D&D:フォーゴトン・レルム探訪ドラフトにおけるアンコモン以下の評価(黒編)

MTGアリーナドラフト
スポンサーリンク

1. はじめに

2021年7月8日にMTGアリーナにてD&D:フォーゴトン・レルム探訪が実装されました.

なので,プレミアドラフトに向けてドラフトで有用そうなアンコモン以下を確認します.

アンコモン以下はピックしやすく使う機会が多いですから,しっかり覚えておきたいです.

今回はD&D:フォーゴトン・レルム探訪の黒のアンコモン以下の評価についてです.

 

スポンサーリンク

2. 悪意のビホルダー

フィアー・レイの全体威迫付与で膠着状態から攻撃を通してライフを奪いやすいです.

アンティマジックのエンチャント除去は相手が選ぶのでやや信頼性にかけます.

6マナ6/5と良好なサイズなのも良いですね.

 

スポンサーリンク

3. ブラック・ドラゴン

7マナと重いものの,4/4飛行は強力です.

登場時に-3/-3修正を与えるのでタフネス3以下のクリーチャーに対する除去としても使えます.

除去出来なかったとしても,弱体化させることでそのターンの戦闘を有利に運びやすいです.

 

スポンサーリンク

4. 罠を探す

相手の手札から土地以外を1枚選んで追放するタイプのハンデスです.

インストタントか瞬速を追放すれば相手のライフを1点奪えます.

早期に使用することで相手の重要なカードを潰し,動きを読みやすくなるのは良さそうです.

 

5. かたつく骸骨

自身の死亡時にダンジョン探索するシンプルな効果です.

追放やアンタップしない疑似除去がやや怖いですが,4マナ4/3なので悪くないと思います.

 

6. 命取りの論争

チャンプブロッカーや除去を打たれたクリーチャーに使用してドローするのがいいですね.

今回の黒は宝物を生成しやすいので,宝物を追加コストに捧げるのも有りですね.

 

7. ミルクルの死の僧侶

パンプ対象が黒のコモンだけでも5種あるので比較的活かしやすいです.

対象の種族をピック出来なくても自身の生成するスケルトンが2/2になるだけでも十分です.

 

自ターンにクリーチャーが死亡していれば1マナで1/1トークンを生成出来ます.

クリーチャーのコントローラーは問わないのでトークンを生成しやすいです.

なので,ミルクルの死の僧侶がいれば生け贄コストに困ることは少なそうです.

 

8. デモゴルゴンの手中

ドラフトは手札を維持しにくいので2枚ハンデスは結構な痛手です.

2点ライフを削れるので手札が枯渇する終盤でも腐りにくく最後の一押しにも使えますね.

 

9. 知性喰らい

相手が1枚選んでハンデス,条件達成で土地以外の好きなカードを選んでハンデスします.

そのままだと手札の1:1交換だけなので任意のカードをハンデス出来ないと微妙な感じです.

 

10. ドライダー

パワー4の到達なので大抵の飛行クリーチャーと相打ち出来ます.

今弾の黒はアンコモン以下の飛行が2枚しかないので対飛行で重宝しそうです.

プレイヤーに戦闘ダメージを与えるたびに2/1到達&威迫トークンを生成するのも優秀です.

 

11. ダンジョン・クロウラー

タップインですが,1マナ2/1と優秀なサイズです.

登場したターンにブロックは出来ませんが,パワー2なので採用に値する1マナです.

複数回の起動は難しいですが,ダンジョン踏破で墓地から回収出来るのも良さそうです.

 

12. ビホルダーの眼

-11/-11修正で大抵のクリーチャーは除去出来るインスタントです.

マイナス修正による除去なので破壊不能に対処出来るのは強みです.

その反面,6マナとだいぶ重いのが気になります.

 

13. 悲運の逆転

ダンジョン探索しつつ,墓地からクリーチャーを1枚回収出来るので悪くない感じです.

 

14. フェイン・デス

1マナで+1/+1カウンターを1個置きつつ蘇生出来ます.

破壊除去に対する守りに使えますし,接死持ちのクリーチャーを使い回すのも良いですね.

 

15. 不気味な報奨

クリーチャー&プレインズウォーカー用の除去です.

除去ついでに宝物を生成出来るので次ターンに大型クリーチャーを登場させやすいのも◎.

コモンのため入手性が良いので,黒を使うなら優先的に集めたい除去です.

 

16. 不気味な放浪者

2マナ5/3とコストに見合わない大型サイズのクリーチャーです.

ですが,不気味な放浪者を唱えるにはクリーチャーが死亡していなければなりません.

そのため,登場出来るタイミングが限られてしまうのはややネックです.

 

17. ハダルの伝令

6マナ支払うことでサイコロを振って相手のライフを2点削れます.

サイコロの目次第では2点ライフを得られるのでダメージレースで4点ずつ勝てます.

盤面が膠着している時や最後の一押しに活躍してくれます.

 

18. 雇われた魔剣士

宝物トークンのマナで唱えられると1ドロー&1点ライフを失います.

今回の黒は宝物を生成し易いので手札を維持する手段としては悪くない感じです.

 

19. 財宝荒らし

相手プレイヤーに戦闘ダメージを与えるたびに宝物を生成するのは良いですね.

ただし,パワー1なので攻撃が通りにくいため,何かしら補助が欲しいところです.

 

20. 足早のローグ

攻撃時限定で接死を得られる2マナクリーチャーです.

サイコロの目が10-19ならパワー3で殴れるのも良いですね.

相手の盤面がこれより強いクリーチャーしかいないときに防御を躊躇わせられます.

逆に相手が小型クリーチャーを並べているとあまり効果的に立ち回れません.

 

21. マンティコア

かすり傷を負った相手クリーチャーを破壊出来ます.

瞬速持ちなのでチャンプブロックと組み合わせることで除去として使用出来ます.

4マナとしてはサイズが小さいですが,飛行なので除去後に仕事し易いのも魅力です.

 

22. パワー・ワード・キル

除去対象に種族制限があるものの,2マナで打てる除去は優秀です.

ただし,今弾は各色にアンコモンのドラゴンがいるのでその点だけは注意したいです.

 

23. 急な落下

ダンジョン探索をしつつ,-2/-2修正を付与します.

タフネス2以下の除去としても使えますし,弱体化させるだけでも有効です.

ダンジョンを踏破していれば-5/-5修正とさらに強力になるのも魅力です.

 

24. レイ・オヴ・エンフィーブルメント

相手クリーチャーの戦闘ダメージ軽減する目的で使用するインスタントです.

1マナでタフネス1を除去出来ますし,パワー4マイナスは戦闘面でかなり助かります.

白が流行るなら除去としてもしっかり機能しますね.

 

25. 死神のタリスマン

攻撃時接死付与&単独攻撃で2ダメージ2回復と非常に優秀な装備品です.

ブロックされれば相打ちを取りつつ,ダメージレースで4点ずつ勝てますから.

ブロックされないならその分ダメージを稼いで勝利に近づけますし.

さらにミルクルの死の僧侶と組み合わせれば投げるクリーチャーに困らないですし.

パッと見た感じだとだいぶ強力な印象です.

 

26. 墓所のグール

生け贄を捧げれば1ターンに1回だけ+2/+2修正を受けます.

生け贄コストを用意出来るなら悪くないような気がします.

 

27. よろめく怪異

1マナ1/1ですが,タフネス2まで相打ちに出来るので採用しても良さそうです.

宝物も生成可能なので大型クリーチャー召喚の礎になってもらうのも有りです.

 

28. スカルポートの商人

宝物を生成しつつ,1/4の壁になるので悪くない感じです.

2マナ+生け贄で1ドロー出来るのでチャンプブロッカーや除去を打たれた自分のクリーチャーを有効活用しやすいのも利点です.

 

29. 盗人の道具

パワー3以下をアンブロッカブル化する装備品です.

今弾はプレイヤーに戦闘ダメージを与えるたびに発動する効果が多いのも好相性です.

膠着状況になりやすいドラフトではアンブロッカブル化出来るだけでもすごく偉いです.

登場時に宝物を生成出来るので装備までの隙を少なく出来るのも使いやすい点です.

 

30. 吸血鬼の落とし子

登場するだけでダメージレースで4点分勝てます.

3マナ2/3と標準的なサイズなので使いやすいです.

 

31. ウォーロック・クラス

レベル1でも自ターン終了時に条件達成で相手のライフを1点奪えるので悪くない感じです.

2マナ払えばレベル2で手札を確保出来るので動きを安定させやすくなりますし.

7マナと重いですが,レベル3なら2倍ライフを奪えるので勝利がかなり近くなります.

 

32. ユアンティの毒牙刃

3マナ2/2とややサイズが小さいですが,接死なので仕事をしやすいです.

攻撃時には相打ちかダンジョン探索を相手に強いられるのでパワー2以上の価値があります.

 

33. ゾンビ・オーガ

クリーチャーが死亡すれば次ターンの終わりにダンジョン探索出来ます.

クリーチャーのコントローラーは問わないので比較的ダンジョン探索しやすいです.

 

34. おわりに

今回も黒は除去が豊富な感じですね.

とはいえ,確実に破壊出来て使いやすい除去は少なめな感じです.

そのため,普段よりもクリーチャーが生き残りやすい環境かもしれませんね.

個人的には死神のタリスマン盗人の道具がポイント高めな印象です.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント