ストリクスヘイヴン:魔法学院のドラフトで有用そうなコモン・アンコモン紹介(青緑編)「断固たる否定」他11枚

MTGアリーナドラフト
スポンサーリンク

1. はじめに

MTG公式サイトにてストリクスヘイヴン:魔法学院の全ての収録カードが公開されました.

なので,プレミアドラフトに向けてドラフトで有用そうなアンコモン以下を確認します.

アンコモン以下はピックしやすく使う機会が多いですから,しっかり覚えておきたいです.

逆にレア以上はピックしにくく,使える機会が少ないため,今回は割愛します.

今回はストリクスヘイヴン:魔法学院のドラフトで有用そうな青緑のカード紹介です.

 

スポンサーリンク

2. 霊気のらせん

パーマネント1枚をバウンスと墓地からパーマネント1枚回収を同時に行えて便利です.

バウンス対象も回収対象も広いので結構重宝しそうです.

バウンスは自分のパーマネントも対象に出来ます.

そのため,状況によっては自分のパーマネントの登場時能力の再利用も出来ますね.

登場時能力はETBというらしいですが,私的にはCIPの方が馴染み深いです.

 

スポンサーリンク

3. 生物数学者

実質3マナで2/2と1/1を登場させるクリーチャーです.

フラクタルを複数枚展開出来ていれば+1/+1カウンターの強化対象が増えて美味しいです.

クリーチャーを2枚出せるので,生け贄コストが必要な黒緑に欲しかったクリーチャーです.

 

スポンサーリンク

4. 断固たる否定

格闘除去とクリーチャー以外の打ち消しを選択出来る優秀なインスタントです.

クリーチャーは格闘除去,それ以外は打ち消せるため,ほとんどのカードに対応可能です.

どちらの効果も魅力的なので,青緑デッキを組むなら優先的にピックしたいです.

 

5. ひらめきの瞬間

2ドローしつつ,手札から土地を置けるので後半に強い青緑にピッタリのカードです.

手札から出す土地はアンタップインなので実質3マナで唱えられますね.

ソーサリーではなくインスタントなので,相手ターンに使えるのがかなり偉いです.

 

6. フラクタル召喚学

マナを支払うほど登場時に+1/+1カウンターを多く置いたクリーチャートークンを生成します.

青緑は土地が伸びるので相性の良い効果なのですが,マナ変換効率は悪いです.

講義なのでサイドボードに採用して,土地が伸びた後に履修で持ってくる感じですね.

 

7. 黄金比

自分のクリーチャーのパワーの種類が多いほどドロー出来るので夢があります.

クリーチャーを展開するほど手札が増えるようなものですからね.

2ドローでも十分ですし,3ドロー以上だと得られるアドバンテージが非常に大きいです.

 

8. 針棘ドレイク

サイズは小さいですが,飛行&接死なので相手のクリーチャーと相打ちを取りやすいです.

針棘ドレイクを立てておけば,相手は攻撃を躊躇いやすくなります.

 

9. クアンドリクスの初学者

魔技でライブラリー上3枚から土地を1枚引けるので青緑的に有難い効果です.

2マナ2/2と標準スペックなのも良いですね.

 

10. クアンドリクスの栽培者

登場時にライブラリーから基本森か島をアンタップイン出来る優秀なクリーチャーです.

サイズも良好なのに土地がアンタップインするとは驚きです.

青緑デッキの4マナ時に是非プレイしたいクリーチャーですね.

優秀な反面,色拘束はだいぶ厳しめな点に注意です.

 

11. クアンドリクスの誓約魔道士

魔技で+1/+1カウンターをどんどん置けるクリーチャーです.

履修付きのインスタントやソーサリーが多いので,サイズアップしやすいはずです.

イラストのぐんぐん大きくなるマーフォークがカードの性質にぴったりですね.

 

12. 四角の構え

1ターンだけクリーチャー1体の基本スペックを4/4に出来る汎用性の高いカードです.

自分の小型を大きくしても良いですし,相手の大型を4/4にサイズダウンも出来ますから.

注意点は基本スペックだけ変更するため,パンプ分は加算されるということです.

例を挙げると+1/+1修正を受けているクリーチャーは5/5になります.

 

13. クアンドリクスの神童、ジモーン

手札から土地加速&ドローが出来るシステムクリーチャーです.

相手の動きが遅ければガンガン土地を伸ばして有利な状況を作れます.

また,土地が伸びた後は枯渇した手札を補う役割も担えて便利です.

特に土地8枚以上だと2ドロー出来るのは非常に強力ですね.

 

14. おわりに

青緑は土地や手札を増やすアドバンテージを得るカードが多いですね.

そのため,早期に大型を登場させつつ,相手との消耗戦で強く立ち回れそうです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント