ゼクス「ゼクス伝説」新カード紹介「妖狐之舞『月下紅蓮』」他3枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2021年12月16日にEXパック31弾「ゼクス伝説」が発売されます.

今弾は様々な新カテゴリの切り札となるレジェンドレアの追加が楽しみな弾です.

アルターブレイクなどの再録もあるので,入手難で組めなかったデッキを組みやすくなります.

今回は妖狐,式神,サテライト,墓城のレジェンドレアを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 妖狐之舞『月下紅蓮』

妖狐のレジェンドレアは0コストのイベントです.

コスト軽減のおかげで展開力がさらに増しますね.

ですが,妖狐はドローが少ないので今まで以上に手札は辛くなりそうな気もします.

2年以上前に登場したルルイユですが,元の種族は妖狐だったんですね.

このサイクルのク・リトはそこまで使われなかったので救済して欲しかったです….

ナトコとセレアノはフリーカードが配布されたのでそれなりに対戦しました.

ですが,追加が一番遅かったミステリアは1回も使用されているのを見ませんでしたから….

 

1つ目の能力について

条件達成で1ターンだけ手札のすべての妖狐のコストが1減るので展開し易くなります.

0コストで使えるため,今まで以上に展開し易くなりますね.

このカードを連打出来るとさすがに不味いので同名1回制限がついています.

 

2つ目の能力について

条件達成で手札とリムーブにあるこのカードを入れ替えられます.

妖狐はデッキ上除外効果が多いので,比較的回収は楽ですね.

欲を言えば,手札の維持が厳しいので手札入れ替えではなくそのまま回収したかったです.

さらに,デッキ上だけでなくトラッシュから除外した時にも回収したかったですね.

これは再利用が容易になるのを防ぐ措置だと思うので仕方の無いことだと思いますけど….

 

スポンサーリンク

3. 秘術『式神流五行相生』

式神のレジェンドレアは2コストのイベントです.

今以上に安倍晴明を使いやすくするためのイベントですね.

 

1つ目の能力について

デッキ上5枚から任意の式神を手札に加えるのである程度動きが安定しますね.

この能力は娑伽羅のお願いヴェスパローゼときさら 盲執の絆の式神版と言えますね.

ただ,上記2つに比べるとコストが重くて回収対象の範囲も狭いです.

そのため,この能力だけで使わずに2つ目の能力のおまけとして使うのが良さそうです.

 

2つ目の能力について

条件は重いですが,手札からコスト制限なく安倍晴明をプレイ出来ます.

さらにこのカードをこの能力でプレイ登場したゼクスのフォースにします.

この能力のおかげでようやく式神陰陽道 安倍晴明が日の目を見そうです.

能力自体は強いのですが,リソースが残りにくいので上手く使えませんでしたから.

コスト制限がないので,今後重くて強力な安倍晴明が追加されると相対的に強化されますね.

 

3つ目の能力について

自ターンのみリソースを支払わずにNSのゼクス1枚に6000ダメージを与えられます.

除去としてみると地味ですが,自壊出来る点で優れています.

式神は相手のライフを奪う手段が少ないので結構助かると思います.

 

スポンサーリンク

4. オービット・サテライト

サテライトのレジェンドレアは2コストのイベントです.

バウンスにゼクス登場効果となかなか優秀そうなイベントですね.

 

どうやらユグドラシルは緑の世界から現代に侵食を始めたみたいですね.

ピュアティと相馬の行方や如何に!?

 

1つ目の能力について

条件を満たせば手札のサテライトを1枚トラッシュに置くことでプレイ出来ます.

リソースが無い状態から迎撃イベントを使えるので相手に不意打ちを喰らわせられます.

ただし,手札消費が激しくなりそうなので補充手段はしっかり確保したいです.

 

2つ目の能力について

自分のデッキの一番下をトラッシュに置き,それがサテライトならバウンスや登場を行えます.

サテライトは一気に登場するので,盤面を空けられるのは助かりますね.

もちろん,相手ターンの迎撃手段としても良さそうです.

自ターンなら参照したサテライトを登場させられるので展開手段としても優秀です.

現状だとヴォイズ姉妹のどちらかを登場させるのが良いと思います.

グラビティアシストのおかげで登場させるサテライトのコントロールも容易です.

 

5. 墓城姫の幽宴

墓城のレジェンドレアは1コストのイベントです.

相手のチャージ枚数に応じて複数回効果が発動するので,かなり色々動けそうですね.

39弾収録の竜の姫君が黒なのはマリメナの影響なのかもしれませんね.

 

能力について

相手のデッキ上をチャージに置き,相手のチャージ1枚につき(1)~(3)の効果を1つ解決します.

(1)自分のデッキトップをトラッシュに置き,1ドローします.

(2)ノーマルスクエアにある相手の5コスト以下のゼクスを1枚選び,チャージに置きます.

(3)黒1を支払い,トラッシュから墓城名称の4コスト以下のゼクスを1枚NSに登場させます.

 

(1)はかなり使いやすいトラッシュ増やし&ドローですね.

相手のチャージが多ければ一気にトラッシュと手札を稼ぐことも可能ですね.

 

(2)は相手の5コスト以下を1枚直接チャージに置ける除去です.

破壊時に誘発する効果を使われないのが利点ですね.

 

(3)は4コスト以下かつスリープ登場ですが,盤面を埋める手段としては使いやすいです.

現状のカードプールで登場させたいのは上記3枚ですね.

墓城の奏者レプイヤ墓城七姫 虚実のサリアはさらに盤面を埋められます.

墓城七姫 五の姫ハーシェルは墓城全体パワー+2000なので盤面を硬く出来ます.

 

特筆すべきはこの能力は相手ターンにも使えることです.

相手のスタートカード&この効果で2枚はチャージを確保出来るはずです.

そのため,相手のターンに5コスト以下除去と盤面埋めで妨害することが出来ます.

除去だけでも辛いのに盤面も埋められるとかなり計算が狂いますから厄介ですね.

 

6. おわりに

今回紹介した中だと墓城姫の幽宴がだいぶ強力そうな印象です.

自ターンはもとより,相手ターンに厄介な妨害を仕掛けられますからね.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント