赤単女神ブレイバーデッキ(Last Dance&イデアライズ採用)ver.E21

Z/Xデッキレシピ
スポンサーリンク

1. はじめに

風紀を守る女神セレネを使いたくて赤単女神デッキを組み直しました.

せっかくなので今回の女神デッキはイデアライズも出来るようにしてみました.

チャージメタや5止めも以前より少ないため,イベント型IGOBでも十分戦えます.

 

女神デッキは元々展開力の高さとレンジで得点力の高いデッキでした.

そこに風紀を守る女神セレネが加わったことでより苛烈に攻められるようになりました.

得点力が高いデッキなので,IGOB出来なくても勝ち筋があるのも強みです.

最近のデッキでは安く組めるため,新規にデッキを組みたい方や初心者にもおすすめです.

 

スポンサーリンク

2. デッキレシピ

まずデッキレシピを紹介します.

※1 カード名の後ろの数字は採用枚数1枚の値段となっています.

※2 カードの値段は記事作成時の遊々亭様の値段を参照させていただきました.

 

プレイヤー

各務原あづみ 1・50

 

デュナミス

愛月奮戦の女神ツクヨミ 4・150

輝ける『僥倖』イナンナ 1・300

厳門の『苛烈』イガリマ 1・580

太陽に跳ねる猫女神バステト 1・50

狡猾な炎の神ロキ・レーヴァテイン 1・100

憩いの川遊び くるみ 1・100

陽炎の神娘ナナヤ 1・300

【恩讐刃神】始極焉ギルガメシュ 1・200

混迷のイデア クレプス 1・300

 

IGOB

“扇照契騎”女神アメノウズメ 上 3・680

“扇照契騎”女神アメノウズメ 上 1・2980

 

スタートカード

沈魚落雁の美女 小喬 1・150

 

IG枠

割卓の艶姫グィネヴィア ←LR 4・150

月華の女神セレネ ←VB 4・300

女神の神託 卑弥呼 4・150

春花の女神フローラ 4・20

夏を巡る女神ミネルヴァ 4・100

 

非IG枠

コスト2

水辺の癒しナイチンゲール 2・400

コスト4

運命を廻す女神フォルトゥナ 4・100

烈日の猫女神バステト 4・150

コスト6

繁栄の女神 木花咲耶姫 4・20

女神の休息アルテミス 4・100

コスト7

風紀を守る女神セレネ 4・100

イベント

開け、約束の門 1・50

Last Dance 2・150

女神アメノウズメ 扇照の契り 4・50

 

デュナミス合計:2530円

IGOB合計:5020円

メインデッキ合計:6310円

デッキ総額:13860円

 

オーバーブーストの下が高いですが,全体的に値段が下がっています.

そのため,今ならば想像していたよりも安く組めそうです.

最近のデッキにしては安く組めるので,女神デッキを組みたい方は今がチャンスだと思います.

 

スポンサーリンク

3. デッキの動かし方

基本的には6リソース時までは準備を整えて,6リソースから一気に勝負をかけます.

ですが,IGの当たり具合や手札状況によっては序盤からガンガン攻めます.

 

注意点はリソースにブレイバーを5枚以上置くことです.

運命を廻す女神フォルトゥナが全力を発揮するために必要です.

 

イデアライズを採用していますが,ドリーム・キーの入手は拘らなくてOKです.

今回採用しているイデアライズはドリーム・キー3個だけで済みます.

そのため,多少止まったとしてもゲーム終了までに1回イデアライズ出来ることが多いです.

 

3.1 1ターン目(3リソース時)

下記3枚のいずれかをプレイします.

6リソース時にはブレイバーレベル2,ウェイカーレベル3が必要になります.

ですので,ウェイカーレベル上げを優先していきます.

春花の女神フローラはウェイカーを表にしたとき1000ダメージを与えられます.

後攻時にバニラを返せますし,中盤以降にわずかにパワーが足りない時に役立ちます.

例えば自身がパワー5500を倒す時パワー10500でパワー11000を倒す時ですね.

 

夏を巡る女神ミネルヴァは指定したブレイバーが与えるダメージを2000増やせます.

通常攻撃はもちろんのこと,効果によるダメージも増やせます.

このデッキだと女神の神託 卑弥呼烈日の猫女神バステトのバーンダメージを上げられます.

相手ターンも使える効果なので烈日の猫女神バステトにこの効果を使用した場合は相手からするとなかなか厄介です.

 

女神の神託 卑弥呼はブレイバー登場時1000ダメージと女神が攻撃で相手のゼクスを破壊したとき1ドロー出来ます.

このデッキはほぼブレイバー&女神で構成されています.

そのため,ターンの始めに登場させておけば,バーンとドローでかなりアドを稼げます.

ちなみにこのデッキだと初手で唯一ドリーム・キーを入手出来るカードでもあります.

今も昔も卑弥呼はブレイバーデッキの要です.

 

3.2 2ターン目(4リソース時)

手札次第で2パターンの動きが想定出来ます.

 

3.2.1 通常の動き

手札から運命を廻す女神フォルトゥナをプレイします.

このタイミングだとリソースにブレイバーが3枚あるはずなので1ドロー出来ます.

6リソース時に向けて手札を増やしたいですし,ドリーム・キー入手も出来て◎.

リソースにブレイバーが5枚以上になれば,さらに1枚女神をサーチ出来るのも良いです.

手札に運命を廻す女神フォルトゥナがない場合は3リソース時と同じ動きをします.

 

3.2.2 レンジ2で相手PSを攻める

手札に烈日の猫女神バステト女神の休息アルテミスがある場合はこちらの動きをします.

烈日の猫女神バステト女神の休息アルテミスを登場させて,PSにレンジ2を付与します.

すると烈日の猫女神バステトとPSのゼクスでライフを1点取れます.

ここで水辺の癒しナイチンゲールがあればさらに1回相手PSを攻撃出来ます.

さらにイグニッションが当たっていれば追加でもう1回相手PSを攻撃出来ます.

 

つまり,このタイミングで相手PSを最大4回攻撃可能となります.

流石に4回は上振れですが,相手を突き崩せるタイミングなので苛烈に攻めたい場面です.

 

3.3 3ターン目(5リソース時)

デュナミスから愛月奮戦の女神ツクヨミをプレイします.

6リソース以降は手札消費が激しくなるので,ここで手札の量と質を良くしたいです.

このカードの登場時スクエアに3枚以上相手のゼクスがいれば全体5000ダメージを飛ばせます.

そのため,押されている状況でも対処がかなり楽です.

 

全体バーンが使いやすいため,6リソース時以降でもプレイすることがあります.

特に相手の盤面が強くて厳しい場合はLast Danceと絡めて一掃することも考慮します.

非常に使い勝手が良いので,まさしく愛月奮戦の女神ツクヨミはブレイバーデッキの女神です.

 

3.4 6リソース時以降

ここからが女神デッキの本領発揮です.

今まで集めた手札を用いて一気に攻勢をかけていきます.

 

3.4.1 IGOBしない場合

太陽に跳ねる猫女神バステトから風紀を守る女神セレネを登場させます.

攻撃済みの太陽に跳ねる猫女神バステト風紀を守る女神セレネのコストに出来ます.

そのため,相手PSへの攻撃回数を稼ぎつつ,盤面を空けて連続攻撃が可能です.

デッキ上次第ですが,風紀を守る女神セレネの効果で登場したゼクス次第ではさらに展開しつつ攻撃を継続出来ます.

後はいつも通り上記6種を使って展開して,レンジを付与してバンバン相手のライフを削ります.

太陽に跳ねる猫女神バステト風紀を守る女神セレネで攻撃回数を稼げるようになりました.

そのため,上手くすればこのまま押し切って勝てることも多いです.

 

3.4.2 IGOBする場合

基本的には3.4.1とやりたいことは同じです.

“扇照契騎”女神アメノウズメで女神2枚登場と自壊1回が可能です.

そのため,3.4.1よりもさらに動きやすく攻撃回数を稼げます.

 

“扇照契騎”女神アメノウズメで登場させる女神の候補は下記3種です.

手札から2枚風紀を守る女神セレネを登場させる場合は“扇照契騎”女神アメノウズメを相手PSへの攻撃に出すのも手です.

風紀を守る女神セレネの効果で“扇照契騎”女神アメノウズメをコストに出来ます.

そのため,IGOBの3コストだけで相手PSを最低でも5回攻撃可能になります.

レンジ付与や他の登場手段もあるため,攻撃回数をさらに増やしてライフを削り切ります.

 

4. デッキの補足

このデッキに採用しているカードについて補足しておこうと思います.

 

4.1 メインデッキ

4.1.1 Last Dance

1コストでNSにあるすべての相手ゼクスに手札枚数×2000ダメージを与えます.

女神デッキは手札を稼ぎやすいので優秀な全体除去です.

基本的には相手ターンの妨害ではなく,攻める際にNSを一掃するのに使用します.

もちろん,相手ターンに構えるのもOKです.

 

手札6枚で自ターンを迎えればリソースを貼っても手札は7枚あります.

このカード自身は枚数に含まないため,NS全体12000ダメージくらいは余裕で与えられます.

そこまで火力が出せない場合でも,中型以下のゼクスを一掃出来るだけでも十分です.

 

最初は4枚採用していたのですが,手札にダブつくことが多かったので枚数を2枚にしました.

運命を廻す女神フォルトゥナがリソースにブレイバーを5枚要求します.

IGOB起動もイベントなので,あまり手札にイベントがあり過ぎると困る事態が多いです.

ですが,2枚採用だと手札に来ないことも多いので本当ならば3枚採用にしたいところです.

 

余談ですが,女神とニューデッキ以外でもLast Danceを上手く使えるデッキが欲しいです.

なのでデッキの妙案がございましたら,教えて頂けると嬉しいです.

 

4.2 デュナミスについて

4.2.1 輝ける『僥倖』イナンナ

チャージ2枚消費でスクエアのゼクスを1枚除外出来るので使いやすい除去です.

相手のゼクスのみならず,自分のゼクスも対象なので,連続攻撃に使用することもあります.

 

4.2.2 厳門の『苛烈』イガリマ

太陽に跳ねる猫女神バステトが使えないときはこちらを使用して展開します.

割卓の艶姫グィネヴィアを登場させることが多いです.

そこから運命を廻す女神フォルトゥナ烈日の猫女神バステトを登場させて展開します.

以前の女神デッキはこちらの動きが主流でしたね.

 

4.2.3 狡猾な炎の神ロキ・レーヴァテイン

チャージ1枚消費と手札1枚除外で2ドロー出来るため,キーカードを探すのに役立ちます.

IGOBイベントの女神アメノウズメ 扇照の契りを探す際に使うことが多いです.

 

特筆すべきはこのカードの種族がブレイバーであることです.

そのため,風紀を守る女神セレネのコストに出来て展開しやすくなります.

なのでIGOBするときはこのカードを登場させることが多かったりします.

 

4.2.4 憩いの川遊び くるみ

チャージ1枚消費で全体5000ダメージは使いやすくて頼りになります.

Last Danceを採用しているため,併用することでノーマルスクエアを一掃しやすいです.

その場合は盤面処理にあまりコストを割かない分,攻撃に集中しやすくなります.

 

4.2.5 陽炎の神娘ナナヤ

チャージ1枚消費で相手のチャージとNSのIGアイコン持ちを1枚ずつ除外出来ます.

相手の厄介なチャージを処理したり,自分のゼクスを除外して連続攻撃に使用します.

使いやすいですが,他のカードで代用出来る効果なので,ほぼ私の趣味ですね.

 

4.2.6 【恩讐刃神】始極焉ギルガメシュ

シフトするだけでスクエア全体3000ダメージは使いやすいです.

行きだけ全体パンプみたいな感じで使えるので相手の全体パンプを無効化しやすいです.

Last Dance憩いの川遊び くるみと組み合わせるとNSを一掃しやすくなります.

相手PSにいるパワー3000以下を触らずに溶かせるのも良い点です.

 

4.2.7 混迷のイデア クレプス

リソースを支払わずに6コストパワー9000を登場させられるため,手数を稼げます.

ドリーム・キー消費3個なので,このデッキでも割と条件を満たしやすいです.

ですが,ディンギルのほうが優先されるので,あまり登場機会は多くないです.

 

5. おわりに

風紀を守る女神セレネの追加で大幅に攻撃性能が増したと感じました.

現在は新オーバーブーストが主流ですが,イベント型オーバーブーストもまだまだ戦えます.

女神デッキを組みたい方の参考になれば幸いです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント