのため,ドロテアの報復をセットしてからが本番ですね.

 

2.11 魅せられた花婿、エドガー(5点)

4マナ4/4と良好なサイズで,吸血鬼全体に+1/+1/修正を与える優秀なクリーチャーです.

死亡後はエドガー・マルコフの棺になって毎ターン1/1&絆魂トークンを生成します.

さらに,血統・カウンターが3個置かれると魅せられた花婿、エドガーに再度変身します.

なので,相手にクリーチャー追放除去かアーティファクト破壊が無いと止まりません.

 

2.12 流城のルノ(4点)

流城のルノは3マナ1/4&飛行とそれなりのスペックです.

深遠の王、クロサスの攻撃時に攻撃クリーチャーを1体コピーするのは強いです.

今セットの青黒だと腐浪のガルガンチュア生物光の海蛇は2体コピー出来ますね.

ですが,6マナ以上のクリーチャーがデッキトップに必要なので変身しにくいのが難点です.

登場時に墓地にあれば良いのですが,ドラフトだと重いカードばかり積めないですから.

 

スポンサーリンク

3. アンコモンの評価

イニストラード:真夜中の狩りの多色のアンコモンは10枚です.

多色のアンコモンは全ての色の組み合わせで1種類ずつですね.

 

3.1 古きもつれ樹(3~4点)

実質4マナ4/4として扱えるので良さそうなクリーチャーです.

タフネスで戦闘出来るのでパワー13扱いになる不浄なる密集軍が非常に強くなりますね.

 

3.2 税血の収穫者(4~5点)

2マナ3/2と優秀なサイズで血・トークンも1個生成出来ます.

自身生け贄で所持している血・トークンの2倍のマイナス修正付与で除去としても使えるのも◎.

 

3.3 マルコフの浄化師(3~4点)

3マナ2/3&絆魂なので,なかなか良い感じのクリーチャーです.

自ターンにライフゲインしていれば2マナで1ドロー出来ます.

自身の絆魂だけだと心許ないので,他にライフゲイン手段が欲しいです.

 

3.4 マルコフの円舞手(3~4点)

飛行&速攻なので,相手にダメージを通しやすいです.

4マナ1/3は小さいですが,自身含めて2体に+1/+0修正を付与出来るのは良いですね.

 

3.5 シガルダ教の聖騎士(3~4点)

4マナ4/4と良好なサイズで,条件を満たせばトランプル&絆魂を得られるので優秀です.

3マナ払えば+1/+1カウンターが置かれているクリーチャーにトランプル&絆魂付与も◎.

ですが,自力で+1/+1カウンターを置けないので,サポートが欲しいですね.

 

3.6 髑髏スカーブ(3~4点)

濫用すると2/2を1体生成するので濫用コストに困らなくなります.

今セットの青黒には濫用が多いので,青黒を使うなら欲しくなりそうです.

 

3.7 堕落産みの蜘蛛(3~4点)

2マナ2/3&到達なので,なかなか優秀なクリーチャーです.

4マナ&自身生け贄で自分の墓地のクリーチャー枚数分の1/1トークンを生成します.

そのため,横並べしたいなら良さそうですね.

 

3.8 さまよう心(2~3点)

3マナ2/1は貧弱すぎますが,飛行持ちかつドロー効果もあるので悪くない感じです.

ですが,クリーチャー&土地は引けないので,手札に何も加えられないこともありそうです….

 

3.9 塩水漁り(3~4点)

塩水漁り登場時かオーラ呪文の対象時に1/1&飛行を1体生成するのは良さそうですね.

今セットの青白は両面エンチャントのオーラ呪文が複数ありますからね.

塩水縛りの贈り物も同じ効果なので,トークンをたくさん生成出来そうです.

 

3.10 群れの仔(4点)

4マナ2/5はタフネスに寄り過ぎですが,4マナで2/2を1体生成出来るのは良いですね.

野蛮な群友になると5/5&トランプルに強化され,全体+1/+0修正を付与出来ます.

このカードだけで2/2軍団を生成して,全体パンプが出来るのは優れていますね.

 

スポンサーリンク

4. おわりに

今回の多色はレアに優秀なカードが多いので,それを軸にデッキを組めると良さそうですね.

アンコモンは組み合わせて使うカードが多い感じでした.

そのため,それを意識したピックをしたいですね.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント